So-net無料ブログ作成
検索選択
フェラーリ ブログトップ
前の10件 | -

ロッソコルサ新年会 [フェラーリ]

 18日(土)にテスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の新年会が行われた。会場はいつものJR伊那北駅隣の昭和軒。スタートは例年18時だが、今回は何故か18時半となっている。
 急ぐ必要は無いので、普通に昼を食べてから14時頃に自宅を出発した。

 自宅近くのスタンドで給油してから県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進み、小牧東ICから中央道に入る。昼過ぎという時間帯の為か、交通量は少ない。多治見ICを抜けてしばらく走ると、融雪剤で路面が白い。帰宅したら洗車しなきゃなぁ。
 トイレに行きたくなり、神坂PAに入る。
立ち寄った神坂PA
前日に雨が降ったせいか雪は無く、遠景の山々が多少白いという程度だ。
神坂PAから見る山も雪が少ない
これほど雪が少ない年も珍しい。
 制限速度前後で走った為か覆面パトなどは一切見かけなかった。伊那ICで降り、宿に向かう前にニシザワ双葉食彩館に寄る。
立ち寄ったニシザワ双葉食彩館
ここは朝9時半から営業で、明日朝出発する時間帯では営業していない為、事前に家族用のお土産を買う。
事前に買ったむぎころがしと高頭まん頭
むぎころがしも高頭まん頭も、こちらに来た時には必ず買う。りんご乙女も含めて、我が家の「定番」である。(笑)
 ニシザワを出て宿へ。今日の宿も、毎度おなじみの「美義屋」である。
毎回お世話になる美義屋
美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿

今回も1か月前に予約したけれど、その時点で既に空きは1部屋しかなかった。泊まったのは前回と同じ部屋だ。
伊那・美義屋の和室
伊那・美義屋の和室

無料で無線LANが使えるので、早速メールやオークションなどをチェック。その後は風呂へ入ってサッパリする。
 少し早めに宿を出て会場の「昭和軒」に向かう前に、僅かに残っているフィルム消化の為、マミヤ6とローライフレックス3.5EX-MVSを抱えて伊那北駅周辺をウロウロ。デジカメのオートで撮影すると昼間のように明るく写るけれど、実際にはかなり暗い。
伊那北駅近くの踏切
夕方の伊那北駅
暗くて手持ちでは撮影できないので、三脚を使うが、ここで思わぬ事態が発生!マミヤ6を外してローライフレックスを三脚に取り付けたら踏切が鳴り出したので三脚ごと動かそうとしたら、ローライフレックスが「ガンッ...コロンッ」と地面を転がって行くではないか。「うわぁぁあぁ!」
 慌てて拾うと、レンズフードから着地したらしくてレンズは無傷だったが、レンズフードもボディ底面も歪んでしまった。「でも、何で落下したんだろう???」とよく見ると、底面にある筈の三脚ネジ穴が無くなっている。「えっ!?ネジ穴が無い??」暗くてよく分からないので、近くにあったお店の看板の明かりの下に行って見ると、ネジ穴に取り付けてあった細ネジ用スペーサーが無くなっていて、太ネジ穴だけになっている。恐らく、使う前からスペーサーが既に割れていて弱体化していたのだろう。
 久し振りに使うローライフレックス3.5を傷付けてしまったのは残念だが、レンズが無傷だったのは不幸中の幸いであった。(滝汗)底面やフードの歪みは、ペンチなどで修正すれば元に戻せそう。
 フィルムを消化したので、カメラ一式はクルマのトランクに入れ、歩いて1分の昭和軒へ。
会場の昭和軒
店に入ろうとしたら、ちょうどAさんも到着。期せずして合流となった。
 開始時間が近づくにつれて参加者が続々と到着、ほぼ時間通りに新年会が始まった。今回はもつ鍋!だ。
昭和軒のもつ鍋
なんでも2月から始めた新メニューなんだそう。
呑んでしゃべって食べる。
昭和軒で宴会
昭和軒で宴会
昭和軒で宴会
最後はうどんでシメる。
昭和軒でうどんのシメ
20時で一旦お開きとなり、二次会へと雪崩れ込む。
近くの店で二次会
ここでジャンケン大会が急きょ行われ、初回でいきなり勝ってしまい、特製ツナギを戴いた。
ジャンケン大会で貰った特製ツナギ・前面
ジャンケン大会で貰った特製ツナギ・背面
楽しい時間はあっという間に過ぎ、10半少し前でお開きとなった。
 他の面々は三次会へと流れていったが、拙者は店を出たら真っすぐ宿に帰り、かなり眠かったので歯を磨いて直ぐに寝た。

 翌日19日は朝6時45分頃に目を覚ます。今回も飲む量を大幅に抑えたので、すんなり起きられた。メールをチェックしてから荷物をまとめ、お茶を飲んで7時半過ぎに部屋を出る。1階に降りたところで宿のご主人としばし談笑、8時に宿を出て駐車場へ行くと、フロントガラスにうっすらと雪が残っていた。
フロントガラスにうっすらと雪が残っていた
夜中に少し雪が降ったらしい。陽が当たっていて風は無いからあまり寒さは感じないけれど、日陰の水溜まりはカチコチに凍っている。
日陰はカチコチに凍っている
8時過ぎだというのに、気温はまだ氷点下だ。
8時を過ぎても気温は氷点下
路面は乾いているので走るのには支障がない。国道153に出てのんびりと進む。日曜の朝早い時間のためか、交通量は殆ど無い。
 トイレ休憩で道の駅・田切の里に車を停める。
道の駅・田切の里
遠景の山々には雪があるものの、周辺の地面には雪が無い。
道の駅・田切の里から見る山々は白い
10分ほど休憩してから再び走り出す。

 相変わらず交通量は少なく、のんびりと進む。時折路地から入って来る軽トラがやたらと遅くて閉口するが、国道153は片側一車線の区間ははみ出し追い越し禁止なので、抜きたくても抜けない。運転の覚束無い高齢者ドライバーが急増しているのだから、追い越し禁止は早急な見直しが急務だ。
 飯田市内に入ると流石に交通量は増えるものの、それでも大した量ではない。混雑とは無縁のまま市内を通り抜け、国道256との交差点を通り過ぎると、徐々に気温が下がって行く。寒原峠から治部坂峠を越えるまでの区間は流石に寒くてマイナス1.5度前後だったが、路面は乾いているので走行に困ることは無かった。どのスキー場もスノーマシンで雪を拵えたようで、周辺とは明らかに雪の量が違う。日曜だからか、スキー客が多く出入りしていた。

 休憩の為に道の駅・信州平谷に立ち寄る。
道の駅・信州平谷
この周辺も雪があるのは日陰になる場所だけだ。
日陰に雪が残る
遮るものが無いので風はそこそこ強いが、気温そのものはプラスだ。
 10分ほど休んでから再び走り出す。

 稲武の交差点で国道153から国道257へと進むが、こちらは少し交通量が多くて前後に数台車が連なる。岩村の街に入るとさらに交通量は増えるものの、田舎で車の絶対量が少ないので渋滞することも無ければ流れが悪くなることも無い。
 国道363・県道33と走っていたら、またトイレに行きたくなったので道の駅・おばあちゃん市・山岡に寄る。
立ち寄った道の駅・おばあちゃん市・山岡
この道の駅は駐車場スペースが少ないので、停められずにウロウロしている車が多い。実は道の反対側(山側)にも駐車場があるんだが、道の駅から直接見えない位置にあるせいか、皆さん気が付かないようだ。
 売店を見て回るが、道の駅の常で価格が高めなので何も買わず、10分ほどで走り出す。

 県道33・県道69と進むが、八剣神社手前から県道69は土岐駅方向が通行止め。「えーっ、どうして?」帰宅してから調べたら「第55回 土岐市一周駅伝競走大会」で道が封鎖されていたのだった。
 仕方ないので、県道より一つ東の細い路地を進んで封鎖区間を過ぎてから県道69に戻る。正午を過ぎたので、たまたま見えて来たバロー土岐店に入る。
昼食の為に寄ったバロー土岐店
売り場の見切り品コーナーにランチパックがあったので2つ買って昼食にする。合計211円で済んだ。ちなみに、お茶は自宅から持参した。
ランチパック2つの昼食
売り場には拙者と同じような男性客が数名見切り品コーナーを漁っていた。誰でも考える事は同じらしい。(苦笑)
 2つ食べたけれど、昨晩たらふく食べてるから、一寸カロリーオーバーだったかなぁ。(汗)10分弱て食べ終わり、再び走り出す。

 国道21へ入ると交通量がだいぶ増える。登坂車線で遅い車を抜きながら走っているうちに交通量はあっという間に少なくなってゆく。県道84・県道349を走って国道41に入ると、流石にこちらは車の量が非常に多い。県道461(尾張パークウェイ)へと進み、昨日来た道を戻る。
 自宅近くのスタンドで給油し、15時少し前に無事自宅に到着。今回の走行距離は387km。燃費は14.3km/Lで、前乗っていたA170と殆ど変わらない。

 新年会は大抵雪との闘いになるのだけれど、今年の伊那は雪の量が極端に少なく、一寸不思議な感じだった。
 昨年のクリスマスに納車となったアルファロメオ・ジュリエッタは既に2700km以上走っているので、もう200kmほど走ったらオイル交換の時期となる。ターボエンジンはオイルには厳しい条件なので早めに交換する方が良く、また近いうちにロッソコルサに向かうことになりそうだ。

