So-net無料ブログ作成

雲台を新調 [カメラ]

 三脚の雲台には長年マンフロット405プロデジタルギアヘッド(初期型)を使っている。これはカメラのキタムラ一宮中島通り店が開店して間もない頃に買ったから、10年以上使い続けている事になる。
マンフロット405プロデジタルギアヘッド(初期型)
ちなみにこの製品は今も現行品で、部分的に色が少し変わった程度である。

Manfrotto ギア雲台 ギア付きプロ雲台 アルミニウム製 405

Manfrotto ギア雲台 ギア付きプロ雲台 アルミニウム製 405

  • 出版社/メーカー: マンフロット
  • メディア: エレクトロニクス





 使い勝手が良くて満足しているけれど、「もう一寸サイズが小さければなー」と思う時が良くある。特に、カートさすべえで傘を三脚に取り付けると、雲台のツマミとさすべえのアームが干渉してしまう。
カートさすべえとマンフロット405
だから、傘を固定する時はアームをやや寝かせるが、傘の中心が三脚から離れてしまうので、風が強い時は三脚毎倒れてそうになることがあり、注意が必要だ。「せめてツマミの位置がもう少し引っ込んでいたらなぁ」と思う。
カートさすべえ (カート用傘スタンド)

カートさすべえ (カート用傘スタンド)

  • 出版社/メーカー: ユナイト
  • メディア: ホーム&キッチン



 わの会の撮影会が近づいて来た事もあって、時々中古で何か出物はないかと探索したりしていたら、以前から気になっていたARCA-SWISSのd4の中古が意外なお値段で出ているではないか!「これは見逃す訳には行かない」と早速押さえた。
 ただ、中古とは言っても財布には非常に厳しいお値段なので、やむを得ずカメラを3台を含む撮影機材10点ほどを売却して穴埋めした。(涙)
 手元に届いたので、早速比べてみる。左がd4、右が405である。
アルカスイスd4とマンフロット405
上から見るとd4のコンパクトさが良く判る。
アルカスイスd4はマンフロット405よりもコンパクトだ
クイックカップリングプレートのサイズもアルカスイス用(画像右)の方がコンパクトだ。
クイックカップリングプレートもd4用の方が小さい
今までは405のプレートにHASSELBLADのクイックカップリングS (45144)を載せていた。
405のプレートにHASSELBLADのクイックカップリングS (45144)を取り付けたところ
405のプレートは横幅が広くてクイックカップリングSを取り付けても1/3程がはみ出す。
 d4用のクイックシューに405のプレートにクイックカップリングSを取り付けると、まるで専用に設計していたかのようにピッタリだ。
d4用のクイックシューに405のプレートにクイックカップリングSを取り付けたところ
裏返すと、プレートとクイックカップリングSのネジの位置が微妙に違っていて僅かにずれている。
クイックカップリングSをd4プレートに取り付けて裏から見たところ
今使っているマンフロットの三脚458Bにd4を載せると、こんな感じとなる。
ネオテックプロフォト三脚458Bにアルカスイスd4を取り付けたところ
上の部分だけを比べると良く判る。上がd4、下が405だ。
d4と405の比較

 まだ実際に使った事が無いのでd4については何とも言えないが、このコンパクトさは非常に有り難い。次回の撮影会では大いに活躍して貰おう。
nice!(25)  コメント(4) 

KLRの修理(その2:修理完了と新たな課題) [バイク]

前回からの続き)

 10月10日AM、K社長から「直りました」との連絡が入る。今週は天気が良くないという予報だが、今日と明日だけは晴れになっている。色々考えた末「じゃぁ、明日引き取りに行きます。」

 翌11日、所用を済ませて9時半過ぎに自宅をワゴンRで出発。県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進む。中途半端な時間帯だからか、交通量はそんなに多くない。小牧東ICから中央道に入ると、こちらはトラックと覆面パト(!)が多い。遅い車を抜かしつつ慎重に先へと進む。
 途中、トイレ休憩で小黒川PAに入ったら、既に紅葉が始まっていた。
小黒川PAは紅葉が始まっていた
標高が高いだけあって、かなり冷え込むらしい。空は鱗雲(巻積雲)だから、明日から雨だね。
見上げると鱗雲
昼過ぎ、無事ロッソコルサに到着する。

 サイドスタンドはかなり手の込んだ処置が施されていた。
加工されたKLRのサイドスタンド
途中で切断してボルトとナットを中に埋め込み、長さを調節できるようになっている。
サイドスタンドの長さは調整可能
加工前の長さは365mmとかなり長かったそうで、調節式にしたのは「このKLRはリアサスペンションの長さも変えられるから、スタンド長を固定するとリアサスを調整する度に車体の寝る角度が変わってしまうので、長さを調整できるようにしました。」流石、K社長!である。
 リアタイヤは中のチューブを調べたら過去にパッチを当てて修理した部分から空気が少しずつ漏れていたそうで、「チューブはかなり古そうだったんで交換しました。」
 突然の失火は「近所を随分走ってみたけれど、症状が全くでないんで現段階では分からない。恐らくどこかの接点が問題になっていると思うので、再発したらまた相談して下さい」とのこと。
 失火の原因が気にはなるけれど、とりあえずは普通に走行できる状態になった。13時半過ぎ、KLRに跨ってロッソコルサを出発する。

 昼を過ぎているので、まずはニシザワ双葉食彩館に寄って昼食を調達する。前回2個買ったけれど、一寸多い感じだったので今回は1個にした。
ニシザワ双葉食彩館で買った昼食用のパン
ちなみに、お値段は103円。お茶は自宅から持参したので買わなかった。序でに、家族用にお土産も購入。
ニシザワ双葉食彩館で買ったむぎころがし・高頭まんじゅう・りんごケーキ
むぎころがしと高頭まんじゅうはいつもの通りだが、今回はたまたま目についたりんごケーキも買う。どれも美味しかった。

 国道153を南下する。天気が良いので長袖シャツ一枚でも暑い位に感じる。何事も無く駒ケ根市街を通り抜け、順調に1時間ほど走った所で突然エンジンが力を無くして停止。「ゲッ、再発したぞ!」慌てて路肩に停めた。
突然のエンジン停止で路肩に停めた
停めた所はちょうど「太陽光パネルの森・中川発電所」(中川村片桐)だった。
 何度キックしてもエンジンが掛からない。「参ったなー、こりゃ」と思いながらも、念の為にスタンドキルスイッチを数回押してから数回キックしたらエンジンは何事も無かったかの如く始動した。やれやれ。

