So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ローランドD-20の簡単なオーバーホール [音楽]

 随分前の記事でも少し触れたけれど、子供が使っているローランドのLA音源搭載シンセサイザーD-20は「高音が抜けないし、低音もモコモコする」と言う。
この機種は1988年発売で30年経過しており、電解コンデンサーはかなり劣化している筈なので交換が必要だ。随分と時間が経ってしまったけれど、部品が揃ったので作業を始める。

 ネジを外して裏蓋を外すと、内部の基板が見えてくる。
D-20の裏を開けたところ
左が出力用アナログ回路の乗っている基板、右に電源回路の基板がある。
 出力用アナログ回路は基板の右下だけで、他は全てデジタル回路。中央にはMPUらしきICも見える。
左側基板のアップ
音源や各種制御は全てこの基板上に実装されているようだ。アナログ回路に使われている電解コンデンサは当時の汎用品だ。
アナログ回路の電解コンデンサは汎用品が使われている
今回用意したのは全てオーディオ用。いつも部品を仕入れている名古屋・アメ横ではなかなか売られていないので、今回も通販に頼った。
用意したオーディオ用電解コンデンサ
古い両面基板なので、半田ゴテを当て過ぎるとランド(銅箔の配線)が剥がれてしまう。だから手早く交換しなければならず、作業中は緊張した。
交換を終えた基板
全て交換した後に高倍率ルーペでチェックすると、一か所だけランドが無くなっている!ではないか。
# びっくりこいたんで、画像を取り忘れてます。(汗)
部分的に剥がれているので、何らかの原因でランド保護の為に覆っているソルダーレジスト層に傷が入り、そこから酸化して半田ゴテの加熱で剥がれたらしい。しかも、チップトランジスタの足も一緒に取れてしまっていた。ひょっとしたら、トランジスタの足も金属疲労などで亀裂が入っていたのかも知れない。
 本来ならトランジスタを交換すべきだけれど、チップ部品故に型番表記が無いので交換したくてもどのトランジスタなのかが判らない。よく見ると、トランジスタ側の足が0.2㎜ほどだが辛うじて残っている。「えぇーぃ、こうなったらイチかバチかじゃー!」
無理やり半田付けして修復した
切り取ったコンデンサのリード線を使って、無理やり半田付けした。
リード線の切れ端を使って強引に半田付けした
見た目には上手く行ったようだ。
# これこそ強引グマイウェイ!...え?違うって??(^^;)
 電源回路は片面基板なので気が楽だ。
交換前の電源回路基板
悩む事無くコンデンサを交換できた。
交換後の電源回路基板
元通りに組み立てれば作業は完了である。

 完成後、早速子供にテストして貰った。
 「高音部がきちんと抜けるようになった」「低音のだぶつきが無くなった」「出力系統に異常なし」だそう。強引な半田付けでもちゃんと動いてくれたらしい。
 とりあえずは一件落着、である。(笑)
nice!(13)  コメント(3) 

旅行用バッグを新調 [雑感]

 旅行用として使っているバッグは、3年程経ってだいぶ傷んできた。
痛んできた旅行用バッグ
合成皮革は経年劣化が避けられないけれど、3年で駄目になるなんて一寸早いなぁ。
痛んだ合成皮革
元々サイズが小さ目(約17リットル)だった事もあって、もう少し大きいサイズへ買い替えることにした。
 通常の一泊なら着替えとノートパソコン程度だから、容量は15リットルもあれば十分。しかし、わの会の撮影会となると防寒具・雨天用カッパ・折り畳み傘・カメラバック用ザックカバーなど、色々と荷物が増えるので「せめてもう少しバッグが大きければなぁ」といつも感じていた。
 また、なで肩なので、肩掛けタイプは歩いているうちにずり落ちてくる。なので、次はザックタイプにすることに。

 ネット上で色々比較、懐具合とも相談して発注、数日後に届いた。
# ありゃぁ、DSC-RX100M3はまたピンボケ連発だー。(=o=;)
届いた荷物
ALPHA INDUSTRIES INC.のスクエア(ボックス)型バックパック「alpha91180(トリコロール)」だ。
アルファインダストリーズのバックパック
サイズは33 x 52 x 17cm(約29リットル)。
アルファインダストリーズのバックパック






容量は今までのほぼ倍の大きさがある。特に気に入ったのは、防水生地(但し完全防水ではない)であることと、下の方に大き目の底ポケットがあるという点だ。底ポケットには晴天時には使わないカッパ(バイク用なので結構嵩張る)などを入れておけるので、他の荷物と一緒にならなくて分かり易いのが良い。
底ポケットはカッパが入るほどの大きさがある
メイン収納部にはノートパソコンを入れるスペースもある。画像下側、右側にテープらしき物が見えると思うが、そのテープはポケットの蓋を抑えるマジックテープになっている。
メイン収納部にはPC用スペースもある
ちなみに、上の蓋もポケットになっていて、パソコンの電源アダプターやマウスなどを入れられるようになっている。フロントにもツーリングマップルを入れられる程度のポケットがある。
 今までバッグの中でごちゃ混ぜになっていたけれど、ある程度区分けして入れられるようになるのは有難い。

 撮影会は来年まで無いけれど、来月はロッソの忘年会があるので、早速使う事になりそうだ。(笑)
nice!(32)  コメント(6) 

フィルジョーンズH850のイヤーパッド再交換 [音楽]

 Phil Jones Bass(通称「フィルジョーンズ」)のヘッドフォンH850は以前イヤーパッドを交換したが、それから2年経ってまた劣化してきた。
劣化してきたヘッドフォンH850のイヤーパッド
時々顔の耳付近に黒い破片のような物が付くので「何だろう?」と思っていたが、パッドの表皮が剥がれて顔に付いていたのだった。
イヤーパッドの表面
残念ながら、今でもメーカからは交換用パッドは発売されていない。恐らくコストダウンの為だとは思うが、一応1万円ほどで市販されている機種なのだから何とかして欲しいと思う。
 前回と同様、安いノーブランド品の汎用パッドに交換する。