ロッソコルサ忘年会 [フェラーリ]

 10日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の忘年会が行われた。
 当日と翌日の天気は良さそうだが、今回も足として使うA170はスタッドレスタイヤに交換済みだから一寸安心だ。

 いつも通りの時間に昼食を食べ、少し休憩して12時半過ぎに自宅を出る。県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49を通って小牧東ICへと車を進める。
 中央道は車の量は少し多いものの、走り難さは無くて順調に進む。中津川ICを超えると交通量が少なくなり、遅い車を抜かしながら淡々と進む。
 小黒川PAでトイレ休憩してから伊那ICで降りる。今回は不思議と覆面パトを見かけなかった。県道147・県道146と進んでJR伊那北駅の脇を通り抜け、15時過ぎに今日の宿美義屋に到着する。
美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿
1時間近く宿のご主人と話し込んでから部屋に入る。
美義屋の和室
美義屋の和室
パソコンを取り出し、WiFiでネットにアクセスする。WiFiが使えるのはありがたい。
PCをWiFiでネット接続させる
念の為に明日の天気予報を見るが、雪の心配は要らないようだ。メールなどをチェックしてからお風呂に入って体を温める。

 忘年会は歩いて2分の場所にある昭和軒で18時スタート。15分前に宿を出て会場へと向かう。吹く風がとても冷たい。空を見上げると月が出ていた。
見上げるとお月様が
踏切手前にある公園のフェンスには点々と明かりが灯されている。
JR伊那北駅近くの公園
電車が入ってくる。
JR伊那北駅に列車が入ってきた
伊那北駅はそっけない感じだ。
JR伊那北駅の夜
近くの店がクリスマスの電飾をしていた。
駅前の商店街
18時近くになったので昭和軒へ。
伊那・昭和軒
18時までに全員が揃い、宴会開始となる。まずはビールで乾杯だ。
昭和軒で宴会・ビール
2杯目以降はハイボールを飲む。
昭和軒で宴会・ハイボール
次から次へと料理が運ばれてくる。何度食べても美味い。
昭和軒の料理
20時過ぎで一旦お開きとなり、次は徒歩数分のお店で二次会となる。
近くのお店で二次会
ここでジャンケン大会が行われ、結構負けたけれどTシャツを戴くことができた。
じゃんけん大会で貰った特製Tシャツ
# K社長、有難う御座いました。m(_"_)m
その後も飲みながらおしゃべりし続け、21時半でお開きとなる。半分近くの参加者が3次会へと流れていった。
3次会へ向かう組と分かれる
拙者はお店を出て真っ直ぐ宿へ戻る。宿の方向は人通りが殆ど無い。
宿へと向かう
宿に戻り、メールを一通りチェックしたら歯を磨いて寝る。22時前に寝るなんて久し振りだなー。

 翌日11日は早くから目は覚めていたものの、外がまだ暗いのでそのまま布団の中に居続けて7時過ぎに起床。パソコンでメールやニュースを一通りチェックする。
 8時半に部屋を出てロビーへ。ここでまた宿のご主人と話し込んで9時20分に宿を出発する。
一晩お世話になった美義屋
車に乗り込んでメーターを見ると、気温が2度しかない。
気温は2度しかない
持ってきたカメラにフィルムをセットする。今回持ってきたのはローライフレックス2.8Fとマミヤ6(とG80mm)だ。
持参したRolleiflex2.8FとMamiya6+G80mm
ポジとモノクロの2種類で撮影する為、2台必要なのだ。

 セットし終わったら、国道153へ出て南下する。数十分走り、以前から気になっていた場所の近くで車を停めて撮影する。
以前から気になっていた場所
モノクロとカラーで撮影するので、案外時間が掛かる。
 更に、もう一ヶ所気になる場所へと進み、駐車スペースに車を停めた。歩いて橋を渡り、少し川を下ると看板が出ていた。
リバーランド天竜川猿岩水面展望台
本当はこの位置で撮影したかったが、木の枝が多くて撮影できない。
枝が多くて撮影できない
仕方なく、展望台で撮影する。
展望台から撮影
車の方へと戻りながら撮影する。
天竜川と橋

天竜川に架かる橋
帰宅後に調べたら、川沿いに遊歩道が整備されているらしいと判る。こりゃぁまた行くことになりそうだなぁ。

 国道153に戻って南下し、トイレ休憩も兼ねて道の駅「田切の里」に入る。
道の駅・田切の里
ここで和菓子などを買う。
道の駅で購入したしょうが砂糖漬けと氷もち


 再び走り出すが、やはり以前から気になっていた台城公園へと寄り道する。
台城公園の入り口
季節によってはツツジが奇麗らしい。
ツツジの看板
土地の形状を生かした小規模なお城だ。
台城公園の案内看板
歩道を歩くと結構アップダウンがある。
公園内の歩道は結構高低差がある
本丸のあった場所はかなりの広さがある。
本丸のあった場所は結構広い
周囲の木が大きくなって川が見える場所は限られているけれど、当時は眺めが良かったのではないだろうか。
本丸のあった場所から見る天竜川
公園として整備するだけでなく、当時のお城を再建すれば、立派な観光地になりそうな感じだ。

 再び国道153に戻って南下する。JR元善光寺駅のかなり手前から交通量が多くなり、「もう飯田は近いな」といつも思う。飯田ICを過ぎると徐々に交通量はガクンと減る。人家が少なくなるから当然か。
 12時を過ぎたので、阿智村のショッピングタウンピアの駐車場に車を停める。
阿智村・ショッピングタウンピア
ここで昼食を買い込み、車内で食べる。
ショッピングタウンピアで買った昼食
合計360円弱。コンビニだともっと高くついただろうなぁ。

 食べ終わったら走り出す。今回もそのまま国道153を進む。寒原峠での気温は2度だが、周囲に雪は無い。車内は暖房していないと直ぐに冷えてくる。標高が高いだけあって、流石に寒い。
 トイレ休憩に道の駅信州平谷に入る。
休憩した道の駅・信州平谷
道の駅は人が少ないので、停まっている車の大半は温泉施設の利用者らしい。

 再び走り出す。国道153はウネクネしたカーブが多くなると愛知県堺は近い。豊田市稲武町の交差点で国道257へと進んで岐阜県に入る。国道19は信号が多くてあまり走りたくないので、恵那市岩村で国道363へと進む。
 明知鉄道山岡駅近くで県道33へ。遅い軽トラが蓋をしていて10分ほどの間ノロノロ運転を強いられる。蓋が無くなったらスムーズに流れ、淡々と進む。
 そのまま進んで県道20に合流、瑞浪市稲津町で県道66へと進む。道の駅土岐美濃焼街道を通り過ぎ、交差点「旭ヶ丘北」を右折、県道69へと進む。市街地だから交通量が多い。
 JR中央線の線路をくぐって国道21に入ると交通量はぐっと減るものの、可児市に近づくと交通量がまた増える。県道349を進んで国道41に入ると、流石に交通量は多い。犬山市善師野で尾張パークウェイ(県道461)に入ると、こちらは交通量が殆ど無い。スムーズに進んで県道183に入り、16時過ぎに無事自宅に到着。
 年内のイベントはこれで全て終了、来年は新年会でスタートだ。

 今回撮影した場所以外にも気になっている場所は未だ幾つかあるし、国道以外を走れば更に気になる場所が増えるかも知れない。これからも寄り道は増えそうだな。(笑)

テスタロッサで東急リゾートタウン浜名湖へ [フェラーリ]

 本日26日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の今年最後のツーリングに出掛けた。目的地は三ヶ日なので、先日テスタロッサを引き取りに行った時に直接現地で向かうと事前に知らせておいた。

 集合時間を聞いていなかったけれど「10時半過ぎに三ヶ日ICを出る位で良いかな?」と思い、自宅を9時過ぎに出発する。
 県道175・県道157・国道155などを通って小牧ICを目指すが、大口町内の道路は何故か大型トラックが沢山居てなかなか前に進まない。いつもより10分ほど余分にかかって小牧ICから東名道に入る。
 土曜なのに業務用のトラックがとても多く、巡航速度は追越車線でも90km/hも出ていない。2車線とも車で一杯で、身動きが取れないという感じ。殆ど膠着状態のまま豊田ICを通り過ぎる。豊田JCTを抜けると少し交通量が減って走り易くなる。急ぐ理由は無いので車の流れに沿って淡々と進む。
 トイレに行きたくなったので新城PAに入る。テスタロッサを停めた位置がたまたまバイク用駐車スペースの前だったせいか、ライダーから声を掛けられて5分ほど談笑。トイレを済ませたら、直ぐに走り出す。