 再び走り出し...ゲッ!また止まっちゃったよ。(滝汗)走り出して500mほどでまた止まってしまった。そういえば、ここも上り坂だなぁ。エッソ・スタンドの店員が見守る中、路肩で何度もキックしてようやく復活。ホッ。
 しばらく何事も無く進んだ...と思ったら、高森町の高森消防署の手前800m程の所でまたエンジンストップ。「ゲゲゲッ、またかよー!」クラッチを切って惰性で進み、近くの駐車スペースに車体を滑り込ませて停めた。
高森町でまたエンジン停止
スタンドキルスイッチを何度も押し込んでからキックしてみるが、一向にかかる気配が無い。
 トリップメーターを見ると、給油してから既に200kmほど走っている。タンクは11Lだがリザーブが3Lあるので、メインタンク部は8L。そろそろガス欠になってもおかしくない距離だ。ガソリンコックを見ると、キャブレターに繋がる管にガソリンは流れ込んでいない。
 コックをリザーブに切り替えたらガソリンが管の中を流れだした。単なるガス欠だったのね。(笑)数キロ進んだ所にある出光のスタンドで給油、8.34Lで215.1kmだから25.7km/L。出力の小さい250㏄オフロード車にとって高速道は負荷が大きかったみたいで、燃費はかなり悪い。
 トリップメーターをリセットしてから走り出す。

 飯田市内に入ると交通量が激増、あちこちの信号で停められてしまい、人口の多い地域に入ったことを実感する。
 「もうすぐ飯田ICだなぁ」なんて思いながら、信号に従って名古熊西の交差点で停まったら、またまたまたエンジン停止。慌てて中央分離帯へ駆け込んでキックを繰り返す。幸い10回ほどキックして掛かったので、車線に戻って走り出す。
 飯田ICを通り過ぎて左折、標高が上がるに連れて一寸寒くなって来た。ジャケット類は持ってこなかったので、そのまま我慢して先へと進む。
 治部坂峠まで来ると長袖綿シャツ一枚だけではだいぶ寒く感じる。途中、日の当たる場所に設置されていた気温計は「26度」だったが、走っている時の感触では日陰では20度も無いという感じ。
# 常時日光が当たる場所に気温計を設置するのって...???
陽の傾きがだんだん強くなってきて、峠を越えてもやはり少し寒い。トイレに行きたくなったので道の駅信州平谷に寄る。
道の駅信州平谷は平日でもバイクが多い
画像には写っていないけれど、平日だというのにバイクの数が結構多かった。今バイク屋さんはバイクの売り上げが落ちてどこも苦しいらしいけれど、これだけ沢山のバイクが居るのを見ると「バイクが売れてないって本当???」と思ってしまう。

 再び走り出す。時折高齢者が運転するノロノロ車が居るので、タイミングを計って抜きながら走る。夕方で気温がだんだん下がって来て、かなり寒い。稲武町の交差点で国道257へと進むが、こちらは交通量が少なく淡々と走る。更に気温が下がって来て寒さが辛くなってきた。「そうだ、カッパを着こめば良いじゃん!」見えて来た道の駅上矢作ラ・フォーレ福寿の里に入ってカッパを羽織る。
道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里でカッパを羽織って寒さを凌ぐ
再び走り出すと、カッパは風を通さないので流石に寒くなく、快適だ。もっと早く気が付けば良かったなぁ。(笑)

 国道257・国道363・県道33・県道20・県道66・県道69と進むが、カーブ毎にグルービング加工(縦縞の線)されている所があり、TLR200だとかなり速度を落とさないと車体が揺すられて危険なのだが、KLRは全く問題無し。凸凹のオフロードタイヤは路面を拾い易いけれど、普通の路面と同じで変わらない。これは大いに助かる。(笑)
 土岐市街に入ると交通量が激増する。JR中央線をくぐって国道21に入ると、周囲はかなり暗くなってきた。それまでポジションライトだけだったのでヘッドライトを点ける。すると、何故かメーターパネルは真っ暗。「えええっ、どうなっちゃった?」
 一旦ポジションライトに戻してから再びヘッドライトを点けたら、今度は正常に点灯した。どうやら、ライト関係のスイッチは接点が劣化しているようだ。その後も時々メーターパネルが真っ暗になり、その度にヘッドライトスイッチをオンオフして元に戻した。
 信号て止まった時、メーターパネルをチラッと見たら、暗くてトリップメーターが読み取れない。中にあるウェッジ球が劣化して暗くなっているのかも知れない。致命傷ではないけれど、暗いと何かと不便だ。

 渋滞気味の可児市街を抜け、県道349から国道41に入ったらいきなり渋滞。「何でこんな所で???」と思いながらノロノロと少し進んでは停止というのを繰り返す。500mほど進んだ所で原因が分かった。商用バンとアメリカンバイクが事故を起こしてて一車線塞がっているのだ。ライダーらしき人は見当たらず、バンの運転手らしき人が警官から何か聞かれていた。
 事故現場を通り過ぎると流れは一気にスムーズになる。途中で県道461(尾張パークウェイ)へと進み、朝来た道をそのまま戻る。
 自宅近くのスタンドで給油。5.37Lで175.9km。燃費は32.7km/L。田舎道メインだったので燃費は良い。19時半少し前に無事自宅に到着。今回の走行で、新たな課題も見えて来たが、まずは無事に辿り着いて良かった良かった。(笑)

 エンジンの突然の停止は、恐らくはサイドスタンドのキルスイッチが原因だと思う。KL250Rサービスマニュアルを見ると、サイドスタンドキルスイッチ以外にクラッチ・スイッチとニュートラルスイッチがダイオードブロックに接続されていて、全てが「OFF(切)」になるとCDIユニットで失火させるようになっている。
 そうなると、クラッチ・スイッチが悪さをしている可能性もあるので、ダイオードブロックを撤去して配線を直結させ、全ての配線を強制的に「ON(入)」にする方が良さそうだ。