【ノーブランド品】交換用イヤーパッド イヤークッション

【ノーブランド品】交換用イヤーパッド イヤークッション

  • 出版社/メーカー: ノーブランド品
  • メディア: エレクトロニクス

拙者の探し方が悪いのかも知れないが、長辺が9㎝の楕円形パッドはAmazon以外では見当たらない。発注から10日以上経って忘れた頃に届く。
届いた小包
中身は前回とほぼ同じ。
届いたイヤーパッド
見た目は全く変わらないがサイズが若干大きくなったようで、そのままでは嵌め込めない。仕方ないので、中枠の樹脂を外して一部を折り取った。
中枠の樹脂を外して部分的に折り取ったところ
本来のサイズよりも2㎜ほど大きい為、無理やり押し込もうとしても嵌らない。
元のサイズ
だから、2㎜ほど折り取って押し込めば嵌るように細工すれば良い。
押し込む際には縮める
新品の部品を折るのはなかなか勇気が要るけれど、力の掛かる部分じゃないから、実用上は全く問題無い。左右共に嵌め込んだら、作業は完了である。
交換し終えた

 わざわざ部品を加工してまでして取り付けて使うのは、値段の割にはきちんとした音で結構重宝しているからだ。

Phil Jones H850 Headphone

Phil Jones H850 Headphone

  • 出版社/メーカー: Phil Jones
  • メディア: エレクトロニクス





 「ベーシスト向け」というキーワードが付いて回るのと、一般的な電化製品ルートでは流通しないこともあって、楽器を扱う店舗でないと見かけないというのが辛い所ではあるが、モノとしての完成度はかなり高い。手軽なレコーディングモニターとしても使えるほどの性能だと思う。ちなみに、メーカはこのH850を「ハイレゾ対応」とは謳っていない。
 ヘッドフォン売り場などでは「ハイレゾ対応」なんて製品が溢れている。となると、H850はハイレゾ対応品に劣っている?と思いたくなるだろうが、実際にはハイレゾ対応かどうかなんて事はどうでも良かったりする。

 一般的なオーディオ製品で「ハイレゾ対応」というのは40kHzまで再生できるという意味で使われている。
 しかし、現実には10代の血気盛んな若者でなければ20kHz辺りは聞こえないし、個人差が大きいものの30代以降であれば概ね15kHz辺りまでが限界である。だから40kHzという超高音域は「聞こえる」と実感する事は無いが、それでも音の艶などに関係する「らしい」というのがそもそもの発端だから、「ハイレゾ対応」という言葉自体が曖昧なのだ。まーぁ、「見る、聞く、考えない」人達にはウケが良いだろうけど、ね。(笑)
nice!(33)  コメント(2) 

ジュリエッタでミルクランドへ [フェラーリ]

 11月3日、360モデナを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、富士山麓へと出かけた。生憎360モデナもSLK200も修理中なので、ジュリエッタで子供と参加する。

 集合場所は中央道諏訪湖SA・集合時間は7時半。「何でそんなに早いんだろう?」と思っていたら、夏と違って早く暗くなるから時間を前倒ししたらしい。しかし、その時間に出発したら目的地のミルクランドが開園前になってしまうので、開催前日に「集合8時半」に変更となった。
 時間的にギリギリになってしまったが自宅を6時過ぎに出発、近くのスタンドで給油する。県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 土曜のまだ早い時間だが、交通量はそこそこ多いという感じ。土曜で祝日だからかファミリカーが多い。交通量が多いお陰でなかなか前に進めず、遅い車を抜くにもかなり手間取るほどだが、覆面パトが全く見当たらないのは有難い。

 ノンストップで走って諏訪湖SAには集合時間1分前に無事到着。現地集合組を除いた参加車両全てが揃っていた。
今回の参加車両
今回の参加車両
今回の参加車両
今回の参加車両
今回の参加車両
差し入れのコーヒーを頂きながら少し談笑。次は双葉SAに集まることを全員で確認、仕事の都合でここでお別れとなるBMWに見送られながら出発する。

 交通量がかなり多くて走り辛い。いつも先頭を突っ走るHさんは出発時後ろの方で前に出られない様子だったが、その代わりKさんが先頭に出て後続を引っ張る形となる。
 遅い車が追越車線を延々と走るというのが多く、しかもそういう車に限って後ろを見ておらず、走行車線に戻ろうとしない。高齢者マーク付きの車はほぼ百%がそんな感じで、抜き去るのに毎回随分と手間がかかった。
# 高齢者教習の内容を変えないといけませんなー。
適当に走って無事双葉SAに全員到着。
双葉SAに集まった参加車両
双葉SAに集まった参加車両
双葉SAに集まった参加車両
ここでもしばし休憩・談笑し、次は目的地までノンストップで行くことを確認してから走り出す。

 相変わらず混雑気味の中を進んで甲府南ICで降り、国道358を進む。交通量が多い。所々で工事をしている為、その度に停められた。
工事で停止中
精進湖で国道139に入る。交通量は相変わらずとても多い。トロトロ進んで朝霧高原さわやかパーキングに入る。
朝霧高原さわやかパーキングにて
朝霧高原さわやかパーキングに
ここで参加車両を一台ずつ撮影した。まずはフェラーリ308。
フェラーリ308
メルセデスベンツE240AMG仕様。
メルセデスベンツE240AMG仕様
フェラーリF355F1。
フェラーリF355F1
メルセデスベンツSLK350。
メルセデスベンツSLK350
フェラーリF355。
フェラーリF355
メルセデスベンツS400、シャッター切る時にクシャミしたので鼻先が切れちゃった。(汗)
メルセデスベンツS400
フェラーリF430。
フェラーリF430
メルセデスベンツCLS55AMG。
メルセデスベンツCLS55AMG
フェラーリ348。
フェラーリ348
我が家のアルファロメオ・ジュリエッタクワドリフォリオヴェルデ。
アルファロメオ・ジュリエッタクワドリフォリオヴェルデ
フェラーリ348スパイダー。
フェラーリ348スパイダー
ここで小休止したら走り出す。