 三ヶ日ICへは10時40分頃到着したが、ICを出た所には誰も居ない。「先に行ってるかな?」と思い、そのまま県道85を進んで東急リゾートタウン浜名湖に入り、車を停める。クルーザーって海の上に浮かんでるのを見るとそんなに大きさを感じないが、テスタロッサと比べると流石にデカいねぇ。
クルーザーはテスタロッサよりも遥かに大きい
K社長に連絡したら「岡崎PA近くに居るから、あと30分弱でそっちに着くよ。」時間があるので「一寸そこいらを歩いてみるか」と海側を歩く。良い眺めだ。
東急リゾートタウン浜名湖の岸辺
東急リゾートタウン浜名湖の岸辺
波打ち際が太陽の光で輝いている。
波打ち際の輝き
こういう木があちこちにあって、リゾート気分を盛り上げている。
リゾートタウンの木
係の人曰く「11時半からと伺っております」とのことだったが、その時間になっても誰も来ない。「どーなっちゃった?」と思っていたら、11時40分過ぎにようやく信州組が到着。「道を間違えて遅くなった」だって。相変わらずいつも通りだなぁ。(笑)でも、いなさJCT周辺の表示は分かり難くて、拙者も初めて通った時は間違えたから、まぁ無理もない。

 静岡組がまだ来てないけれど、お昼なので早速バーベキュー開始。食材が運ばれてきた。
今日の食材
早速焼いて頂く。焼いている最中に静岡組も到着。
焼き上がった肉など
初めのうちは拙者も焼いていたので、焼いている最中の画像は殆ど無い。(笑)
バーベキュー中
肉類を全て焼き終わったら、Yさんからの差し入れで富士宮焼きそばだ。
富士宮焼きそば
肉が無いけれど、塩コショウとソースで味を調える。
富士宮焼きそば調理中
出来上がったら戴く。
出来上がった富士宮焼きそば
モチモチの麺がとても美味しい。けれど、一寸味が薄かったかなぁ。
次は普通の焼きそばを作る。
普通の役そば作成中
こちらも普通に美味しい。
 食材全てを平らげたら、Nちゃんがマシュマロを取り出して何やら温め始めた。
マシュマロを温めているところ
薄いきつね色になったら、ビスケットに挟む。
焼いたマシュマロをビスケットに挟む
これが驚くほど美味しい。へぇー、こういう食べ方もあるんだねぇ。
 食べ終わってからはおしゃべりを楽しむ。伊那周辺は積雪で真っ白だそうだが、ここはポカポカ陽気で気持ちが良い。

 テスタロッサを引き取りに行った翌日から信州は雪が降り、伊那では昨日の朝は-10度、今朝も-4度ほどだったとか。今朝の自宅周辺の気温は5度程度だったから、やっぱり信州は寒い。
 雪で参加不能になってしまった方も多く、今回は車4台と今までで最小の規模となった。
今日の参加車両
今日の参加車両
14時半を過ぎたのでお開きとなる。片づけて各自車に乗り込み、三ヶ日ICから東名道に入り、それぞれの方向へと走って行く。

 信州組とは三ヶ日JCTで別れ、朝来た道をそのまま戻る。
 交通量は多くなく、主に追越車線を淡々と進む。豊田ICを過ぎた辺りから交通量が増え、東名三好ICを過ぎる頃には朝と同様巡航速度が90km/h前後まで落ちる。そんな中を流れに任せて進むと春日井ICで交通量が減ったものの、小牧JCTでは大量の車が流れ込んできて巡航速度がぐぐぐっと落ちる。お腹が一杯だったのでお土産を買う気にはなれず、どこにも寄らずに自宅へと向かう。
 小牧ICで降りて朝来た道を戻り、自宅近くのスタンドで給油して16時半前に無事自宅に到着。本日の走行は221㎞、燃費は8.2㎞/L。

 自宅を出る時には「屋外だから寒いかも」とダウンジャケットを羽織って行ったが、穏やかな天気で寒さは感じず、汗ばむほどだった。
 今回で今年のツーリングは終了だ。残るイベントは来月の忘年会のみとなるが、そちらも楽しみだ。

テスタロッサ修理完了 [フェラーリ]

 前回のツーリングの帰り道、ロッソ・コルサにテスタロッサを預けて代車ADワゴンで帰って来たが、修理が出来上がったという連絡を先週貰っていたので、今日引き取りに出掛けた。修理を依頼したのは
  1. 配線盤の焼けた部分の修理
  2. 右ロービームが暗いような気がする
  3. ハンドルを切ると、フロント側から擦っているような音がする
の3点である。

 朝7時45分頃に自宅を出発、県道183を進むがトラックが多くて巡航速度はいつもよりかなり遅め。県道461・県道49は交通量は多くなく、8時半前に小牧東ICから中央道に入る。
 休日で紅葉の時期とあって乗用車が非常に多く、少々走り難いほどだ。桜や紅葉は人間の都合とは無関係だから、まぁ仕方ないわなぁ。
 頻繁に覆面パトを見かけるし、代車は排気量が1.5Lという事もあって、いつもより巡航速度を下げてゆっくりと進む。走行車線を延々と走っていると、そこそこのスピードで抜いていく車は殆どが家族連れと思しきセダンだ。交通量が多いせいか、すっ飛んでいく車は皆無。これでは覆面パトも餌を探すのが大変だろうな。(笑)

 恵那山トンネルと抜けてしばらくすると、そこそこ晴れているのに車内が寒くなって来た。寒さに備えてバイク用ウィンタージャケットを着てきたが、下半身はGパンだけなので、下から徐々に冷えてくる。飯田山本ICの手前でヒーターのスイッチを入れた。
 飯田ICを過ぎると交通量が半減、同時に流れも良くなって覆面パトの動きも活発になる。大人しく走行車線を走っていたので餌食にならずに済んだ。
 ノンストップで走っていると何となく腰が痛いような感じになって来たので、小黒川PAに入って車外に降りて体をほぐす。
代車のADワゴン
空は雲が一寸多めだ。
小黒川PAから見る空
この辺の葉は既に大半が落ちていた。
小黒川PAの紅葉は終わりがけ
休日だからか、停まっている車は結構多い。
小黒川PAには結構車が停まっている
5分ほどで再び走り出し、伊那ICで降りて県道87・県道19と進んで10時過ぎにロッソコルサに無事到着。ちなみに、自宅からここまで155kmほどである。

 テスタロッサは、問題となった3点全てがきちんと修理されていた。
  配線コネクタの焼けた部分は端子を通さず盤から直接配線となった。端子盤を見ると、確かにコネクタの2か所に配線が無い。
テスタロッサの端子盤
焼けたコネクタの部分は配線を迂回した

 ライトが暗いのは反射板がくすんでいた為だったらしいが、念の為にH4バルブも新品に入れ替えた。古いバルブはまだ使える状態なので、予備として取っておくことに。
古いH4バルブは予備に取っておく

 擦るような音がするのは、タイヤハウスにタイヤが僅かに当たっていた為だった。今履かせているタイヤは標準よりもやや外径が大きいらしい。タイヤハウスのFRPを修正加工して貰い、逃げを大きくした。

 ロッソ側の判断で足回りもチェックしたら、他にも不具合が隠れていたのだそう。
 具体的にはステアリングラックブーツとアッパーボールジョイントブーツに亀裂が入っていた。幸い、ベアリングが水分で傷むところまでには至っておらず、ブーツ交換で済んだ。ビニル袋に入っているので分かり難いが、確かにどちらも亀裂が入っている。
交換したブーツ

交換したブーツ
純正品のブーツは既に入手不能なので、合いそうなものを選んで加工して使ったんだそう。
 他に、ギアが少々入り難い状態だったので、ギアオイルも交換となった。

 序に15分ほど話をしてからテスタロッサで出発する。
 来た道を戻って伊那IC手前のスタンドで給油してから中央道へと進み、直ぐに見えてくる小黒川PAに入る。
小黒川PA下り
勿論、「りんご乙女」と「高遠まん頭」を買う為である。売り場の試食で味が気に入ったので「野沢菜のしぐれ」も一緒に買った。
小黒川PA下りで購入した野沢菜のしぐれ・りんご乙女・高遠まん頭
このPAからは南アルプスの山々が良く見える。
小黒川PA下りから見える山々
西の方に行くに従って雲がやや多くなる。
小黒川PA下りから見える山々
小黒川PA下りから見える山々
各山の説明が書かれた看板があって分かりやすい。
小黒川PA下りにある山名を説明する看板
北を見ると山は雲を被っていて、よく見ると雪が降っているらしかった。
北側の山は雪が降っているような感じ
再び走り出す。
 急ぐ必要は無いので、のんびりと走行車線を進む。交通量は少なくて、時々前後に車が居なくなって走っているのが拙者の一台だけになることも。
 ゆっくり走っていた為か覆面パトは全く見かけず、淡々と進んで12時半頃に小牧東ICで降りる。

 朝来た道を戻ると、県道461までは順調だったが、県道185に出る市道は何故か数珠つなぎ。寂光院や善光寺山公園の紅葉を見に来た車で溢れているらしい。
 数分経っても全く動かないので、諦めてモンキーパークを抜けて成田山名古屋別院の前を通る道へと進むが、こちらも名古屋別院の前まで渋滞していて全く動く気配が無い。
 仕方ないので、少し戻って県道64を西へ進んで名鉄犬山駅を迂回し、市道を抜けて県道183へと入った。犬山城周辺は、紅葉の時期は鬼門だな。
 後は順調に進んで、自宅には13時15分頃に無事到着。犬山で迂回を繰り返したので、ロッソ・コルサからここまで162.4kmと、一寸多めの距離となった。

 これでテスタロッサは再び快調となった。これで安心して乗っていられるね。

テスタロッサで富士宮市へ [フェラーリ]

 10月29日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、静岡県富士宮市へと出かけた。今回はツーリングの帰りにテスタロッサを預けて修理して貰う。