 ヘッドライトは一寸上に向き過ぎているようで、4回ほど対向車からパッシングを受けた。これは調整するだけなので大した事は無さそう。
 メーターパネルの下の方はかなり暗く、トリップメーターはうっすらと照らされているだけで殆ど読み取れない。接点の接触が悪いだけではなさそうなので、少なくとも球を交換する必要がありそうだ。どうせならLEDタイプにしよう。
 また、メーターパネルが突然暗くなるのは左グリップ内にあるスイッチの接点が劣化していると考えられるので、一度バラシてオーバーホールする必要がありそう。

 1985年(昭和60年)製造のバイクで既に32年も経過しているので、この程度の不具合が出ても全くおかしくない。ちなみに、スタンドキルスイッチの不具合は後継機種のKLXやDトラッカーでも同じらしくて、ネット上を漁ると多くのサイトがヒットする。
 メーカは机上の空論を振りかざす役人の指導の下に安全装置として取り付けなければならないのだろうが、部品点数が増えればそれだけ不具合の起きる可能性も増えるので、利用者としては嬉しくない。
 課題それぞれの解決策は難しくないので、これから徐々に作業して行こう。

(続く)
nice!(21)  コメント(2) 

ジュリエッタで伊勢和紙会館へ [カメラ]

 9月17日から10月15日まで、伊勢和紙会館で三輪薫先生の写真展「こころの和いろ」が開かれた。
 ギャラリートークのある10月14日に行きたかったのだが、生憎先約があって出掛ける事が出来ず、15日に出掛けた。晴れればバイクで行く積もりだったが、雨天なのでジュリエッタで行くことに。

 15日、朝何だかんだとバタバタしていたので、自宅を出たのが10時少し前と遅くなってしまった。
 県道193・尾濃大橋と走って岐阜県に入り、県道151・県道18・羽島大橋と進んで県道23(整流サルスベリ街道)に入る。交通量はやや多めだが走り難いほどではない。途中、トイレに行きたくなって道の駅・クレール平田に寄る。
道の駅クレール平田
改装工事中で売店は営業していなかったが、トイレは普通に使えた。
 油島大橋を渡って三重県に入り、国道258・県道5・県道611・国道421へと進む。いつもなら県道140を走るのだが、今回は「久し振りに国道306を走ってみよう」と思い、石榑北の交差点まで進んで国道306へ。

 知らないうちに随分整備が進んでいて、以前よりも随分と走り易くなっていた。
 県道140よりも信号の数が少し少ないので快適に進むのは良いのだが、時折細い道から異様に遅い軽自動車がノソノソと入って来るのには閉口した。そういう車は例外なく高齢者の運転である。何しろ50km/h制限の道を30km/h程度で走ってくれるので、遅いったらありゃしない。タイミングを計って一気に抜き去る。
 菰野町に入ると突然交通量が一気に増える。あちこちに警備員が立っていて何やら車を誘導している。道路脇の立て看板を見ると「鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」というイベントらしい。この町を抜けたら交通量は元に戻った。
 鈴鹿IC近くまで来たら正午近くなので、ICを超えて少し南へ行った所にあるFマート鈴鹿インター店に寄る。
Fマート鈴鹿インター店
ここで昼食用に菓子パン2つを買う。1つにしようか2つにしようか迷ったが、結局2つにした。
昼食用のパン2個
ちなみにお値段は合計144円。伊那のニシザワや地元のカネスエと比べると(一個当たり)5円ほど高いような気がするナ。
 食べ終わったら、鈴鹿ICで東名阪道に入り、伊勢西ICを目指す。

 東名阪道はお昼の時間帯だからか交通量はあまり多くなく、快適に進む。伊勢関ICを過ぎてそのまま伊勢道に入り、淡々と進む。こちらは自宅周辺よりも雨脚がやや強いようだ。伊勢西ICで降りて県道32・県道22と進み、13時半少し前に伊勢和紙会館に到着。
雨の中の伊勢和紙会館
三輪先生の作品を拝見していたら、キャノンフォトクラブ(だと思う)奈良支部の方々と一緒に三輪先生夫妻が昼食から戻って来られた。
 支部の方々の作品も見せて頂き、三輪先生のお話を伺う。2時間ほどで支部の方々はお帰りになり、その後も三輪先生夫妻と談笑していた。
 先生夫妻は16時半過ぎから作業があるので、ここでお暇する。

 来た道を戻って伊勢西ICから伊勢道に入るが、電光表示板に「亀山-四日市 渋滞14km40分」と出ているではないか。「嬉しくないなぁ」と思いながら進むと、電光表示板を見る度に渋滞距離数が少しづつ増えている。
 芸濃ICを過ぎ、また見えて来た電光表示板では距離が19kmにまで増えていた。
渋滞を告げる電光表示板
# ノーファインダー撮影なのでピンボケでぶれてます...
「ダメだ、こりゃ」と、伊勢関ICで降りる。名阪国道・国道1と進むが、交通量はそんなに多くない。国道306に入ると、亀山市内はそこそこの交通量だったが、市街地を抜けると交通量はとても少なくなる。
 朝来た道をそのまま戻るが、やはり高齢者運転の軽自動車が多く、あちこちでタイミングを計って抜く以外は淡々と走り続ける。
 岐阜県羽島市の名鉄竹鼻線踏切で珍しく止められた。
名鉄竹鼻線の踏切
自宅近くのスタンドで給油し、20時少し前に無事自宅に到着。本日の走行距離は321.3km、燃費は過去最高の12.7km/Lだった。高速道とゴーストップの少ない田舎道で燃費が伸びたようだ。

 拝見した作品の撮影場所は「わの会」で訪れた場所ばかりだが、「へぇ?こういう場所もあったんだ」と感じる作品が多かった。
 撮影会では三輪先生が撮影されていた位置で撮影することも多いのだが、先生のような作品にはならない。まだまだ修行が足りないようだ...。(汗)
nice!(20)  コメント(4) 

KLRの修理(その1:恐怖の失火と代車ワゴンR) [バイク]