 県道75に入って道なりに進み、ミルクランドに到着。奥の臨時駐車場に車を停める。
ミルクランドにて
台数が多いので、なかなか壮観である。(笑)
ミルクランドにて
ミルクランドにて
ミルクランドにて
受付を済ませてテーブルに着いたら、食材を確認。
バーベキューの食材
早速焼き始める。
バーベキュー開始
焼きながら食べながらだった為、撮影するタイミングが無かったので画像は無し。(汗)
 最後は富士宮焼きそばで〆る。
シメの富士宮焼きそば
その後もずーっと談笑していた。標高が高い為か、風が吹くとかなり寒く感じる。

 14時半少し前にお開きとなり、駐車場へと歩いて向かう。晴れているものの雲が多く、富士山は一度も姿を見せなかった。
富士山は雲の中
日が傾いてきたら、何となくヨーロッパ調。(笑)
夕日めいてきた臨時駐車場
次は双葉SAに集まること、いつもと違って県道を通ることを確認して走り出す。

 いつもは県道75から国道139へと進むけれど、今回は趣向を変えて県道71へと進む。途中狭い区間が一部あるけれど、信号は殆ど無く、森の中を走る気持ちの良い道だ。国道139にぶつかったら左折、精進湖で右折して国道358へ。行きと同様工事個所で暫く停められ、遅いトラックが先頭に居て全区間ノロノロ運転となる。
 甲府南ICから中央道に入る。交通量は相変わらず多い。遅い車を抜かしながら先へと進み、双葉SAに到着。
双葉SAにて
双葉SAにて
双葉SAにて
ここでもしばし談笑してからお開きとなる。「お疲れ様でしたー!」

 各自車に乗り込んで帰途に就く...と言っても、ほぼ全台が同じ方向に帰るし、走行ペースも同じようなものなので、ある程度纏った状態で走り、駒ケ根ICからは単独走行となる。
 覆面パトは不思議と見掛けないが、用心しながら先を進む。飯田ICを過ぎると交通量がググっと増える。電光表示板には「飯田山本ー中津川 工事渋滞1km15分」と出ている。恵那山トンネルを出た所から御坂PAにかけて車線を減らして工事をしているので、夕刻の混雑する時間帯では渋滞するのは仕方が無い。そのまま進むと、トンネル出口から少し進んだ所で渋滞になったが、予想した程には時間はかからず、10分強で渋滞区間を抜けられた。相変わらず交通量は多く、遅い車を抜かすのにも少々苦労する。
 小牧東ICで降りて朝来た道を戻り、自宅には19時少し前に無事到着。本日の走行は605.6km、燃費は12.0km/L。

 ジュリエッタは排気量は小さいけれどターボを積んでいるだけあって、F430の加速にもちゃんと付いて行けた。勿論F430のフル加速には追い付けないけれど、中間加速で置いて行かれるような状況は一度も無く、その走行能力の高さを改めて確認できた。
 360モデナで行けなかったのは少々残念だったけれど、今年もツーリングを無事終了する事が出来た。

 さぁ、次は忘年会だな。(笑)
nice!(34)  コメント(6) 

ジュリエッタに不快な振動!?360モデナも工場送り! [フェラーリ]

 2週間ほど前から、ジュリエッタは走行中に不快な振動が出るようになった。

 タイヤのバランスウェイトが外れると走行中ハンドルに振動が伝わってくるから「ウェイトが走行中に外れたのか?」と思っていた。しかし、その割には振動の度合いが大き過ぎるような気がする。ハンドルだけでは済まず、車体全体が振動するような感じなのである。「こりゃぁ幾ら何でもおかしいような気がするなぁ。」
 早速ロッソコルサに連絡。K社長から「タイヤを溝に落としたとか、大きな段差を通り抜けたとか、ということは無かったです?」と訊かれたが、そんなことは一度も無い。「ホイールが曲がっている場合もある」そうだが、少なくとも見た感じではどこにも異常は無い。「こりゃ、実際に視て貰う方が良さそうだな。」

 10月30日に時間を取る事が出来たので、昼食を食べたらジュリエッタに乗り込んで出発する。県道183・県道64・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道へ。
 中央道は半端な時間だからなのか交通量はかなり少ないし、覆面も居ない。
# 今日はゼロの付く日なんだけどなー。(笑)
お陰で順調に進む。トイレ休憩で小黒川PAに立ち寄る。
小黒川PAに寄る
植え込みの紅葉が鮮やかだ。
植え込みの鮮やかな紅葉
PAを出て伊那ICで降り、県道87・国道153と進んでロッソに到着。

 早速近所を実際に走らせてチェックして貰う。K社長曰く「この振動はタイヤのバランスじゃないです」と。お店に戻ってタイヤを一つずつ外してチェックすると、フロント右側のタイヤだけが回すと何だかおかしい。
 タイヤを外して接地面を細かく見ていくと、一か所だけ妙に溝がすり減っている部分がある。回して見ると、その減った部分が僅かに盛り上がっていると判った。K社長曰く「内部のコードが切れてますね」と。タイヤに何らかの衝撃が伝わってカーカスコードが切れたらしい。心当たりは全くないけれど、切れたものは仕方ない。
 フロントタイヤは左右ともスリップサインが出る直前という状態なので、前2本の交換をお願いした。序でにオイル交換もお願いした。タイヤは取り寄せになる為、代車ワゴンRをまた借りて帰ることに。
 また、SLOWDOWNのサインが出た360モデナも、積載車の都合が付いたので序でに(?)今日自宅近くまで引き上げに来て貰う事になった。