 というのは、先日給油しようとエンジンを掛けたらアイドリングしないという症状が発生してしまったのである。5分ほど暖気してもアイドリングせず、走り出してもクラッチを切るとエンジンがストールしてしまう。とてもじゃないけど、これではまともに走れない。
 ロッソ・コルサに連絡したら「以前問題を起こした端子盤じゃない?」と言われ、以前問題になった部分を見ると、端子を覆う樹脂カバーが焦げて真っ黒になっていた。
真っ黒になった端子の部分
接触不良でスパークが発生し、その熱で焦げたようだ。内部見ると、端子が妙に開いている。
端子が開いて接触が甘くなっている
細いマイナスドライバーで端子の形状を元に戻し、エレクトロニッククリーナーで洗浄してから端子盤に嵌め、エンジンを掛けたらちゃんとアイドリングするようになった。
 このままではいずれ再発するのは目に見えているので、この部分を修理して貰うことにしたのである。

 29日、自宅では夜中に雨が降っていたけれど、朝になったら路面は濡れているだけで降っていない。傘は必要無さそうだ。
 9時半に諏訪湖SAに集合なので、いつもよりもややゆっくり。しかし、土岐JCTの渋滞が年々激しくなっていて時間が読めない為、余裕を見て6時半に出発する。

 県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と走るが、朝早いのにトラックが多くて時間が掛かる割には前に進まず、50分弱かかって小牧東ICから中央道に入る。
 中央道は交通量がやや少な目で走り易い。恵那山トンネルのだいぶ手前で腕時計を見ると7時49分を指している。「これなら十分間に合ってお釣りが来そうだな。」
♯ この時点で気が付かないというのが、我ながらナントモカントモ...ですな。(^^;)
時折遅い車を抜かしながら淡々と進む。飯田ICを超えると交通量は大幅に減って、とても走り易くなる。
 駒ヶ根ICを抜けた辺りで急にトイレに行きたくなり、「小黒川PAに寄ろう」と思いながら「さて、今何時?」と腕時計を覗き込んだら7時49分。「ふーん、まだ7時49分なら早過ぎる位だな。」と思ったが、「あれ?...さっきと時間が同じじゃん!」と気が付いた。電池切れで時計が止まっちゃったのだ。
途中電池切れで止まってしまったSKAGENの腕時計
視線の移動が大きくなるので普段はあまり見ないテスタロッサの時計を見ると、8時半をだいぶ過ぎていた。そのまま小黒川PAに入ってトイレへ。
トイレ休憩で入った小黒川PA
スッキリしたら再び走り出す。
 相変わらず交通量は少なくて、覆面パトは全く見かけなかった。岡谷JCTを抜けて諏訪湖SAには9時10分過ぎに到着。参加者が続々と集まってくる。
諏訪湖SAに集まった参加車両
晴れているけれど、風がとても冷たくて寒い。
諏訪湖SAに集まった参加車両
参加者が揃ったので、次は双葉SAで集まることを全員で確認してから予定通り9時半に出発する。

 交通量は朝よりもやや増えたが、走り難いほどではなく、遅い車を抜かしながら進む。雲は相変わらず多いものの、時々雲が切れて強い日差しが入ってくるようになった。双葉SAではかなり良い天気になっていた。
双葉SAは良い天気
双葉SAに集まった参加車両
双葉SAに集まった参加車両
ここで全員揃ったら、次は朝霧さわやかパーキングに停まることを確認して再び走り出す。
 甲府南ICで降りて国道358へと進む。右左口トンネルを抜けた辺りから何故か巡航速度が低下する。先頭に遅い車が走っているらしい。普段なら4thに入れっ放しのところを、3rdや2ndのギアを使って進むので時間が掛かる割には進まない。燃費もがた落ちだろうなぁ。
 県道113との合流地点辺りから流れが良くなり、淡々と進む。精進湖が見えてきたら国道139へ。この道は交通量が多く、上り坂に差し掛かると巡航速度が急に落ちたりするので、案外ストレスが溜まる。畜産試験場北の交差点を曲がって少し進むと、目的地(有)高恵製作所(Xcely)に無事到着。

 早速バーベキューの準備...とは言っても、既に工業用バーナーで炭は着火済だ。
炭に火をおこしたところ
バーナーを使っているので、火力は凄い。早速焼き始める。ここで野菜類が無いと紙皿などが足りないと分かってKさんが若い女性2名を連れて(!)近くのコンビニまで買い出しに出て行った。
肉を焼いているところ
前回と同様、肉はたっぷり15kg用意したそうだから、足りないという事はまぁあり得ないよね。(笑)
用意した肉は大量だ
焼き上がったら早速頂く。
焼き上がった肉
新鮮な焼きたての肉は流石に美味しい。次から次へと焼き続ける。
肉を焼き続ける
焼き上がった豚肉
「さっきからT野さんが見えないよね?」などと話していたら、建物の中で富士宮焼きそばを作って頂いていた。
作って貰った富士宮焼きそば
モチモチの麺が独特でとても美味しい。
 次から次へと肉を焼き続ける。
バーベキューを続ける
バーベキューを続ける
バーベキューを続ける
肉を焼いている間に、建物の中ではキャベツを調理して戴いた。
調理して戴いたキャベツ
参加者やt野さんからノンアルコールビールを差し入れて頂いた。
飲んだノンアルコールビール
金網が反ってきたので、途中から支えの金属棒を入れた。その後も焼いては食べ、を繰り返す。
焼き上がった肉
3時間ほど食べ続けたらお腹が満腹になる。その後は談笑して過ごす。
バーベキュー参加車両
15時半過ぎ、突然Sさんが登場!
Sさんがコルベットで登場
2年振りにお会いする。なんでもコルベットの修理が色々と大変だったそうで、7月末に完成納車されたものの、その後も調子が悪くてツーリングに参加できない状態が続いたのだとか。今日も朝からエンジンが掛からず、すったもんだしてようやく始動できたので、車の様子を見がてら来たのだそう。
 ところが、途中で「なんだかおかしい」と注意深く見たら、タコメーターがゼロを指していて動かない状態になっていたそう。エンジンを止めると再始動できるかどうかが不安だそうで、しばらくエンジンを止めないままの状態に。

 参加者が寄ってたかってあちこちを見る。エキゾーストノートは脈を打っていて、1気筒か2気筒が爆ぜていないような感じ。メーターパネルを見ると、確かにタコメーターの針はゼロを指している。パネル内の電圧表示を見ると13.3Vと妙に低い。
 更に、あえて一旦エンジンを止めると、何故かメーターパネルの照明などが消えない。電装系のどこかがおかしいようだ。再始動しようとすると、セルの回り方が妙に思い。「キュールキュール」と長いこと回したらようやく始動した。が、表示される電圧はやっぱり低い。
 K社長が「このままだと家に着く前にエンジンが止まるかも知れないな。」止まるだけならまだしも、事故にでもなったらそれこそシャレにならないので、Sさんはここにコルベットを置いてFさんのF355に乗せて貰うことになった。

 T野さんのお知り合いのグループが16時前にお帰りになり、我々も16時過ぎに出発の準備を始めた。
 大雑把に片づけて双葉SAで集まることを確認し、さぁ出発!と思ったら、今度はYさんのF355のエンジンが掛からない。セルモーターが固着しているらしくて、キーをひねっても「(シーン)...。」T野さんに長い木の棒を借りてセルモーターを何度も叩くが、一向に動く気配が無い。「よっし、押し掛けだ!」
 拙者も含めて4名で車体を後ろから押し、Yさんが2ndに入れてクラッチをつなぐと「ブォーン。」無事動き出した。「MT(マニュアルトランスミッション)だから押し掛けできたけど、これがオートマだったらアウトだよなぁ」などと皆で笑いながら各自の車に乗り込む。
 Tさん夫妻に見送られながら16時10分過ぎに走り出す。

 来た道をそのまま戻るが、帰宅の時刻だからか交通量がやたらと多い。精進湖を見ながら国道358を進むと、行きと同様巡航速度が遅くて4thギアは使わず2ndや3rdばかり。燃費が悪くなりそうだなぁ。
 周囲がどんどん暗くなる中を進み、甲府南IC近くまで来たら真っ暗になる。夏じゃないから陽が落ちるのも早い。双葉SAは帰りと思しき乗用車やバスが多く止まっていた。暗いせいか、シャッター速度が遅くてブレている。
再び双葉SAに集まった参加車両
再び双葉SAに集まった参加車両
全員揃ったら「今日はお疲れ様でした!」ここで五月雨解散となった。拙者はテスタロッサ修理の為、皆さんと一緒にロッソコルサへと向かう。

 交通量の多い中、遅い車を抜かしながら進んで岡谷JCTを抜け、伊北ICで降りる。国道153(伊那バイパス)を進み県道19をほんの少し南へ走ってロッソコルサに到着。ここで缶コーヒーをご馳走になりながら少し談笑する。11月が今年最後のツーリングで、12月は忘年会という話が出た。
 19時過ぎに代車(日産ADワゴン)を借りて出発、県道19・県道87と走って伊那ICから中央道に入る。小黒川PA(下り)に入って、「まだ小黒川PAまで来たところだから、帰宅は21時か22時位になりそう。昼たっぷり食べたので夕食は要らない」と自宅に連絡を入れる。売店で、いつもの高頭まんじゅうをお土産に買う。
小黒川PA(下り)で購入した高頭まんじゅう
こちらに来たからには、買って帰らなきゃ、ネ。
 再び走り出すが、交通量はとても少なくて走り易い。時折やたらと飛ばしてる車が追い抜いていくが、無理して飛ばす理由は無いので淡々と走る。
 途中渋滞することも無く、すんなりと小牧東ICに着き、朝来た道を戻って21時10分過ぎに無事自宅に到着。