 手に入れたKL250Rは、走行には特に支障はないものの、一点だけ困った点があった。「サイドスタンドが長過ぎる」のである。
KL250Rはサイドスタンドがやや長過ぎる
画像を見ても問題無さそうに感じるかも知れないが、これは撮影時に右側に倒れないように前後のサスペンションをできる限り伸ばした状態で撮影しているから。実際に乗った後に降りると車体はほぼ垂直で、うっかりすると右側に倒してしまいかねない。
 降りる度に車体を上方へ引っ張って倒れないようにしていたが、降りた直後に右側に倒れようとすることも多くて、一寸危ない。いつもお世話になっているお店「ロッソ・コルサ」のK社長に相談、スタンドを加工して貰う事になった。

 10月4日、朝9時過ぎにKL250Rに跨って出発...と思ったら、リアタイヤがぺっちゃんこ(!)。
 「パンク?」と思ったが、前回乗って帰って来た時には全く問題無かったからスローパンクだろう。途中で抜けるようだったらスタンドなどで補充することにして、とりあえず空気圧を1.8kpaほど入れて出発する。

 混む時間帯を過ぎた県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。中央道はトラックや商用車が多く、案外交通量は多い。いつもなら覆面パトに注意しながら走るけれど、今回はパワーのない250㏄のオフロードなので捕まる心配は無い。あちこちで餌にありついている覆面を横目で見ながら「今日は覆面が多いなぁ。」秋の交通安全運動は未だ先なのに何故だろう?検挙件数のノルマを達成していないのだろうか??

 遅いトラックなどを適当に抜かしつつ淡々と進む。瑞浪ICを超えて上り坂が多くなり、速度低下を防ぐ為に上り坂でアクセルを一寸多めに開けた時、突然エンジンは力感を失い減速(!!)し出した。「えぇぇぇぇぇーっ?」と思いながらも背面には大型トレーラーが迫って来るので路側帯へ。速度がどんどん落ちて60km/h弱になったらエンジンの力が戻って来た。500mほど路側帯を走っても状態は変わらないので、そのまま走行車線に復帰する。復帰後は何事も無かったかのように進んで行く。

 「一体何が起きたんだ?」と頭の中で考える。
 ガス欠なら、エンジンが止まったらガソリンコックをリザーブ(予備タンク)に切り替えない限りエンジンは再始動できない。だから、少なくとも燃料系ではない。
 「じゃぁプラグが失火したのか?」...もしプラグが緩んで失火したのなら、シリンダー内の圧縮圧力を保つことが出来ず、恐らく復活できずそのまま停止した筈。プラグコードが緩んでいるとすれば、路面状態の良くない中央道では路面からの振動でもっと頻繁に失火してもおかしくない。だから点火系でもないだろう。
 チェーンやタイヤも含め駆動系は問題無いし、電気系統もおかしな所は無い。「うーん、原因が判らんなー」なんて考えながら再び上り坂に差し掛かると「!!!」

 突然エンジンの力感が無くなり、先ほどと同じように失速してしまう。慌てて路側帯に入り、クラッチを切るとタコメーターはゼロを指す。「え?エンジンがまた止まった??」速度が60km/hほどに落ちたところでクラッチを繋いで見るが、やはり力感は無い。エンジンは繋がっているリアタイヤからの力で回ってるだけ。「どうなっちゃった?」と思いながら路側帯を走っていたら、数秒経ってエンジンが復活。1分ほど路側帯を走り続けても症状は出ないので、恐る恐る走行車線に復帰する。
 「どうやら一時的にスパークプラグが点火していないような感じだなぁ」と思いながら原因をあれこれ推測しているうちに「そうだっ!あれかも知れない...。」

 20年以上前の話になるが、東海三県で発売されていたバイク情報月刊誌「バイクガイド」の最後のページに神塚ときお氏の連載漫画があり、そこにZ750FXは4000rpmから5000rpmの辺りでスタンド・キルスイッチが共振してエンジンが不調になるという話が載っていたのを思い出したのだ。
 このKLRにもスタンドにキルスイッチがあるので、それが原因になっている可能性が高い。キルスイッチがバイクの振動に共振してスイッチが切れて失火させているのなら、この不可解な現象の説明も付く。
 上り坂で起きるのは、恐らくスロットルを開けてエンジンの振動が大きくなり始めるからだろう。

 その後も、何故か上り坂になると失火、しばらくして復活というのを3回ほど繰り返したが、恵那山トンネルを抜けた後は一度も起きなかった。
 小黒川PAへトイレに立ち寄っただけでヒヤヒヤしながら走り続け、伊那ICで降りて昼過ぎにロッソコルサへ無事到着。

 K社長と改めてサイドスタンドを切り詰める話をして、更に来る途中に起きた失火やスローパンクの話もして作業をお願いした。作業はその日のうちには終わらないので、代車を借りた。シボレーブランドのワゴンRである。
代車はシボレーブランドのワゴンR
背が高いので頭上は結構広い。
頭上には余裕がある
メーターパネルはごく一般的なものだ。
メーターパネルは一般的なもの
ATだからタコメーターは不要だと思うのだが、今はATでもタコが付くのが普通になったらしい。
 車体はそんなに長くないので、前後の席の空間はそれなりだ。
前部席
後部席
四角いボディなので、運転席から後ろを見ても見辛さは無い。
運転席から後ろを見る
早速借りて走り出す。昼食を買う為、いつものニシザワ双葉食彩館へ。
ニシザワ双葉食彩館
ソーセージ入りのパン2つとお茶が今日の昼食だ。
IMG_2599.jpg
ちなみに、お値段は合計で270円弱で、一寸予算オーバー。(笑)
 それから、家族用に和菓子も購入。
家族用のむぎころがしとみはらし饅頭
いつもの「むぎころがし」と、今回初めて購入した「みはらし饅頭」である。みはらし饅頭は皮に山芋が入っていて、ややもっちりした感じに仕上がっている。

 帰りは高速代節約の為、国道153を南下する。10月なのに日差しが強くて暑く、クーラーをつけて走る。
 飯田市を抜けると上り坂が続く区間に入るが、ワゴンRはアクセルを踏み込めばそれなりに走って行く。排気量が1.3Lなので力強さは無いが、普通に使う車の動力性能としては十分だ。ただ、ブレーキはかなり踏み込んでも利きが甘い感じがするので、自然と前を走る車との間隔を大きく取るようになった。

 交通量の少ない中を淡々と進み、愛知県に入って国道257・県道33・県道66・県道69と進むが、市街地に入って行くので交通量が増えていく。国道21に入る頃には辺りは暗くなり、交通量もグッと増える。県道84・県道349を走って国道41に出たら...えっ、渋滞?何で??...ノロノロと300mほど進んだら、商用車とアメリカン・バイクが事故で1車線を塞いでいた。なるほど。

 県道461(尾張パークウェイ)へ出ると交通量はとても少なく、順調に進む。後は朝来た道をそのまま戻って、18時半過ぎに自宅へ無事到着。ロッソコルサを出発した時には「リッターカーだから下道だと疲れるかな?」と思ったが、全く疲れは感じなかった。

 K社長は「そんなに時間はかからないよ」と言っていたので、翌週には受け取りできそう。でも、生憎天候が悪いという予報なんだよねー...