 積載車の出発と同じタイミングでワゴンRに乗り込んで来た道を戻り、伊那ICで中央道に入って小黒川PAに寄る。
立ち寄った小黒川PA
先週よりも紅葉が少し進んだという感じ。
小黒川PAの紅葉
ここで家族用にお土産を買う。
# 我が家の定番ですナ。
麦ころがしと高遠まんじゅうを購入
少し前から麦ころがしも扱うようになったので助かる。今ニシザワ双葉食彩館は改装中で、買える場所がなかなか無いのだ。

 夕方になってきた為か交通量が来た時よりも増えているものの、走り難いほどでは無い。相変わらず覆面は見かけない。
# でも、今日はゼロの付く...(以下、自粛)
恵那山トンネルを出て少し進んだ所から工事で片道一車線になるので、その手前300m辺りで一時的に渋滞したが、大して時間はかからず、工事個所を抜けたら流れもスムーズに。
 来た道を戻って18時過ぎに自宅に到着。30分弱で電話が入ったので、待ち合わせの場所まで360モデナをそろりそろりと移動させて載せて貰う。
360モデナを積載作業中
専門だけあってテキパキと作業が進み、あっという間に完了となった。
360モデナの搭載完了
360モデナが入院したので、次のツーリングはジュリエッタで行くことになる...ん?我が家の車は全台ロッソに入庫だなぁ。

 11月1日午前、K社長から「ジュリエッタのオイルとタイヤ交換が完了しました」という連絡が入る。どうせツーリングへ行くから、朝早く代車ワゴンRで自宅を出てお店でジュリエッタに乗り換えるという手もあったけれど、集合時間が早いので、それに合わせると自宅を4時過ぎには出発しなければならない。幾ら何でも朝早過ぎるので、その日の午後に引き取りに行くことに。

 昼食を食べ終ったらワゴンRに乗り込んで出発。先日と同じ道順で小牧東ICから中央道に入る。前回と同じ時間帯だから交通量もほぼ同じ。序でに覆面パトを全く見掛けないのも同じ。お陰でスイスイと進む。
 これまた前回と同様に小黒川PAでトイレ休憩する。
立ち寄った小黒川PA
紅葉が奇麗だ。
紅葉が奇麗
紅葉が奇麗
伊那ICで降りてロッソコルサに到着。少し談笑してからジュリエッタに乗り換えて出発する。

 来た道を戻り、また小黒川PAに寄る。
小黒川PAに寄る
前回は和菓子を買ったので、今回はリンゴを買う。
# 画像を取り忘れました。スイマセン。A(^^;)
「そういえば、ここはPAの外に出られるんだったな」と思い出し、建物の南側に歩いて出て見た。
小黒川PAの南側から見える風景
目の前にはリンゴが沢山なっていた。
目の前にはたくさんのリンゴが
再び走り出す。
 走行中はとても静かでレールの上を進んでいるような感じ。以前のような振動は完全に消えた。いやぁ、快適快適。(笑)
 小牧東ICで降りて来た道を戻ると、犬山の中心街が渋滞気味で一寸時間はかかったものの、18時半近くに無事自宅に到着。

 何度も信州へ行く羽目になったが、これでジュリエッタが快適に走るようになった。めでたしめでたし。(笑)
nice!(36)  コメント(2) 

代車ワゴンRから代車フィットへ [雑感]

 SLK200は修理中の為、ロッソコルサから代車ワゴンRを借りているのだけれど、先日子供が通学に使ったらオートマなのに「数回エンストした」と。しかも結構再現性があるという。やや強くブレーキをかけて停まると、そのままエンジンが「ストン」とストールするらしい。拙者が乗っても現象は再発しないが、長時間乗る子供だと頻繁に起きるという。
 ロッソコルサに連絡したら「代車を入れ替えます。そちらに伺いましょうか?」と言われたが、何かと長期間代車を借りていることが多くて申し訳ないので、こちらから伺う事にした。費用節約の為、高速道は使わず下道を往復する。

 27日(土)5時半に飛び起きて朝食を済ませ、6時過ぎに自宅を出発する。小雨が降り続いている。県道183・県道64・国道41・県道349・国道21と進む。朝早い時間なのに、結構交通量が多い。トイレに行きたくなって、道の駅可児ッテに寄る。
道の駅可児ッテに寄る
「あれ?随分と車が多いな」と思ったら開店前の準備で来ている人達のようで、忙しそうに動き回っている。

 国道21に戻って土岐市街へと進んでJR中央本線を潜り抜け、県道69へ。いつも陶史の森に沿う道から道の駅土岐美濃焼街道と進むのだけれど、何となく遠回りのような気がしていたので、駄知町の中を抜けて県道66に抜けた。こちらの道の方が少し距離が短い。
 県道20に入った辺りから再びトイレに行きたくなった。体が冷えたのかも知れない。県道33に入って少し進んだ所にある道の駅おばあちゃん市・山岡に寄る。雨は殆ど止んでいる。
道の駅おばあちゃん市・山岡に寄る
県道33・国道257と進み、国道153との交差点に辿り着く。自宅を出てからほぼ2時間半だ。前方に霧が出ている。
国道257と国道153の交差点
国道153は追い越し禁止の区間ばかりなので、遅い車が居てもなかなか抜けないのが辛い。しかも、やたらと遅い車が多い。少々イライラしながら進む。

 治部坂峠の電光表示板は「気温13度」、まだ小雨が降っているが、前方には雲の切れ目から青空が僅かに見えたりするようになってきた。寒原峠を越えると雨は止み、時折日光が差し込む。天気予報通り、天候は回復の方向だ。
 中央道の下を潜り抜け、飯田山本IC近くまで来ると交通量がどんどん増えてくる。国道153が片道2車線になり、飯田ICが近づくと交通量もさらに増える。国道153は国道151との交差を過ぎた辺りで片道1車線になって、一寸渋滞気味となる。この区間の混雑は時間帯には関係無いようで、何時通ってもスムーズには進まない。
# 迂回路を探さなきゃなー。
 元善光寺近くを抜けて高森町を通り過ぎると、ようやく交通量が減ってスムーズに進むようになって快適に進む...と思ったら、駒ケ根市街に入るとまた混雑する。ここからはずーっと渋滞気味。流れがかなり悪くて、時間がやたらと掛かる。段々と日光の差す時間の方が多くなってきた。
 更に進むと堤防の上を走る道となり、天竜川が良く見える。ロッソコルサまであと少しだ。県道19に入って少し進んで、11時15分過ぎにようやくロッソコルサに無事到着。自宅から5時間かかった。
# ちなみに、中央道を使うと所用時間は半分で済む。