 今回は色々とあったが、結果としては無事にツーリングを終えることができた。焼肉の煙に乗って脂がだいぶ車体に飛んでいたが、テスタロッサは預けたままなので洗車は戻ってきてからだな。(笑)

テスタロッサでアクティ森へ [フェラーリ]

 9月24日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、静岡県森町へと出かけた。自宅から直接静岡県へ向かうので、前日に「遠州森町PAで待ってます」と事前に連絡を入れておいた。

 長野県から来る一団は駒ヶ根SAを9時に出発するという話だったので、「10時半頃までにPAに着いていれば良いだろう」と、8時半頃に自宅を出発する。自宅周辺は曇ってるだけで雨は降りそうにないので、ついつい傘を持たずに走り出してしまい、国道155で小牧まで走り、小牧ICから東名道に入る。雨は降っていないが、路肩が所々濡れている。交通量が非常に多くて、追越車線でも90km/h程度しか出せない。「まーぁ、時間はあるから焦らずに」と思いながら進む。
 名古屋ICを過ぎると徐々に交通量が減って走り易くなり、巡航速度も徐々に上がって行く。「ようやく走り易くなった」と思ったのも束の間、何故か前方で走行車線と追越車線の両方が数珠つなぎになっている。「なんじゃ、ありゃぁ?」数分後にはその最後尾に着いてしまうが、2車線とも塞がっているので仕方なくそのまま追走する。東名三好ICを過ぎると急に追越車線の車が加速しだしたので「へぇ?」と思いながらICへと降りる道の方を見たら、黒いクラウンの覆面パトが走って行った。「そうだったのか...そりゃぁ抜くに抜けんわなぁ。」

 「これでスッキリしたから走れ...ん?なんで数珠つなぎになってるの??...また覆面かよぉ!」すんなり進んだのはほんの数分だけ、またしても覆面渋滞が発生。「これじゃぁ低速道路だよなぁ。(溜息)」幸い、豊田JCTで新東名道に入ったら、覆面パトは付いてこなかった。やれやれ。(笑)
 ここからは快適な速度で進む。だが、空がとても重たい感じ。(汗)「こりゃぁ一雨来るかな?」と思いながら走っていたら、三岳山トンネルを抜けたら少し強い雨になる。が、進むうちに小降りになり、相変わらず空は降りたいような顔をしているけれど徐々に止んだ。

 10時半よりもだいぶ前に遠州森町PAに到着。雨は降っていないし、路面も濡れていない。周囲の景色を眺めながら長野県勢を待つ。ユリは森町の町花なんだだそうな。
遠州森町PAの庭に咲く花
西の方向を見ると遠景が霞んでいる。
遠州森町PAの西方向は雨で霞んでいた
「あれ、随分と霞んでるなぁ...え?ひょっとして、あっちではもう雨が降ってる??」デジカメを望遠にして撮影してみたら強く霞んでいる。やっぱり降ってるみたい。
西側はすでに降っているようだ
「こりゃ、そのうちに降り出すな」と思ったら、案の定5分ほど経って降り出した。「しまったなぁ、傘持って来なかったぞ」と思ったけれど、後の祭りである。

 しばらくして静岡から参加のYさんが登場、2人で長野勢を待つ。Yさんは静岡市で強い雨に降られたそう。
 雨が段々強くなる。Yさんによると11時に待ち合わせと決めたそうだが、10分近く経っても誰も来ない。そこでYさんが連絡したら、小さい方の駐車スペースに居るという。そちらに向かうと、1台以外は既に到着済みだった。長野方面は降っていなかったけれど、静岡県に入ったら降られたそうだ。
 今回は仕事や学校の運動会などと重なって参加人数が少なく、まだ到着していない1台も含めて7名。なんでも遅れて現地で参加する人があるらしい。
 そのうちに残り1台も到着。全員揃ったので出発し、そのままスマートICから出て下道を進む。県道58・県道399と走って15分ほどで目的地のアクティ森に到着する。

 なんでも今日は花火大会があるとかで駐車場が制限されていて、一寸離れた位置に停める羽目になった。こんな雨の中、本当に花火大会をやるんかい?傘を持ってこなかったので、車内にあったタオルを頭から被って傘の代りにするが、こんな状態だと屋根が無い場所じゃぁデジカメでも撮影できないなぁ。
 受付で聞いたら「前売り券が完売しているので実施します。花火は雨でも打ち上げできるタイプです」だって。しかも「花火の準備の都合があるので、申し訳ないですが15時までには撤収をお願いします」と。降りしきる中を川の方に向かって歩くと、建物の裏側になる場所がバーベキューの会場になっていた。屋根があるので、傘が無くても大丈夫。ホッとする。
 事前予約制のバーベキューは、箱の中に収められている。
事前予約したバーべキューは、一式が箱に入っている
蓋を開けると、調味料や皿・箸など必要な物全てが入っていた。「一寸足りないかも?」と、がんこ焼きと十兵衛餅をそれぞれ数本ずつ追加した。
箱の中にはバーベキューに必要な物全てが入っている
半分に切ったドラム缶がコンロ代わり、早速炭を入れて火を起こす。
ドラム缶コンロで火を起こす
しかし、着火剤が湿気で弱いのか、炎どころか赤くすらならない。団扇で散々煽るが、それでも火が弱い。
用意された炭の量では、バーベキュー用には少々火力不足
4人前後ならこれで良いだろうが、食材は8人分だから、やっぱり火力が足りない。しかも、コンロが地面に直接置かれているので位置が低く、少し屈んだ姿勢になるので何ともやり難い。とりあえずは焼きそばから着手、調理中ずーっと団扇で扇いで何とか出来上がった。
出来上がった焼きそば
次は栗入りのおにぎりをほおばりながら肉を焼くが、火力が弱くてなかなか進まない。
栗入りのおこわを頂く
「こりゃぁ炭が足りないぞ」と受付に連絡したら「費用に含まれる炭は今ある分だけです。追加は一箱5百円です」だと。しかし、このままでは遅々として進まず、一寸バーベキューには苦しい。
 「しょうがねぇなぁ」と炭を一箱追加し、ひたすら団扇で扇ぐ。すると、徐々に火の勢いが強くなってきたので、肉を焼く時間が格段に短くなった。炭で焼く肉って美味しいねー。
焼き上がった豚肉
「皿が足りない」と受付に連絡したら「10枚百円です」だと。「えぇーっ!?」と一同どよめいたが、無いと困るので百円を差し出した。
 食べながら周囲を見回す。相変わらず強い雨が降り続いている。
バーベキュー会場から見上げる雨の空
川岸方向にはヒガンバナが咲いていて奇麗だ。
IMG_5539.JPG
そうこうしているうちに後発の現地参加グループ7名が到着、再び食材を焼いて提供する。

 ほぼ食べ終わった14時半頃、係員が「花火大会の準備がありますので、申し訳ありませんが15時までには撤収をお願いします」と伝えに来た。食べ終わった後の片づけは係員が全部やってくれるそうだが、ゆっくりする時間が無いのは一寸慌ただしい感じ。
 雨の中を車の方へと戻る。
今日の参加車両
今日の参加車両
静岡方面・長野方面・尾張地方と行き先が違うので、ここで事実上の解散となる。「お疲れさまでしたー!」

 来た道を戻り、遠州森町スマートICから新東名道に入る。雨はやや強めで、ずーっと降っている。そんな中を淡々と進み、豊田東JCTで長野方面の車列と別れて豊田JCTへと進み、東名道に入る。すると、降り方が徐々に弱くなっていった。上郷SAに寄って家族へのお土産を買う。
上郷SAで買った西尾抹茶餅
SAで売られているお土産は大半が乳化剤入りで、添加物が入っていないのはこの餅ぐらいだった。どうして「食べる毒」を濫用するのかねぇ?
# 因みに、本物の抹茶が使われていて、本当に美味しいんだ、これが。
豊田ICを過ぎて東名三好ICを通る頃には雨は上がったが、交通量はどんどん増えて行く。名古屋ICを抜けると交通量が少し減って走り易くなる。淡々と進んで小牧ICで降りて、朝来た道を戻る。自宅近くのスタンドで給油し、17時15分頃に無事自宅に到着。本日の走行距離は293.5km、燃費は7.2km/L。

 自宅では殆ど雨は降らなかったそうだが、現地ではタップリ降り込められた。(汗)
 通常なら延期か中止にするところだろうが、アクティ森は自治体が運営していて融通が利かないので、開催を強行することになった。バーベキューをしていたのは我々のグループだけで貸し切り状態だったけれど、晴れた土日だと予約で満員になっていることが多いんだそうな。
 まぁ、土砂降りの中でバーベキューするなんて滅多に経験できることじゃないから、良い思い出にはなるかも、ね。(笑)

カニと岩牡蠣を求めて能生へ [フェラーリ]