(続く)
nice!(22)  コメント(5) 

電動鉛筆削りの簡単な修理 [雑感]

 拙者が小学3年の時から使っている三菱鉛筆製の電動鉛筆削り器「ES-20型三菱電動シャープナー」は、芯の尖り具合を調整するツマミがスカスカになって利かなくなってしまった。
芯の尖り具合調整が効かなくなった電動鉛筆削り
電源コードの刻印は「1973」となっているので、1973年頃に製造されたと思われる。だから、もう40年以上使い続けている事になる。それにしても、この時代の製品は丈夫だねぇ。

 本体裏側を見ると、真ん中に大きなネジが、中央の両端に小さいネジがある。
本体裏側を見たところ
大きなネジは恐らくモーターを固定していると思われるので、小さいネジを緩めたら外れる筈...と思ったら、隙間は出来たが外れない。中を覗き込んだら、鉛筆を挿し入れる銀色の樹脂部品が干渉していたので、まずそちらを外した。
干渉していた樹脂部品を外したところ
無事上側の蓋を外せた。
本体上側を外したところ
芯の調整をする部分の透明な樹脂部品が折れていた。
樹脂部品が劣化で折れていた
大きな力の掛かる部分ではないが、経年劣化で折れてしまったようだ。
 この樹脂部品の外側の厚みが、モーター側に取り付けられたネジに当たって芯の削り具合を決める構造になっている。
樹脂部品がモーター側のネジに当たって尖り具合を調整する構造
単純だけど、再現性の高い構造だ。
 まずはボンドで接着し、硬化するまで1日以上放置しておいた。
ボンドで接着したところ
 外した銀色の部品はメッキの錆が目立つ。
外した銀色の部品はメッキが錆びている
NeverDull(ネバーダル:金属磨き)で磨いてみたが、思った程には奇麗にならなかった。
NeverDull(ネバーダル:金属磨き)で磨いたところ
あとは元通り組み立てれば完成である。

 実際に使ってみるとボンドでは役不足だったようで、空回りするほどではないけれど、ツマミはかなりぐらついてしまう。まぁ、今のところは何とか使えるので、ダメになったらその時にまた考えよう。
nice!(20)  コメント(2) 

LEDヘッドライトの修理(その2) [自転車]

前回からの続き)

 ライト本体は金属製だからか、路面に叩き付けられたのにもかかわらず本体にダメージは殆ど無いが、樹脂部品は悉く割れてしまっている。
ライトの樹脂部品はバラバラになっている
とりあえずバラシて状態を観察する。
ライト本体を分解したところ
基板やLEDに損傷は無いが、反射板やライトカバーはダメージが大きい。
 幸い、反射板は部品の飛び散りが少なかったのでボンドで接着する。
割れた反射板をボンドで接着したところ
ボンドが乾いたら、はみ出した部分を削り取って奇麗にする。掛けてなくなった部分は僅かだった。
反射板の修理が完了したところ
問題はライトカバーだ。かなりの破片が失われていて、全てを接着して復元できたのは半分ほどだ。
レンズカバーは半分ほどしか復元できていない
欠けた部分を何かで覆ったとしても、割れ目は影として出てしまうので恐らく実用にはならないだろう。
下半分が欠けた状態になっている
何らかの方法でカバーは作り直す必要がありそうだ。

 ライトカバーは前方からモロに風圧が掛かるし、雨なども容赦なく掛かる部分なので、サランラップのようなものでは持ち堪えられそうにない。ポリカーボネートやアクリルの板を曲げて作成できれば一番良いが、一般的な工具しかない素人には難しい。さぁて、どうしたもんかなー...

(続く)
nice!(21)  コメント(6) 

治療不可!Logicool G27ハンドルコントローラー [電子回路]

 子供がPCに接続してドライビングゲームで使っているロジクール製のG27ハンドルコントローラーの動作がおかしくなったと言う。
挙動不審?なG27ハンコン
具体的には、電源投入後の動作は普通なんだけど、シフトノブ部のボタンを押すと本来900度ほどハンドルが回る筈なのに途中で停まってしまい、その後は動かなくなってしまうんだそう。外観は問題無いので、とりあえず分解してみることに。