 起きた現象を説明した後も少し談笑、代車フィットを借りて12時少し前に出発する。雨は完全に止んで晴れている。
 来た道をそのまま戻るが、お昼時だからなのか来た時よりも混雑の度合いが酷い。ニシザワ双葉食彩館は改装休業中なので、自宅から持って来た栄養ゼリーを昼食代わりに食べる。
 行きも帰りも流れの悪い区間は同じで、時間帯にはあまり関係は無さそうだ。あちこちで渋滞気味になる国道153を南下、飯田市街を抜けて山岳区間に入ると、紅葉が目に付いたので治部坂峠を越えて少し進んだ所で車を停めてデジカメで撮影する。
国道153沿いの紅葉
この辺りは台風の影響がほとんど感じられない。紅葉の盛り迄あと一歩と言った感じだ。
 朝から運転ばかりしている為か腰が一寸痛くなってきたので、道の駅信州平谷で休憩する。
道の駅信州平谷
ここで家族用に新そば饅頭を買う。
土産に購入した新そば饅頭
# 小ぶりの饅頭だけど美味しい。

 国道257へと進み、国道363へと曲がる直前の信号で、前方に珍しい車が。
古そうなchevrolet
かなり古そうなchevrolet(シボレー)だ。何かの集まりの帰りだろうか。
 県道33を走っていたらトイレに行きたくなったので、朝も寄った道の駅おばあちゃん市・山岡に寄る。
朝も寄った道の駅おばあちゃん市・山岡
県道20・県道66・県道69と進んで国道21に入る。
 いつもならそのまま国道21を進むけれど、今回は新たな道を発掘すべく道の駅志野・織部のすぐ北にある交差点を左折。ゴルフ場の合間を縫うように走る道を進む。交通量が少なくて走り易い。可児御嵩バイパス(新国道21)を通り過ぎて、わざと旧国道21へと入る。夕方になるとバイパスは可児川を渡る橋がいつも大渋滞、手前にあるホームセンター・カインズのだいぶ手前から何時も渋滞するので、旧道を走るとどうなるかを知りたかったのである。
 予想通り旧道は大して混雑せず比較的スムーズに進んだが、バイパスに合流する信号で渋滞して3信号程待たされた。それでも、バイパスの橋の渋滞よりは時間が節約になったと思う。
 県道64・県道349・国道41・県道64・県道183と進み、自宅には17時45分頃に無事到着。帰りは可児市・犬山市で渋滞気味だった為か6時間近くかかった。

 ワゴンRの不調は燃料噴射系統にカーボンが蓄積して動作の邪魔をするのが原因だったそう。スズキの車にはよくある現象だそうな。
 自宅から伊那迄のルートはいつも帰宅時しか使わないので、自宅から向かうのは初めて。同じ道でもかなり新鮮に感じられて面白かった。
 帰りの走行距離は212.5㎞で、以前国道19を走った時よりもやはり距離多いし時間もかかる。効率重視なら国道19を使うルートの方が良さそう。どちらの道も好きな道なので、その時の気分で使い分けることになりそうだ。
nice!(37)  コメント(6) 

わの会集いの会・妙高高原(その2:朝っぱらから救急車!) [カメラ]

前回からの続き)

 22日4時半少し前、iPhoneのアラームより先に目を覚ます。同室のMさんを起こしてしまわないように、鳴る前にアラームを止めたら、Mさんが「早朝撮影行きます?」だって。(笑)Mさんは行かれないそうなので、着替えてロビーへ。
 既にかなりの参加者が集まっていて、バスだと窮屈そうだし、直ぐ近くなので、自分のジュリエッタで行くことに。

 予定通り4時50分に出発。数分で撮影地いもり池の脇にある妙高高原ビジターセンター駐車場に到着。辺りは真っ暗だ。気温は2度程しかなく、かなり寒い。
 カメラ機材を担ぎ、さぁ歩き出そうとして「ゲッ、ヘッドライトは宿に置いてきたバッグの中じゃん!」(滝汗)幸い、ウエストバッグにはいつも小さなLEDライトを入れているので、明かりが何もないという最悪の事態は避けられた。(ホッ)
# 「備えあれば憂い無し」とはこのことか。
いもり池を眺めるが、真っ暗で妙高山も何も見えない。それでもデジ一眼の人達は早速シャッターを切っていたが、フィルムではお手上げだ。明るくなるまでしばし待つ。
 5時半を過ぎると徐々に明るくなってきた。
いもり池の朝
撮影している間に徐々に霧が晴れて妙高山が見えるようになってきた。
霧が晴れてきた妙高山
霧が晴れてきた妙高山
寒い中、犬の散歩に来る人が多い。場所を時々移動しながら6時40分頃まで撮影する。

 撮影し終えたらホテルに戻り、7時から朝食となる。場所は昨夜の宴会場と同じ。バイキングなので、食べたい物を片っ端からお皿に載せた。
ホテルの朝食はバイキング
# このところDSC-RX100M3はピンボケばかりだなー。(汗)
一寸食べ過ぎたみたいで、デザートは小さなケーキしか入らなかった。(汗)
食後のデザート
食べ終わったら部屋に戻り、PCでメールをざっと読んでから荷物をまとめる。
 集いの会は昼食を食べたらお終いなので、集いの会の前から「どうせならカルペデイムに泊まってもう一寸撮影しても良いよな」と思っていたのだけれど、何故かもう一泊するのが躊躇われていて、「集いの会が終わってからどうするかを決めよう。」
# これも虫の知らせだったんだなー。