 8月27日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、年に一回の日本海側へと出かけた。

 集合場所は長野道の梓川SA、集合時間は9時。「土曜だけど、朝早く出れば道は混まないだろう」と、自宅を6時半頃出発した。
 ところが、県道183に出たら前方を大型トレーラーがやたらと遅い速度で走っているではないか。「参ったなぁ。抜く所は無いし...でも、大型車だから多分愛岐大橋で曲がっていくだろう。」しかし、結局犬山市内までずーっと付き合わされる羽目に。お陰でいつもの倍の時間がかかってしまった。県道461(尾張パークウェイ)に入ったら交通量はやや多いものの、ようやくスムーズに流れるようになった。県道49から小牧東ICへと進み、中央道へ入ったのはいつもよりかなり時間がかかって7時20分過ぎだった。

 中央道に入って「さぁちょっと気合を入れて走るか」と思ったら、前方には非常に怪しい黒いクランが。「ひょっとしてコイツ覆面?」と思い、敢えて抜かずに後ろを追走する。内津峠手前で覆面に気が付いていないセダンが3台連なって覆面を勢い良く抜いていったので「ありゃぁ危ないぞ」と思ったら案の定、覆面が赤色回転灯を出して追いかけていった。「これで走れる」と速度を上げて追い越し車線を少し進んだら、先ほどの覆面が何故か走行車線をのんびり走っているではないか。どうやら後続車を引っ掛けようとしているらしい。「フン、そんな手に引っかかるかよ」と、覆面よりも数台後ろに付いて、しかもだいぶ速度を落としたので覆面はどんどん前の方へと離れて行き、土岐JCT手前ではすっかり見えなくなった。

 JCTから流れ込んでくる車で交通量が一気に増え、速度を上げたくてもなかなか思うように進めない。恵那ICを超えると交通量がだいぶ減って走り易くなり、巡航速度を上げる。が、恵那山トンネルの少し手前で左側から変な音がするのに気が付いた。「ん?何の音だ...ひょっとして、ホイールロックナットが緩んでるのか?」ハンドルを少し動かすと音が変化する。間違い無い、ナットが緩んでいる!仕方ないので速度を落として恵那山トンネルに突入、大人しく進んで阿智PAに入る。
 トランクから工具を取り出して専用スパナでロックナットを締めるが、かなり緩んでいたようでハンマーで軽く叩くだけでスパナが結構回る。気が付かずに走っていたら危なかっただろうなー。(汗)
 停まった序でに、ここで持参した朝食を食べる。小規模PAだが駐車場は7割ほどが埋まっていて、客も車もひっきりなしに通る。先を急ぐので、食べ終わったらすぐに走り出す。

 走り出した時は良かったが、飯田山本ICを超えたら雨が降り出し、座光寺PAのだいぶ手前から激しい雨となった。前方が白くかすんでしまうほどの強い降りで、思うように巡航速度を上げられない。しかも、遅いトラックが走行車線と追い越し車線の両方を塞いでたりするので、もうお手上げ。蓋をしているトラックがどくのを待つが、強い雨で追い越し車線でも速度を出せないのか、全然どいてくれず、時間をかなりロスしてしまった。伊那ICを過ぎたら雨は弱くなったが、岡谷JCT手前で既に時刻は9時を過ぎてしまい、少々焦る。
 JCTから長野道へと進むと、こちらは結構交通量が多い。巡航速度を上げるのが難しく、時間だけがどんどん過ぎて行く。塩尻IC手前で会長から電話があり、同乗している子供に出て貰う。9時20分にようやく梓川SAに到着、参加者全員が既に揃っていた。
梓川SAに集まった参加車両
梓川SAに集まった参加車両
出発時間の9時半に間に合って良かったぁ。(ホッ)
梓川SAに集まった参加車両
次は、北信方面の参加者と待ち合わせている松代PAに入ることを全員で確認してから、予定通り9時半に走り出す。

 時折雨は降るものの、強い降りではない。が、事故を起こしたら元も子もないので、やや慎重に進む。更埴JCTを過ぎて薬師山トンネルを抜け、ほぼ全車両が固まって松代PAへ。
松代PAで参加者全員が揃った
ここで参加者と無事合流し、本日のツーリング参加者全員が揃った。幸い、雨は止んでいる。
松代PAで参加者全員が揃った
松代PAで参加者全員が揃った
このまま直接現地に向かうにはやや距離があるので、次は新井PAに集合すると決めて走り出す。

 信州中野ICを過ぎた頃から雨が降り始め、信濃町ICからは時折やや強い雨となる。慎重に進んで新井PAで車を停める。
新井PAに集まった参加車両
やや強い雨が降り続いている。
新井PAに集まった参加車両
空全体が重い感じで、雨は止みそうもない。次は能生ICを降りて直接目的地で集合することを確認してから走り出す。

 上越JCT手前で雨は止み、路面の状態も良くなる。JCTを金沢方向へと進むと、路面は乾いている所が多い。上越市内は雨は殆ど降っていないみたいだ。次々とトンネルを超えて能生ICで北陸道を降り、県道88を少し走って国道8へ。国道8を上越方向へと進むと、目的地・道の駅マリンドリーム能生が見えてくる。海の見える駐車場は満車で、敷地北端の駐車スペースに停めた。少し歩いて、鮮魚センターのある建物へと向かう。
マリンドリーム能生の中を歩いて移動中
牡蠣やカニの前に、本館2階の食堂「味干汐路 番屋」で昼食。拙者は刺身定食を頼んだ。
マリンドリーム能生本館2階で食べた刺身定食
自宅周辺のスーパーだと刺身といっても味はしないけれど、流石漁港に近いだけあって刺身が美味い。
 食べ終わったら、鮮魚センターへカニの買い出しへ行くグループと机や椅子を用意するグループに分かれて行動する。拙者は机椅子を用意する方に回った。
 準備ができたら、早速カニを頂く。
IMG_5134.JPG
手がベタベタになるなるし、食べるのに夢中になっていたので、カニの画像はこれだけしかない。(笑)

 カニをたっぷり食べたら、再び鮮魚センターへと向かう。
鮮魚センターへ行って岩牡蠣を買う
次は岩牡蠣を頂く。お店で開いて貰った生の牡蠣にレモンを直接絞って食べる。これが絶品なのであーる。
特大の岩牡蠣
自宅周辺で売られている牡蠣は小さなものばかりだが、こちらの岩牡蠣はサイズがとても大きくて、大人の掌ほどもあるから、食べ応えもタップリだ。
岩牡蠣は大人の掌ほどある
牡蠣を堪能したら、売店を回って土産を買う。どれにするか迷ったが、妻と母の為に岩牡蠣を2つと、子供が気に入ったという縮緬雑魚を2パック購入した。
購入した縮緬雑魚
この雑魚は岩牡蠣を捌く間「どうぞ」と牡蠣を買ったお店が出してくれた。自宅周辺で売られている物は塩気が強いけれど、これは塩気があまり感じられないのに、実に美味い。

 14時半過ぎになったので、そろそろ帰途に就く。複数の参加者が長野ICで降りるそうなので、まずは小布施PAで一旦集まることにして走り出す。ここでは帰る時まで雨に降られず、大いに助かった。
 来た道を戻って能生ICから北陸道に入り、上越JCTで上信越道へと進むが、南下するに連れて雨が強くなる。トンネルが続く区間では、トンネルを出る度にハイドロプレーニング現象に見舞われるので、慎重に慎重を重ねて走る。
 時折激しい雨の降る中を進んで小布施PAに無事到着。雨が降り続いているので、全員が揃ったらここで小解散となった。次は寄りたい人は梓川SAに入ることを確認してから走り出す。
 雨は止んで走りやすくなり、順調に進んでほどなく梓川SAに到着。
梓川SAに到着した参加車両
梓川SAに到着した参加車両
ここで最終の解散となった。
梓川SAに到着した参加車両
既に16時近く、自宅へ「19時半頃の帰宅になりそう」と連絡を入れてから走り出す。

 岡谷JCTまでは雨は殆ど降らなかったが、中央道に入ったら降ったり止んだりの繰り返し。甲府方向の車線には覆面パトを沢山見かけたが、不思議と名古屋方向には居ない。淡々と進んでノンストップで小牧東ICまで走って中央道を降り、朝来た道をそのまま戻って自宅へと向かう。自宅近くのスタンドで給油し、19時15分過ぎに無事自宅に到着。本日の走行距離は746.5km、燃費は7.7km/L。

 8月下旬は台風の接近が多く、天候の悪い日が多い。しかし、岩牡蠣は9月から禁漁期間に入ってしまうので、多少の雨ならツーリングを強行することが多い。今回も天気予報の降水確率から降ることはほぼ確実だったが、岩牡蠣の魅力の方が勝った、ということだ。
 今回はカニを買わなかったが、次回は是非買って帰ろう。

テスタロッサで浜名湖畔へ [フェラーリ]

 テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、何回も行っている東急リゾートタウン浜名湖に行った。ツーリングは春から毎月開催されているけれど、追突事故で右手首を痛めてMT車を運転できない状態が長く続いたため、今年初の参加となる。テスタロッサを動かすのも事故以来今日が初めてである。
 まだリハビリで通院しているのだが、いつものようにA170で病院まで往復してからテスタロッサに乗り換えて出発すると時間が掛かってしまう。だから、テスタロッサに乗って病院へ行き、リハビリを終えたらそのまま集合場所へ向かう事に。出発が遅くなるので、事前に「病院に行ってから向かうので遅れるかも知れないから、直接現地に行く」と連絡しておいた。