 ハンドル部本体をひっくり返すとネジ穴が見える。
G27ハンドル部を裏返したところ
まず、ネジ全てを外す。
G27ハンドル部のネジを緩めているところ
すると、一部のネジには何故か油がべっとりと付いていた。
G27ハンドル部のネジに油分が付着している
内部で何か油分が回り込んでいるらしい。ハンドルを外さないと上側の蓋を外せないので、ハンドル取り付け部を分解すると、ハンドルの裏側に基板が潜んでいた。
ハンドル部を分解したところ
基板を外すと、固定しているネジが見えて来るので外す。
ハンドル部を固定しているネジを外しているところ
これで上側の蓋が外せた。
ハンドル部の上側の蓋を外したところ
上から見る限りはおかしな場所は見当たらない。
上からみたところ
よく見ると、固定ネジが当たる部分は左右共に油が付いている。
固定ネジ左側が当たる部分には油分がある
固定ネジ右側が当たる部分にも油分がある
まず基盤を外して細かく観察する。基板上の電解コンデンサは至って正常で問題は見つからなかった。
 一番大きなICは8ビットUSBコントローラーST72F651AR6T1。
8ビットUSBコントローラーST72F651AR6T1
AP9977GMもAP4951GMもスイッチング用パワーMOS・FET。ハンドルに繋がるモーターの電力を制御している。
スイッチング用パワーMOS・FETのAP9977GMとAP4951GM
LM393は低電圧でも動くコンパレータ。
LM393は低電圧でも動くコンパレータ
基板に繋がる配線全てにノイズ除去用のフェライトコアのリングが付いている。
配線にはノイズ除去用フェライトコア・リングがある
本体にはモーターとセンサーしかなく、故障するような部品は見当たらない。
基板を外したハンドル部本体
モーターを外すと、ハンドルの動きを制限するギアが見える。
ハンドルの動きを制限するギアが見えている
ギア周辺は劣化して緩くなったグリスが広がっていたので拭き取った。
ギア周辺はグリスまみれだった
ネジに付着していた油はここが元だったようだ。
 念の為にモーターの部分も分解したら、こちらもグリスまみれだったので軽く清掃する。
グリスまみれだったモーター部
拭き取ったら組み立てて、薄くグリスを塗り込む。
モーター部をグリスアップしたところ
ギアにもグリスを塗る。
ギアをグリスアップしたところ
問題となる箇所は見つからなかったので、元通りに組み立てた。

 次はシフト部だ。こちらも裏側にネジがあるので外す。
シフト部も裏側にネジがある
ネジを外しても分離できないので、どこかにネジがまだある筈。そこで、シフトノブを外してみることに。
シフトノブを外す前
外して見たら、やはりネジ穴があった。
シフトノブを外したらネジ穴が見えた
これで分解できた。
シフト部を分解しているところ
シフトレバーの下はスイッチを押す単純な構造。スイッチに劣化などは見られないので問題は無い。
シフトレバースイッチには問題は無かった
ボタンが集中する部分には基板があるけれど、劣化し易い電解コンデンサは使われていない。
ボタンの裏側にある基板には電解コンデンサは無い
念の為に外したが、接点があるだけだった。
基板裏面は接点のみ
接点を支えるゴム部品を外す。
接点のゴム部品を外したところ
よく見ると、ゴム側に付いている導電ゴムの表面は少し劣化していて、接点の当たる部分は色が変わっている。
導電ゴム表面は少し劣化していた
接点も導電ゴムもNeverDull(ネバーダル:金属磨き)で磨いておいた。
NeverDull(ネバーダル:金属磨き)で接点と導電ゴムを磨き終わったところ
こちらも問題になりそうな部分は見つからないので、元通り組み立てた。

 再度子供に使ってみて貰ったら「動きはスムーズになったけれど、症状は変わらない」という。
 ということは、ICチップかチップ部品のどれかがイカレている筈。更に調べるなら、回路図やタイミングチャートが必要で、素人修理は無理だ。
 残念だけど、「万事休す」である。こりゃぁ買い替えを考えなきゃね。(汗)
nice!(14)  コメント(2) 

テスタロッサで富士ミルクランドへ [フェラーリ]

 9月30日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、富士山麓へと出かけた。
 当初は9月23日の予定だったが、天候が良く無さそうという事で急遽変更となった。いつも利用しているまかいの牧場は駐車スペースが砂利の所しか空きが無いという話だった為、近くにある富士ミルクランドへ事前予約無しのまま向かうこととなった。

 集合場所は中央道諏訪湖SA・集合時間は8時なので、自宅を5時半に出発する。走っているうちに東の空が紅くなってきた。
県道から見る朝焼け
意外と交通量の多い県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 土曜の早朝だけあって交通量はとても少ない。これが1時間後だと走り難いほどの車の量になるんだろうなぁ。遅い車を抜かしつつ「早朝だから覆面パトは居ないかな?」と思いながら進む。幸い覆面パトは見かけなかった。
駒ヶ岳SAへトイレに立ち寄っただけで走り続け、諏訪湖SAには7時半過ぎに到着する。
諏訪湖SAに到着
8時近くになって参加者が続々と到着する。
諏訪湖SAに集まった参加車両
IMG_2534.jpg
白いBMWは今回が初参加。
諏訪湖SAに集まった参加車両
諏訪湖SAに集まった参加車両
全員が集まったので、次は谷村PAに集合することを確認してから予定通り8時にSAを出発する。

 昨夜の天気予報では「全国的に晴れ」と言っていたけれど、雲の厚みは大したこと無さそうで、雨が降るほどではないが、進むに連れて青空はどこにも無くなった。長野方面から参加のFさんによると、長野道はあちこちで路面が濡れていたそうだ。
 初参加の車が居るので、巡航ペースはいつもより抑え目で進む。交通量は多くないが、トラックが多くて引っかかると前方の参加車両と大きく離れてしまう。大月JCTの前で参加車両がまとまり、谷村PAで停める。
谷村PAに停めた参加車両
ここは駐車スペースが広くない上にトラックや観光バスが数多く入って来るのでまとまって停める事が出来ず、二手に分かれて停めた。
谷村PAに停めた参加車両
谷村PAに停めた参加車両
ここで差し入れのドリンクが配られた。
差し入れのドリンク
# いつも有難う御座います。m(_"_)m
今回の参加車両は前回よりも多い。まずは、今回初参加のBMW320i。
参加車両:初参加のBMW320i
BRABUSのB9。
参加車両:BRABUS B9
拙者のテスタロッサ。
参加車両:テスタロッサ
フェラーリ348(6MT仕様)。
参加車両:フェラーリ348(6MT仕様)
もう一台、テスタロッサ。
参加車両:テスタロッサ
久し振りに参加のSL55AMG。
参加車両:SL55AMG
メルセデスE260AMG仕様。
参加車両:メルセデスE260AMG仕様
仕事の予定が変わって急に参加できるようになったというMさんと待ち合わせる事になり、ここでしばし談笑して待っていたら、10分ほどで到着。AMG CLS55。
参加車両AMG CLS55
富士スピードウェイでNICOLE Circuit Dayというイベントをやっているそうなので、とりあえずそちらに向かう事を全員で確認してから走り出す。

