So-net無料ブログ作成
フェラーリ ブログトップ
前の10件 | -

代車ワゴンRのオイル交換 [フェラーリ]

 伊那のロッソコルサのご厚意で借して貰っている代車ワゴンRは、借りてから既に3ヶ月半近く経つ。
代車ワゴンR
チョイ乗りで良く使うせいか3千km走ってオイル交換の時期を迎えたので、ロッソコルサに出向いて交換して貰う。
 ちょうど日本へ寒気が降りてきているので、山間部は雪が降る事が多い。現地の路面状況や中央道の規制なども考えながら連日天気予報と睨めっこ、雪の晴れ間を狙って4日(日)に出掛けることに。

 4日朝7時半過ぎに自宅を出発する。天気は良いが冷え込んでて寒い。県道183を東進するが、寒いせいか日曜だと言うのに交通量が妙に少ない。県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 中央道も交通量は多くないが、トラックが目立つ。一応太陽は出ているものの、遠景に雪が目立つし、標高が少し上がるだけでも融け残った雪がタップリ。
 恵那ICを過ぎた頃、北東方向が何となく煙っているように見えるのに気が付いた。「ん?雨...いや、雪か??」中津川IC手前まで来ると、やはり雪が降って来た。でも、路面を濡らすほどの量ではないので、速度は落とさずにそのまま走り続ける。
 恵那山トンネルを走っているうちにトイレに行きたくなり、阿智PAに入る。
トイレ休憩で入った阿智PA
南はほぼ晴れている。
阿智PAは晴れ
ここは標高が高い為か、まだ雪がタップリ残っていた。
阿智PAには残雪がたっぷり
序でに少し休んでから走り出す。

 相変わらず交通量は少なく、覆面パトも見かけない。ノンビリした雰囲気の中を制限速度前後で淡々と進む。小黒川PAに寄って妻用にりんご乙女を購入する。
小黒川PAで買ったりんご乙女
再び走り出して数分で伊那ICに着き、県道87に出る。国道153沿いのニシザワ双葉食彩館に立ち寄る。
立ち寄ったニシザワ双葉食彩館
ここで家族用に高遠まんじゅうとむぎころがしを買う。
購入した高遠まんじゅうとむぎころがし
帰りがけに寄ると売り切れている事が多いので、先に買っておくのだ。
 買ったらすぐに走り出し、県道19を進んでロッソコルサに到着。オイル交換を済ませ、1時間近くK社長と雑談を楽しんだ。

 12時半過ぎにロッソコルサを出発、国道153を南下する。何も考えずに走っていたが、何だか腹が減る。「そういえば、昼過ぎてるじゃん。」ちょうどニシザワ宮田食彩館が見えて来た。
ニシザワ宮田食彩館
ここに入るのは初めてだ。双葉食彩館と同じ系列だが、品揃えは双葉とは一寸違う感じがする。特に菓子類は大きく異なり、洋菓子類が多い。行政の宣伝・政策のお陰で若い世帯が増えているそうだから、それに合わせているのかも知れない。
 止めた車の中で昼食にする。運転だけでは大してカロリーを消費しないので、食べ過ぎないように注意する。ちなみに、お茶は自宅から水筒で持って来た。
車の中で食べた昼食のパン
食べ終わったら再び走り出す。

 天気は良いけれど、北は雲が重く垂れこめている。初めのうちは山頂が見えない程度だったが、中川村まで来ると山並みが雲で覆われている。信号で停まった時にノーファインダーで慌てて撮影したら、画面が傾いた。(汗)
麓まで雲が被っている
雪雲だが、こちらに流れて来るほどでは無さそうだ。
 元善光寺近くまで来ると交通量が増え、信号で停められる回数も大幅に増える。飯田市街に近づくに連れて交通量は増え続け、渋滞気味となる。国道153が2車線になるとようやく流れがスムーズになるが、今度は信号で何度も停められてしまう。飯田ICを通り過ぎて国道256との分岐を過ぎると、徐々に交通量が減って行く。トイレ休憩の為、ショッピングタウン・ピアに寄る。
立ち寄ったショッピングタウン・ピア
長時間座ったままだと背中が痛くなってくるので、序でに店内を歩き回った。