 病院は9時からだが、連日大勢のリハビリ患者が押し寄せるので、テスタロッサの爆音を轟かせながら20分前に病院に到着。
# 朝からお騒がせしてすいませんでした。m(_"_)m > 整形外科の皆さま
でも、受付を済ませたら38人目。皆さん早いのねー。(汗)
 9時きっかりにリハビリが始まり、一つ目は直ぐに始められたけれど2つ目は待ち行列で10分ほど待たされ、リハビリが終わったのは9時半。直ぐにテスタロッサに乗り込み、小牧ICから東名道に入って静岡方向へと進む。お隣の県だから距離は大した事無いが、いつもより出発が遅いので少々焦り気味で進む。一面の雲で青空は全く見えないが、雨の心配は無さそうだ。
 土曜日とあって、交通量は多い。名古屋ICで大量の車が流れ込んできたためか、巡行速度が一気に70km/h台まで落ちたが、10分程度進んだら元の巡航速度に戻ってホッとする。
 途中でトイレに行きたくなったので新城PAに寄ったが、先を急いでいるので売店を覗かず、直ぐ車に戻って走り出す。
 三ヶ日ICを出たら、IC脇の駐車場に参加者の皆さんが集まっているのが見え、偶然だが無事合流できた。県道85・県道310と進んで、目的地の東急リゾート浜名湖に到着する。
ツーリング参加車両
ツーリング参加車両
こちらは雲が結構少なくて日差しが強く、かなり暑い。
東急リゾート浜名湖から見る浜名湖
東急リゾート浜名湖から見る浜名湖
ちなみに、伊那周辺は曇っていて、そんなに暑くは無かったそう。
 静岡方面からの参加者も到着して全員揃ったら、早速バーベキューを始める。東急リゾート側が予め炭火を起こしておいてくれたので楽ちんだ。
用意されたバーベキュー台は3つ
前回よりも肉の内容がグレードアップされているような気がするけど、気のせいかな?(笑)
今回の食材
早速焼き始める。
バーベキュー開始
バーベキュー開始
焼き上がったら、直ぐに頂く。
焼き上がった富士宮焼きそば
焼き上がった牛肉豚肉
焼き上がった鶏肉烏賊
食べ終わるまでひたすら焼き続ける。
焼きそば作成中
焼き上がった焼きそば
お腹一杯食べたら、ドリンクを飲みながら談笑して過ごす。参加者の中に最近誕生日を迎えた人があったので、バースデーケーキが運ばれてきた。そのおすそ分けを貰う。
誕生日祝いのおすそ分けのケーキ
生地にマンゴーが練りこまれていて、それがホイップクリームのしつこさを打ち消し、実に美味しい。
 13時半過ぎから雲が徐々に厚くなって少し涼しくなってきた。のんびり過ごして14時半でお開きとなる。

 静岡方面へ帰るグループに見送られながら走り出し、来た道を戻って三ヶ日ICへ。
 皆さんはいなさJCT経由で信州方向へと帰るので、三ヶ日JCTで別れて拙者のテスタロッサのみ東名道を進む。新城PAに寄って、家族用のお土産を買う。妻は乳化剤入りの物は食べられないので、乳化剤の入っていないのを選んだ。
新城PAで購入した駿府安倍川もち
最近は和菓子にも乳化剤が使われているけど、どうしてそんな変なもんを混ぜるのかねぇ?
# 乳化剤も含めて添加物って体に良くないんだし。
再び走り出して淡々と進むが、不思議と覆面パトが見当たらない。交通量が結構あって飛ばせるような状態ではないからか?(笑)
 途中渋滞することはなく、順調に進んで小牧ICで降り、朝来た道を戻る。自宅近くのスタンドで給油を済ませ、16時15分過ぎに無事自宅に到着する。本日の走行距離は214km。燃費は9.5km/L。どういう訳か今回は随分と燃費が良かった。

 右手首を痛めて以後初めてテスタロッサを運転したが、幸い痛むようなことは一度も無かった。今でも手首の角度によっては痛むことはあるが、MT車の運転には支障無い程度までに回復したようだ。これからは安心してツーリングにも参加できそうだ。

テスタロッサの代わりにA170で浜松へ [フェラーリ]

 26日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の今年最初のツーリングに出掛けた。テスタロッサは車検でロッソコルサに預けたままなので、今回はA170で参加した。春休みで、子供も久し振りに参加することに。目的地ははままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)なので、直ぐ近くにある新東名道浜松SAで待ち合わせることになった。
 いつもなら携帯電話メールで開催通知が入るのに、今回は待てど暮らせど何も来なかった。「変だなぁ」と思ってロッソコルサに連絡したら「もう何通もメール出してるよ」と。「あれぇ?おかしいな」と思ったが、色々と考えて「あっ、そういえば」と思い当たる節が。

 先月のロッソコルサ新年会の10日ほど後から、どういう訳か「.com」「.link」「.biz」などから送られてくる日本語のSPAM(迷惑メール)が毎日数十通来るようになり、「こりゃかなわん」と迷惑メールの拒否設定を色々と施したのだった。その副作用でロッソコルサからのメールも拒否しちゃっていた可能性はある。
 それに気が付いて、先週全ての設定を解除して現在は何も規制が無い状態になっているけれど、それでもSPAMも含めて何も受信できていないようで、ドコモ自体が発信している宣伝メール以外は何も受信しない。
 ちなみに、この現象は他のメンバーでも起きているそうだから、携帯電話の個々の設定ではなくて、ドコモのメールサーバ上の問題と思われる。一寸様子を見て改善されなければ、ドコモのお店に行って相談しようと考えている。

 当日は自宅を8時半過ぎに出発し、県道175・国道155・県道158などを通って小牧ICから東名道に入る。土曜日だけあって交通量が多い。家族連れと思しき普通車が目立つ。追越車線ですら80km/h前後しか出せず、かなりのスローペースで進む。春日井ICを過ぎると更に交通量は増える。流れが滞るようなことは無いけれど、相変わらずスローペースのまま。豊田JCTで伊勢湾岸道(新東名道)へと進み、豊田東JCTでそのまま新東名道へと進む。
 新東名道は開通して間もないが交通量はかなり多い。それでも100km/h前後での巡航が出来るので、東名道よりはマシかも知れない。山間を抜ける道に家並みは殆ど無く、見えるのは山肌ばかりだ。植林された地域が多く、大半が緑色をしていた。

 10j時過ぎ、浜松いなさJCTを過ぎて少し進むと浜松SAが見えて来た。
新東名・浜松SA上り側
以前利用した時はまだ工事中だった場所に小さな展望台が出来上がっていた。早速登って見る。
新東名・浜松SA上り側の展望台から東を眺む
旧引佐(いなさ)町から県境までが見渡せる。SAの駐車スペースは満杯で、停められない車がウロウロしている。
SAの駐車場は満杯で停められない車が続出
「こんな状態でロッソの一隊が入ってきても停める場所が無いゾ」と思いながら待っていたら、10分も経たないうちにロッソの一団が到着、そのままトラック用駐車スペースへと進んでいったので、こちらも慌てて車をトラック用の方へと移動させた。本日の参加車両が出揃った。
今回のツーリング参加車両
今回のツーリング参加車両
もう一台、浜松SAスパートIC出口で待ち合わせをしているので、揃ったところでETC出口を出る。
 待っていた512TRに先導され、数分ではままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)に到着、駐車場に一列で停める。
フルーツパーク駐車場に勢揃いした参加車両
フルーツパーク駐車場に勢揃いした参加車両
エントランスゲートへと進み、ここからパーク内へと入る。
はままつフルーツパーク時之栖のエントランスゲート
パーク内を南方向へ少し下ると、今日のバーベキュー会場となる建物がある。席に付いて少し待つと肉類が運ばれてきた。
今日のバーベキューの材料
早速焼き始める。
バーベキュー開始
焼き上がったものから直ぐに頂く。
焼き上がった肉を頂く
特別な肉という訳ではないが、美味しい。食べ進めると物足りなくなってきたので、肉を追加注文して更に食べる。
肉を追加した
1時間弱食べ続けたら、流石にお腹が一杯になった。食べている場所の周囲には花を付けた木があちこちにある。
フルーツパークで咲いていた花
フルーツパークで咲いていた花
食べ終わって建物を出たら「恐竜が動いてる!」という一声で、そちらの方へ。(笑)
恐竜の模型が動いている
ゆっくりとした動きが実物を連想させる。
恐竜の大きさはかなりのもの
かなり大きなものもあって、結構面白い。
 恐竜を一通り見終わったら歩いてゲートの方へと向かうが、途中にデザートバイキングの建物があって、そちらに入る。先ほどのバーベキューでお腹一杯だが、甘いものは別腹だ。(笑)
デザートバイキングの一回目
ほんの十分ほど前に食べ終わったばかりなのに、不思議とどんどん食べてしまう。
デザートバイキングをおかわりする
「よくもまぁこんなに沢山食べられるもんだ」と我ながら呆れてしまった。(苦笑)ここにはカレーやラーメンなどもあるので、食べ放題にして昼をここで腹一杯食べるなんていう手も考えられそう。