 8時半出発で、出発前に集合写真を撮るので、少し早めに部屋を出てチェックアウトする。荷物をジュリエッタに積み込み、「そうだ、先にトイレを済ませておこう」とホテルのトイレを借りる。
 トイレから出てきたら、駐車場には救急車が。
ホテル前に救急車が
「ん?...そういえば、JTBミステリーツアーのバスが居るから、そちらから急病人が出たのかな?」と思いながら救急車に近づいたら、何と!三輪先生の奥方が倒れている!!!ではないか。
# いやぁ、びーーーーーっくりしましたよ、ホントに。(--;;;;;;
周りに訊いたところでは、駐車場に出て出発の準備をしている最中に、急に倒れて後頭部を打ったようだ、と。
# そういえば、昨日既に何となく元気が無かったよなーって。
 奥方を乗せた救急車が走り去って行くのを見届けたら、集合写真無しで予定よりもほんの少し遅れてそのまま撮影地へとマイクロバスで出発する。

 撮影地は笹ヶ峰キャンプ場。バスから降りたら各自思い思いの方向へ歩いて行く。拙者は南東方向へと進み、色付いた木々を撮影する。
# ハッセルブラッドのレンズフードが写り込んじゃいました。m(_"_)m
紅葉した森
紅葉した森
撮影し始めて間もなく、自宅から電話が入る。びっくりするような話ではなかったけれど、早めに作業に取り掛かる方が良さそうなので、今日は一泊せず急遽自宅に戻ると決めた。
# 今になって思えば、ネットで処理すりゃもう一泊しても良かったんだよなぁ...\(_ _;)
頭を切り替えて撮影に専念する。
笹ヶ峰キャンプ場
笹ヶ峰キャンプ場
笹ヶ峰キャンプ場
笹ヶ峰キャンプ場
12時15分過ぎまで撮影し、今回の撮影は全て終了。バスに揺られてホテルに戻る。
 ホテルに戻ったら、既に三輪先生の奥方が戻られていた。左手には肘から手首までガッチリ固定するギプスが巻かれている。何でも、急に眩暈がして倒れこんだ時左手を咄嗟に着いたらしくて手首を骨折してしまったのだとか。でも、そのお陰で頭が守られたのだから、まぁ不幸中の幸い(???)かと。
# 大事に至らなくて本当に良かったです。
 朝撮影出来なかった集合写真をホテル前で撮り、朝食と同じ場所で昼食となる。
ホテルで昼食
食べ終わってから三輪先生の挨拶があり、集いの会はお開きとなる。「皆さん、お疲れ様でした-!」

 ホテルの売店で土産に落雁と日本酒を購入する。
ホテル売店で買った落雁と日本酒
出発前にホテルを記念撮影。
一泊したホテルアルペンブリック
撮影機材をジュリエッタに運び込み、14時過ぎにホテルを出発する。昨日来た道を戻り、妙高高原ICから上信越道に入る。

 途中、小布施PAに立ち寄る。
立ち寄った小布施PA
直売所に寄るためだ。
小布施PAの直売所
ここで自宅に電話して、妻の指導を受けながらリンゴを選別して購入する。
小布施PA直売所で買ったリンゴ
2袋で500円とお値打ちだった。
# 自宅周辺のスーパーより瑞々しくて味も良かった。
ここで、今回の幹事をされていたSさん・会長Uさん・世話役Mさんに出会う。誰でも考えることは同じだねぇ。(笑)
 ジュリエッタに戻り、再び走り出す。

 平日だが夕方近くなので交通量が多い。遅い車を抜かしても、その先にはまた遅い車が居て、何度抜いてもキリが無い。(汗)覆面を見かけないのが、せめてもの救いだ。
 更埴JCTを抜けてしばらく進むと、電光表示板に「塩尻北ー岡谷 工事渋滞2㎞15分」の表示が。「またかよ」と思いながら先に進む。
 塩尻ICの僅か手前から渋滞が始まる。電光表示板の情報よりも距離が伸びているようだ。
塩尻ICから渋滞
30分以上かかって渋滞を抜け、岡谷JCTから中央道に入る。
 中央道は案外交通量が少なく、スムーズに進む。恵那山トンネルを抜け、多治見ICまであと少しという地点で給油警告灯が点灯したが、ここから自宅までなら給油せずとも十分辿り着けるからそのまま走る。
 小牧東ICで降り、昨日来た道を戻る。帰宅時間と重なった為か、名鉄犬山線を超える跨線橋の手前で少し渋滞気味になったものの、5分弱待たされた程度で済んだ。
 18時過ぎ、無事自宅に到着。今回の走行距離は635.1km。給油していないので燃費は判らない。
# 後日給油して計算したら12.0km/Lでした。ターボ車なのに結構良いね。

 秋の時期、しかも高原での撮影なので、服装はダウンジャケットに薄手のオーバーパンツと初冬の装備だったが、それでも早朝撮影は少し寒かった。バイク用の分厚いオーバーパンツの方が良かったかも知れない。

 今回も機材の総重量は約15㎏、牧場やキャンプ場のような凸凹した場所を歩くのは一寸大変。特に、ツアイスCF500mmはデカいのでレンズケースに入れて肩にかけていたけれど、移動時にブラブラするし、ストラップがジャケットのフードと干渉しがちなのが気になった。
 以前から、ウエストバッグ+レンズケースという組み合わせでは、ヘビー級のハッセルブラッド一式を収めるのには少々役不足と感じていたが、今回改めて「もう一寸何とかしなきゃいけないかもなー」と感じてしまった。
 今は軽薄短小なデジタル機材がカメラ界を制圧しているから、重厚長大なフィルム中判カメラ向けのバッグなんて当然製品化されていない。だから、手に入る物で何とかしなきゃならんのだけれど、ガラスと金属の塊のような機材が相手だと何ともならなんのだよね、これが...(--;)

(完)
nice!(33)  コメント(3) 

わの会集いの会・妙高高原(その1:初っ端からトラブル) [カメラ]