 覆面パトに注意しながら遅い車を抜かしつつ進み、須走ICで降りて富士スピードウェイ西ゲートに到着。
富士スピードウェイ西ゲートに到着
残念ながら、前売券が無いと入れず、当日券は無いというので「じゃぁ」と東ゲートへと向かう。
富士スピードウェイ東ゲートに到着
「せっかく来たんだから」と入って、カートコースへ。
富士スピードウェイのカートコース
希望者が乗ることになり、拙者も乗ることに。遊園地のカートに乗った事がある程度で、こういう本格的な物は初めてだ。走行前に注意事項や操作について説明を受けてから走り出す。
 最初の2週は何だか良く分からないような感じだったが、周回を重ねる毎に車体の挙動やパワーの使い方が分かって来て少し攻められるようになった。ちょうど面白くなってきた頃に7週目の最終ラップとなってしまい、そのままピットに戻った。順位は周回タイムで2位(48.246秒)、平均速度で3位(51.053秒)だった。初めてにしてはまぁまぁかな?(笑)

 乗る前は「はーぁ、カート、ねぇ...」とそんなに興味をそそられなかったけれど、いざ乗って見ると「滅茶苦茶面白れぇよ、コイツ!!!」
 絶対的な速度は60km/h程度だそうだが、サスペンションもギアチェンジもクラッチも無いという単純な構造なので、慣れて来るに連れて車体の挙動が手に取るように分かる。コーナーもスロットルを踏み込みながら回るのが面白くなってくると、もぅ辞められない!って感じ。(笑)
 カートのワークスに在籍していたK社長に依ると、走行時のコツは色々あるそうで、それを知ってるかどうかだけでも随分と大きな差が付いてしまうんだとか。乗った6人が走行後もはしゃいでるのを見て「これからカートもツーリングの中に入れるかぁ?」なんてK社長が話していた。
# うーん、こいつぁー楽しみだゾーぉ...
コースの脇で、SL55夫妻からの差し入れをパクつく。
差し入れのハンバーガー
差し入れのおつまみ類とドリンク
# ご馳走様でした。m(_"_)m
一頻り遊んだら、次は富士山スカイライン経由で目的地のミルクランドへと向かう。途中にある水ヶ塚パーキングで小休止する事になったが、皆さんルートが一寸怪しい感じ。一番早くナビに設定できた拙者が先導することに。
 ナビの道案内に従って県道151・国道246(裾野バイパス)・県道23と進み、無事水ヶ塚パーキングに到着。
水ヶ塚パーキングで停める
水ヶ塚パーキングで停める
残念ながら、富士山は雲の中だった。
水ヶ塚パーキングでは富士山は雲で見えなかった
ここで少し雑談して時間を調整してからミルクランドへと出発する。

 富士山スカイラインを降りるが、前方に遅いトラックが居て巡航速度が極端に低い。どうしてこんな山道を選んで通るんだろう???
 県道72・県道71と進み、正午過ぎに富士ミルクランドに到着。
富士ミルクランド
富士ミルクランド
富士ミルクランド
富士山が少し顔を出した。随分と人が多くて混んでいる。
混雑する富士ミルクランド
以前土曜日に通りかかった時にはこれほどの人出は無かったので「何でこんなに人が多いんだ?」と思ったら、FM生放送をしているかららしい。
IMG_2574.jpg
画像中央でマイクを握る女性は有名な歌手らしいが、洋楽専門の拙者はその女性は誰なのかは分からなかった。
 受付でバーベキューを申込み、場所を移動して待っていると食材が運ばれてきた。
富士ミルクランドのバーベキュー材料
牛肉は契約農家が飼育したとかで、かなり高級なお肉なんだそうな。早速焼いて頂く。
バーベキュー開始
焼き上がった牛肉
脂っぽさが無いのに肉は柔らかくてとても美味しい。一通り肉を食べたら、次は富士宮焼きそばだ。
富士宮焼きそばを作成中
流石本場だけあって、モチモチした麺が美味い。
焼き上がった富士宮焼きそば
園内はかなり広くて気持ちの良い所だ。
富士ミルクランド園内
芝生の方も駐車場として使えるという。
IMG_2579.jpg
皆で「次回はあの芝生の上で整列しようか」などと話す。
 雑談しながら楽しい時間を送っていたら15時近くになったので、そろそろ出発することに。双葉SAに集合することを確認してから走り出す。

 県道71をそのまま北上して国道139へと進み、精進湖を見ながら国道358へと入る。前方に大型トレーラーが走行している為、カーブ毎に30km/h以下の速度になってしまい、必要以上に時間がタップリとかかってしまった。
 甲府南ICで中央道に入る。交通量はそんなに多くないので走り易い。予定通り全員が双葉SAに集まった。
双葉SAに集まった参加車両
双葉SAに集まった参加車両
ここでも差し入れのコーヒーを頂いた。
差し入れの缶コーヒー
# 有難う御座いました。m(_"_)m
南の空には既に月が輝き始めている。
双葉SAで月を見上げる
本日のツーリングは終了、ここで五月雨解散となった。
 解散後も15分ほど雑談してから走り出す。

 朝来た道をそのまま戻るが、帰宅の時間だからか交通量が大幅に増えていて、一寸走り難い。皆同じ方向へ進む為、遅い車に引っかかっても、先行車も同じように遅い車に引っかかって、結局まとまって走っているような状態となった。
 岡谷JCTを過ぎると少し交通量が減り、伊北ICから拙者のテスタロッサ単独での走行となる。
 小黒川PAに寄って、家族向けのお土産を買い求める。
小黒川PAで購入した高遠まんじゅうとりんご乙女
我が家では定番の、高遠まんじゅうとりんご乙女だ。

 再び走り出すが、座光寺PAの数Km手前で黒いクラウンの覆面パトが1台餌にありついていた。合掌。(-A-)
 飯田IC手前の電光表示板に「中津川-恵那 事故渋滞2km」という表示が出ている。「うひゃぁ、こりゃ下手すりゃ下道に出なきゃダメかも?」と思いながら進む。
 覆面パトに噛み付かれないよう、注意しながら走っていたら、以前と同じように駒ヶ根ICを過ぎたら給油ランプが点いて「えっ、もう給油?」と少し驚いたが、その後も点いたり消えたり。路面の傾斜が強い所で給油ランプが点灯するようだ。