バイキングを食べ終わって徒歩で次のガラス張りの建物へ。バナナが栽培されている。
バナナ温室の中を歩く
あちこちで実を付けていた。
温室内で実を付けたバナナ
続いている通路を進むと、マンゴー温室だ。
マンゴー温室の中を歩く
こちらでもあちこちで実が成っていた。
温室内で実を付けたマンゴー
更に続く通路を進むと、パイナップル温室になった。
IMG_3137.JPG
実際に実が成っているところを見るのを見るのは初めてだ。
 一通り見たら温室を出てゲートへと進む。ゲートの直ぐ手前にあるお店をぐるりと見てからゲートを出た。本日はここで解散となる。長野県へ戻る組は恵那SAで一旦集まることを確認し、我々と静岡へ向かう組はここでお別れとなる。別れ際にKさんからお土産を頂いた。
お土産に頂いた高遠まんじゅう
おぉー!これは家族全員の大好物、高遠まんじゅうではないですかーっ!!!
# Kさん、誠に有難う御座いました。m(_"_)m

 浜松SAのスマートICから新東名道に入る。午前中よりも交通量はだいぶ減っていて、とても走り易い。豊田IC周辺が混雑し始める時間帯に差し掛かっていたので、あえて豊田東JCTで東海環状道へと進んだ。こちらも交通量は少なくスムーズに走るが、新東名道よりも年月が経っている為か、路面は結構凸凹している。
 土岐JCTで信州へ向かう一団と別れて中央道を小牧方向へと進む。かなり交通量が多く、遅い車を抜かしつつ先へと進み、小牧東ICで降りる。県道49・県道461(尾張パークウェイ)・県道183と走って自宅には17時少し前に無事到着した。

 早速自宅に飛び込んで歯を磨く。実は、デザートバイキングで最後に食べたチョコケーキを食べ終わる直前に、奥歯に詰めてあった金属が取れてしまったのだ。ヌガーやキャラメルなどは詰めてあるものを抜いてしまい易いので食べないように注意していたが、まさか普通のケーキで外れてしまうとは思いも依らなかったのである。
 いつもお世話になっている歯科に電話したら「17時半なら空いていますのでどうぞ」と言われ、直ぐに家を出て歯医者へ。15分程度の処置で無事元通りになった。

 最後の最後でちょっとしたハプニングはあったものの、無事お腹一杯食べられた。(笑)
 今朝、いつものように起床直後に体重計に乗ったら...ゲゲゲッ、2kgも増えてる!(滝汗)いつもバーベキューの後でも体重は殆ど変わらないのに...今回はデザートもタップリ食べたからかなぁ?
 こりゃぁ、体重を落とすのに一苦労しそうだ。(笑)

ロッソコルサ新年会 [フェラーリ]

 7日(土)にテスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の新年会が行われた。会場はいつものJR伊那北駅隣の昭和軒で、スタートは18時。
 テスタロッサの車検の相談やA170用サマータイヤの受け取りがあるので、早昼を食べて代車のADワゴンに乗り込み12時に自宅を出発した。

 県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49を使って小牧東ICから中央道へと進む。土曜だが中途半端な時間な為か、交通量は少なく淡々と進む。名古屋方向へ向かう車線ではやたらと覆面パトの餌食になった車を見かける。
# お気の毒に...合掌。(-A-)
雪や雨は降っていないが、融雪剤で路面が白い。恵那山トンネル手前の登り坂辺りから、周囲に見える雪の量が増えるものの、路面は乾いているので何の心配も要らない。
 伊那ICで降りて県道87・県道153(三州街道)・県道19と走り14時半頃にロッソコルサに到着。テスタロッサの車検について色々と話する。

 テスタロッサは飛び石で塗装のあちこちが剥げた状態になっていた為、車体前半を再塗装する関係でフロント周りがばらされていた。
フロント周りがばらされたテスタロッサ
一部の部品はリベット止めだったそうだが、設計ではばらす事を考えていなかったのだろうか???
 一度もばらした形跡が無かったそうで、ネジも錆だらけ。
外したネジも錆が出ている
ネジ類はステンレス系に交換することに。
 以前から気になっていたホイールは、やはり塗装の裏側で錆が進行しちゃってるそう。
テスタロッサのホイールは塗装の裏側で錆が進行していた
センターロックのホイールは中古が殆ど流通しておらず、新品はあり得ないほど高額なので、今付いているホイールの塗装・メッキを剥がして再塗装・再メッキすることになった。
 次にA170のサマータイヤと、もう一台分のサマータイヤを代車に積み込む。
サマータイヤを代車に積み込む
自分でタイヤを交換するならトルクレンチを買わなきゃなぁ。(汗)
 作業が終わりかけの頃にOさん登場、作業後は店内で雑談していたが、16時をだいぶ過ぎたところで一旦お開きにして、今日の宿「美義屋」へ。
いつもの宿、伊那の美義屋

美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿
無料で無線LANが使えるのはとても有難い。
伊那・美義屋の和室
豪華さは無いが、清潔で気持ちが良い。
伊那・美義屋の和室
テレビも勿論無料で使える。
伊那・美義屋の和室
近頃人気が出ているらしくて、2週間以上前に予約した時には既に和室1部屋しか空きが無かった。
 メールやオークションなどをチェックしたら風呂へ入ってサッパリ。17時50分前に宿を出て会場の「昭和軒」に向かう。JR伊那北駅の西側は以前工事していた場所が公園になっていた。
JR伊那北駅西の公園(ストロボ無)
ストロボを使うと、こんな感じ。
JR伊那北駅西の公園(ストロボ有)
昭和軒に入って待つこと数分で18時となり、宴会が始まる。
伊那・昭和軒の料理
伊那・昭和軒の料理
伊那・昭和軒の料理
伊那・昭和軒の料理
伊那・昭和軒の料理
飲んで食べておしゃべりしていたらあっという間に20時半、ここで一次会はお開き。二次会の会場へ徒歩で向かうが、屋外に出ると空気がとても冷たい。駅周辺には誰も居なかった。
伊那北駅には誰も居ない
数分歩いた所にあるお店に移動して、改めて「乾杯!」
二次会で乾杯する
ジャンケン大会が始まって熱が入るが、結果は「全戦全敗。」それでも、Tシャツの景品を頂いてしまった。
景品で頂いたTシャツ・表
景品で頂いたTシャツ・裏
0時近くになってお開きとなった。そのまま飲み続ける人達と別れて宿に歩いて戻り、歯を磨いて直ぐに寝た。

 昨年の忘年会は風邪気味のところへしこたま飲んだ上に寝不足が重なって朝はヘロヘロだったが、今回は飲む量を前回の1/5ほどに抑えたし風邪もひいていないので、すんなりと8時過ぎに起きられた。
 テレビを見ながら荷物をまとめ、お茶を飲んでゆっくりしてから8時40分過ぎに宿を出る。外の空気は冷たくて、一寸痛いほど。駐車場の日陰は雪がガチガチに凍っていて、気を抜くとすってんころりんとなりそうで一寸怖い。
宿の駐車場は日陰で雪が凍っていた
代車のADワゴンは直接陽が当たっていたので、車内は案外寒くなかった。
ADワゴンには陽が当たっていたので車内はそんなに冷えていなかった
少し暖気してから走り出し、踏み切りに差し掛かったら、ちょうど電車が入ってきた。
JR伊那北駅に入る電車
上伊那農業高校へ向かう道から見える山々は雪が一寸載っているだけという感じ。
伊那IC近くの山には雪が殆ど無い
伊那ICから中央道に入り、数分走って小黒川PAに入る。
小黒川PAに入る
「高遠まん頭」を買う為である。
小黒川PA(下り)で買った高遠まん頭
店を出て南を眺めても、やはり山々に雪は無い。
小黒川PAから南方向を見ても山に雪が無い
北を眺めても雪はうっすらという程度でしかない。
小黒川PA(下り)から北を見ると山にはうっすらと雪がある程度
再び走り出す。タイヤを積んでいるので、ややゆっくりと進む。日曜の午前中だというのに、交通量は殆ど無く、時折遅い大型トラックを抜く程度。淡々と進む。
 恵那山トンネルに差し掛かる頃からトイレに行きたくなってきたので、トンネルを抜けて直ぐの位置にある神坂(みさか)PAに入る。
トイレ休憩で寄った神坂PA
序に売店を覗いて、眼に留まった「薄皮まんじゅう 真田の出陣」を買う。
神坂PAで買った薄皮まんじゅう 真田の出陣
そういえば、NHKの大河ドラマは真田丸だっけ?
# NHKの大河ドラマはいつも史実とかけ離れ過ぎているので、見る気がしないんだよ。
 再び走り出し、車の殆ど居ない中央道をノンビリと進む。今回はサマータイヤを名古屋市内に届ける為、小牧JCTで東名道を東京方面へと進み、東名三好ICで降りる。30分ほど下道を走ってタイヤを届け、自宅へも下道を使って帰るが、名古屋市内もその周辺も酷く混んでいて、走っていると少々イライラするほど。いつもよりも30分以上余分にかかって自宅に無事到着した。

 一寸心配だったテスタロッサのホイールは、補修で何とかなりそうなので安心した。塗装もあるので時間はもう少しかかりそうだが、今から仕上がりが楽しみだ。
前の10件 | - フェラーリ ブログトップ
メッセージを送る