 わの会「集いの会」が10/21(日)に一泊で行われた。開催地は、2012年秋の撮影会と同じ妙高高原である。
 集合場所は宿泊先のホテル・アルペンブリック、地図サイト・マピオンでは自宅から312km、所要時間は4時間半と出た。地図サイトの所要時間はやや多めに出るし、集合は13時だから「当日8時半の出発でも現地へは余裕を持って着けそうだな。」

 21日朝、360モデナに荷物を積んで8時半少し前に出発。県道183を走っていたら、突然メータに「SLOWDOWN」と表示されて数秒で消えた。「ん?何だ今のは??」
 数分後、再び「SLOWDOWN」が表示されるが、今度は表示が消えない。しかも、突然エンジンの出力がガクンと下がった。「こりゃー唯事じゃないな。」犬山市中心部手前で県道を逸れて車を停め、まだ使い方が良く分からないiPhoneでロッソコルサに連絡。エンジン出力が低下した状態で高速道を走るのは難しいので、一旦自宅に引き返すことに。

 30分かけて自宅に戻り、慌てて荷物をジュリエッタに乗せ換えて再出発。既に道が混み出す時間に差し掛かっていて交通量が多く、思うように進まない。
 モンキーパークに向かう車で渋滞する時間帯なので、いつもとは道を変えて県道64・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 中央道は交通量が多く、かなり走り難い。追越車線をゆっくり走る車が多くて閉口する。まぁ、急いでいる時に限ってこんなもんさー。(汗)トイレに行きたくなって虎渓山PAに寄ると、ポルシェが沢山停まっていた。何かの集まりらしい。トイレを済ませたら直ぐに走り出す。
# 急いでて撮影し忘れた。(汗)

 ほぼ1時間遅れで余裕が全く無いので、とにかく前に居る車は全て抜かす。
 中津川IC少し手前で追越車線を走行中、走行車線に動きの不審なシルバーのクラウンを発見!しかもサングラスカーだ。「ひょっとして覆面?」と直感、制限速度プラスアルファでゆっくり近づいて車内を見ると、やっぱり制服を着ている。「気が付いて良かったーぁ!」その時、前方に見えて来た電光表示板に「この先工事渋滞 2km 10分」と出ているではないか。「ゲゲッ、一難去ってまた一難か。」幸い、覆面パトはICで降りて行ったので、とにかく先へと急ぐ。数分進んだところで渋滞になる。
中津川ICを過ぎたら工事渋滞
ウネクネ区間の道路刷新工事らしく、下りの車線全てを通行止めにして工事している。日曜で交通量が多いのか、実際の渋滞区間は3km強、30分近く掛かってようやく渋滞を抜けられた。先を急ぐ。
 覆面パトに用心しながら進み、岡谷JCTで長野道へ。松本ICを過ぎると交通量が減って走り易くなる。更埴JCTで上信越道へと進むと交通量はやや増えたが、走り難いほどでは無いから助かる。
 妙高高原ICで降りて県道187を進み、集合場所のホテルの駐車場に入る直前に電話が鳴りだす。「誰だろう?」と思ったものの電話には出られないので、慌てて駐車場に停めたら電話も切れた。(溜め息)時計を見ると12時58分、慌てて車から降りたらUさんがホテルからちょうど出てきたところだった。ギリギリ間に合ったーぁ!(笑)
 フロントに突進したら、既に皆さんお揃いの状態...あれ?何だか少ないよーな?

 時間通り13時にオリエンテーションが始まる。今日1日の撮影場所について軽くレクチャーを受けたらホテルのマイクロバスに全員分乗する。人数が少ないのは、東京・新宿で参加者を乗せたバスが関越道の2ヶ所の事故で到着が遅れ、間に合わないので直接撮影場所に向かうからだ、と。なるほどォ。
 バスは県道399から県道39へと進むが、県道39は道が細くて対向車が来るとすれ違うのが大変。マイクロバスは全長が長いから猶更だ。最初の撮影地・笹ヶ峰牧場までは大した距離じゃないけれど、やたらと時間がかかる。

 14時前に牧場に到着、いよいよ撮影開始だ。
 手始めに駐車場近くで撮影していたら三輪先生が近寄ってきて拙者のファインダーを覗き、「うん、これも良いけど(近くにある低木を指さして)あの赤い葉を前ボケで撮影してみると良いよ」と説明を受けながら、ご自身のデジ一眼(キャノン5D?)で撮影したのを見せて貰った。ナルホド!早速言われた通りに撮影してみる。
# コンデジじゃそういう撮影は難しいんだよね。
ある程度撮影したら場所を変えて撮影し、という事を繰り返す。
笹ヶ峰牧場にて
笹ヶ峰牧場にて
2時間ほど撮影したら再びバスに乗って移動、笹ヶ峰ダム(乙見湖)へ。

 10分程でダムに到着、陽が大きく傾いている。ダム湖へと歩くが、工事中でダンプが頻繁に出入りする。
乙見湖は工事中
乙見湖は工事中
工事の為か貯水量は非常に少なくて底が見えている。
ダムの底が見えている
道は湖面に近いので木は殆ど無く、背後が色付いた森になっている。
道は湖面に近くて木は殆ど無い
17時半過ぎまで撮影して本日の撮影は終了。バスに乗り込んでホテルに戻る。

 ホテルに着いたら早速部屋に入ってMさんと一服。
# そーいえば、泊まった部屋を撮影するのも忘れたな。(汗)
しばらく休んだら二人共風呂に入って汗を流す。部屋に戻って一服したら、もう19時少し前。宴会は19時だから、そろそろ移動しなければ。

 3Fの宴会場に入ると、座席表が置いてある。指定席なんだな。予定通り19時に三輪先生の挨拶で宴会開始となる。
三輪先生の挨拶
乾杯はホテルの敷地内で作られている地ビールだ。
乾杯は地ビール
料理は一見少なく見えるが、食べ始めると量が案外多く感じられた。
宴会の料理
宴会の料理
宴会の料理・デザート
今回は地ビール飲み放題だが、それでもお酒の差し入れが多数。勿論、どれも頂く。(笑)
差し入れのワイン
差し入れの赤ワイン
宴会は1時間半ほどで一旦お開きとなり、隣のスペースでセミナーとスライドショーが行われた。