 恵那山トンネルを抜けて中津川IC手前の電光表示板を見ると「中津川-恵那 渋滞2km 15分」とある。「15分なら下道へ出るよりも早い」とそのまま中央道を進む。6kmほど進むと渋滞が始まったが、既に渋滞解消に向かっているらしくて速度は50km/hほどで流れている。恵那IC少し手前で80km/hほどに回復したが、交通量が非常に多くてそれ以上の速度では走ることができない。
 大人しくそのまま走って小牧東ICで降り、朝来た道をそのまま戻って自宅へと向かう。ICを降りてからも、平坦な道を走っていれば給油ランプは点かない。
 自宅近くのスタンドで給油し、20時過ぎに無事自宅に到着。本日の走行距離は699.4km、燃費は7.6km/L。

 ミルクランドもカートも今回初めてだったけれど、どちらもとても良かった。特にカートはマジで通ってしまいそうな位面白かった。また乗る日が楽しみだ。
nice!(23)  コメント(2) 

KL250Rのリアキャリア取り付け [バイク]

入手したKL250Rはリアキャリアが無いので何かと不便。そこで、ネットで探して取り寄せた。1980年代に生産されたバイクなので手に入るかどうか心配だったが、案外簡単に入手できた。
取り寄せたKL250R用リアキャリア
箱から取り出す。
キャリアを箱から取り出したところ
紙一枚の説明書とボルト類が付属している。

 KL250Rを引っ張り出す。
リアキャリアを取り付ける前のKL250R
サイドスタンドの長さがやや長過ぎなので直立に近い状態になってしまい、反対側に倒してしまいそうで怖い。
 まずテールバッグを外すとウィンカーの配線が見えてくる
テールバッグを取り外したところ
。更にウィンカー左右・右側のグラブバー・左側のヘルメットホルダーも外す。
左右ウインカー・右グラブバー・左メットホルダーも外したところ
リアキャリアを仮止めして位置を細かく調整するのだが、左側ヘルメットホルダーの位置にある穴はボルトが通らない。
ヘルメットホルダーの位置の穴にボルトが通らない
よく見ると、塗装の厚みで穴が小さくなっている。仕方ないので、リーマーで穴の位置だけ塗装を少し削った。
リーマで穴の塗装を削っているところ
削り終わって付属してきたボルトを通して見ると、何とネジ山の長さが足りなくて穴とボルトの先端が面一になってしまう。慌ててホームセンターに行き、5mm長いボルトを調達してきた。
付属品よりも5㎜長いボルトを買って来た
買って来たボルトなら、ネジ山が穴から出て来る。
新しいボルトを入れたところ
これでヘルメットホルダーを取り付けられた。
ヘルメットホルダーを取り付けたところ
後は各ボルト・ナットを締め付けてきちんと固定すれば作業は完了である。
リアキャリアを取り付け終わったKL250R
ついでに、先日入手したGiviトップケースの取付用ベースも取り付けた。
GIVI取付用ベースを付け終わったところ
なお、ストップランプの配線は色々と面倒(特に防水処理)なので、今回は見送った。
 取り付け用ベースがテールバッグに覆い被さるような恰好になるので、工具などを入れると取り出せなくなってしまうけれど、書類程度なら問題無い。

 これで安心して荷物が積めるようになった。後はツーリングに出掛けるだけだな。(笑)
nice!(20)  コメント(0) 

液晶モニターディスプレイの簡単な修理 [電子回路]

 子供がパソコンに接続して使っている液晶ディスプレイのスイッチが動かないという。三菱製のRDT234WX-E9という機種である。
子供が使っている液晶ディスプレイ
付属のリモコンで操作できるから酷く困っている訳ではないそうだが、何かの拍子に不便を感じるそう。
液晶ディスプレイのスイッチ部
随分前にリサイクルショップで購入したので、既に保証期間は過ぎている。「どうせ中古なんだから分解してみるか。」

 ディスプレイ裏側にネジが見えている。
ディスプレイ裏側にネジがある
ネジを全て外し、樹脂製のツメを折らないよう慎重に筐体を外す。
ディスプレイ裏側のパネルを外したところ
下側の左右にある黒い棒状の物はスピーカーだ。
モニターに内蔵されているスピーカーは小さい
とても小さくて、音質云々という以前のレベルの物。せめて背面をバックロードホーンにすれば多少マシな音になると思うが、そうなると全体が大型化してしまうので、実際には難しいだろうなぁ。
スイッチ部にある金属板を外すと基板が見えて来た。
スイッチ部の基板が見える
部品面を見ると、タクトスイッチが並んでいる。
基板上にはタクトスイッチが並ぶ
ハンダを緩めて取り外す。
取り外したタクトスイッチ
汎用品なので交換できるが生憎手持ちの部品が無いので、ジュエリースケール修理の時と同様スイッチを分解して修理する。

 蓋の金属板を固定している樹脂の留め具を切り取る。
金属蓋を固定する樹脂を切り取ったところ
中身が飛び出さないように注意しながら金属板を外す。
金属の蓋を外したところ
押しボタンを取り除くと金属の接点が見える。
押しボタンを外したところ
丸い接点を取り出せば分解は完了である。
タクトスイッチを分解し終えたところ
小さな部品ばかりで一寸した風でも飛んでってしまうので、散らばってしまわないように注意が必要だ。
 スイッチ本体側の接点を見ると、少し錆びているように見える。
タクトスイッチ本体の接点は少し腐食しているように見える
NeverDull(ネバーダル:金属磨き)で接点を磨くと奇麗になった。
NeverDull(ネバーダル:金属磨き)で接点を磨き終わったところ
丸い接点もはやり錆びているようだ。
丸い接点も錆びている
こちらもNeverDullで磨く。
丸い接点を磨いたところ
5個全部を磨いたら元通り組み立てる。
タクトスイッチを組み立てたところ
このままだと蓋が簡単に外れてしまうので、グルーガンで蓋を固定する。
グルーガンでタクトスイッチの蓋を固定したところ
基板に取り付けてハンダ付けする。
タクトスイッチを基板にハンダ付けしたところ
後は元通り組み立てて完成である。

 早速子供に使って貰ったら「快適に動く。」これで修理完了だ。
nice!(24)  コメント(9) 
メッセージを送る