 21時半頃にショーが終了、本日の予定は全て消化したが、その後は場所を1Fの部屋に替えて二次会となる。宴会でお酒は全て飲み干してしまった為、幹事の方々が別途調達して下さった。
 持ち寄ったお菓子などをツマミに話が弾むが、三輪先生の奥方は何となくいつもとは様子が違う。奥方は結構お酒を飲まれる方なのに何故か今日はお茶だし、いつもより少し口数が少ない感じがする。うーん...だから何かあるという訳でもないのだけれど、何となく引っかかる。
# 後で思えば、既に前触れが...???
 奥方の「もうすぐ22時半ですよ。」という言葉が合図となってお開きとなり、大雑把に片づけてから部屋に戻る。
 明日の早朝撮影は4時50分出発だから、4時半にアラームをセットする。歯を磨き、着替えて寝るが、まだ22時半過ぎだ。いつもより寝る時間が早いぞ...zzz

(続く)
nice!(34)  コメント(0) 

治療不可:手回しLEDライト [雑感]

 以前に充電池を交換したidea internatioal手回しダイナモ発電式LEDライトは、手で回すと「ガキッガキッガキッ」と変な音がするようになった。
動作がおかしくなったイデアインターナショナル手回し式LEDライト
それに、充電してもすぐ消えてしまう事も時々ある。「何で?」早速分解することに。

 ネジを外して筐体を外すと、中身が見える。
分解したところ
すぐ消えたりするのは、充電池が外れ掛かっていたかららしい。ちなみに、充電池はチェックしたら正常だった。
 裏返して内部ギアの方を見ると、駆動ギアが割れている。
駆動ギアが割れている
外して観察すると、あちこちに細かいヒビが入っているのが判る。
あちこちにひび割れがある
樹脂が劣化して割れたようだ。
 割れた部分を接着すれば一応使えるようにはなるだろう。しかし、一番力が掛かる部分だし、樹脂全体の劣化が進んで脆くなっているので、そのうちに別の箇所が割れてしまう可能性が高い。

 よって、今回は無理に修理して延命せず、そのまま引退して貰うことにした。長い間、お疲れさまでした...(^^ )。
nice!(31)  コメント(4) 

ガラゲーからいきなりiPhoneXs [雑感]

 テスタロッサに乗り換えた時、「古い車だから、出先で動かなくなっちゃったら困るでしょ!?」と妻に言われてガラゲーを購入、
# 当時スマホは無かったし。
3年半ほど過ぎた時点で現在の電話会社に変え、序でに機種も変更。以来7年半ほど使い続けて来た。
 周りから「何でスマホじゃないの?システムエンジニアでしょ??」と散々言われたし、「今時スマホ無しで困らないの?」と幾度となく不思議がられたが、普段携帯は滅多に使わないんでスマホに替える理由が無かった。ただそれだけの話だ。

 今年4月、子供が遠距離通学となり、いざという時の連絡手段に携帯をもう一台買う事になった。その時、店頭で序でに拙者のガラゲーをチェックして貰ったら「電池容量が本来の4割程しか容量が無い」と。表示に一部おかしな線が入るようになっている事もあり「そろそろ買い替えを考えなきゃなー」と考え始めた。
 更に、先月辺りから電池の持ちがもっと悪くなってきて、しょっちゅう充電が必要になってきた。それに、外出先でネットにアクセスしたい時もあり、「やっぱスマホに替えなきゃ駄目かなぁ。」

 そんな事になるかも知れないと思って、実は数か月前から周りにスマホについて色々聞いたりしていた。
 拙者の使い方を説明すると、大半の方は「現行機種なら何でも良いんじゃない?」という返事だったが、一部の方から「(アプリの)操作に対するレスポンスはAppleの方が断然良い。Androidだと辛い場面があるかもよ。」と教えて頂いた。

 「そっかーぁ、じゃぁiPhone辺り?」と漠然と考えていた。そんな時、まるでこちらの事情を察知したかのように、某所からiPhoneX用のケースを頂いてしまったのである。(笑)
頂いたiPhoneX用ケース
機種に対するこだわりは何もないどころか、そもそも良く分かっていないので「じゃぁiPhoneXでエエやん。」(爆)
 ところが、折りしもiPhoneXの新機種発表があり、iPhoneX自体は生産終了。サイズが同じなのはiPhoneXsなので、そのままその機種を購入することに。ちなみに、色はゴールドを選んだ。
iPhoneXsゴールド
# 何せ、金色も大好きなもんで...でも、白っぽい金色やね。
購入直後、早速ケースに入れて強化ガラスシートも貼った。
iPhoneXsをケースに入れたところ
今までのガラゲーと比べると、一寸大きい。
それまでのガラゲー(右側)と比べるとだいぶ大きい
ケースに入った状態でのサイズは14.5cm × 7.5cm ×1.1cmほど。普段使っているウエストバッグに何とか収まる大きさだ。厚みはガラゲーの半分程度。
厚みはガラゲーのおよそ半分
手に入れたばかりだし、店頭で操作説明は一切無かったので、使い方がサーッパリ分からん。クロマニヨン人が説明無しでいきなり電卓を受け取ったような感じである。(笑)
# 何ちゅう例えじゃ...(^^;)
とりあえず、iOSのアップデートと必要になりそうなアプリ数個をインストールし終えた段階で、何かを操作しようとする度にPCで調べながら触っているような有様である。ちなみに、今までスマホの類は全く触った事が無い。

 スマホに替えたからといって、急に使い方が変わる訳じゃない。だから、使用頻度は今までと変わらないと思うが、一応辛うじて今の時代に追い付けた?のではないか、と。(爆)
nice!(33)  コメント(6) 
前の10件 | -