 再び走り出す。国道256との分岐に差し掛かる頃には信号も少なくなり、交通量は大幅に減って、かなり遠い前方に車1台が走っているだけ。
 ウネクネした上り坂の道だからか、遥か前方だった車に徐々に近くなってくる。荷物を積んだ白い軽トラックで速度が出ないらしくて、坂に差し掛かる度に距離がグッと縮まる。直ぐ後ろまで来たら車線を譲ってくれたので、挨拶しながら追い抜いて進む。標高が上がるに連れて雪の量も増える。
徐々に増える雪の量
治部坂スキー場まで来ると、雪が少し舞っていた。
治部坂スキー場近くを通る
寒原峠はマイナス4度、治部坂峠はマイナス5度。
治部坂峠はマイナス5度
自宅周辺ならエアコン風量は「1」で十分だが、ここでは「3」でないと車内が冷えてしまう。平地と違って気温が低いんだなぁと実感する。
 平谷村に入ると下り坂の連続となるが、路面は乾いているから運転には困らない。相変わらず雪の量が多い。
平谷村の雪景色
標高が下がるに連れて雪の量も少しずつ減るものの、日陰は相変わらず雪がタップリ残っている。道の駅平谷を通り過ぎ、稲武で国道257へと進路を変える。相変わらず交通量は少なく、ほぼ単独走行だ。
 恵那市岩村町の市街地に入ると突然交通量が増え、走行ペースもグッと落ちる。国道363・県道33と走り、トイレ休憩の為に道の駅・おばあちゃん市・山岡に寄る。
道の駅山岡に寄る
日曜だからか、結構客が入っていた。

 一寸休憩をしたら再び走り出し、県道66・県道69と進むに連れて交通量が激増するものの、国道21に入ってしばらく走ると車の量がどんどん減って行く。
 御嵩町の街に入ると交通量が再び激増、国道248との交差点のかなり手前から渋滞気味となる。県道84・県道349と進んで交通量が非常に多い国道41に入る。しばらく走って朝走った県道461に入り、朝来た道を辿って自宅へと向かう。自宅近くのスタンドで給油、13.3km/L。1.3リッターのエンジンだとこんなもんかなぁ。18時少し前に自宅へ無事到着。本日の走行距離は371.1km。

 今月下旬にロッソコルサ新年会に参加するので、今回は単に往復するだけにした。出発する前は雪が心配だったけれど、幸い走行に支障が出ることなく帰って来られて良かった。
 国道153は除雪されていたようで、雪のかけらすらなかったけれど、路面は融雪剤で真っ白。お陰でワゴンRのリアガラスも走行中の巻き上げで真っ白になった。また洗車しなきゃ。(笑)
nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロッソコルサ忘年会 [フェラーリ]

 9日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の忘年会が行われた。飲むので日帰りという訳には行かず、一泊で参加した。
 今回の足はジュリエッタ。タイヤはノーマルのままなので、行った序でにスタッドレスタイヤに交換して貰うことに。雪が心配だったけれど、当日翌日の天気は良さそうで一寸安心して出掛けた。

 少し早めの昼食を食べて、12時に自宅を出る。県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49を通って小牧東ICから中央道へと進む。
 中央道は半端な時間だからか、交通量は少ないし不思議と覆面も見かけない。遅いトラックなどを抜かしつつ淡々と進む。
 自宅を出る直前にお茶をがぶ飲みしたせいか、トイレに行きたくなったので屏風山PAへ。
屏風山PAでトイレ休憩
走っている車は少ないのに、PAの駐車場はほぼ満車の状態だ。皆さんお昼ご飯を食べてるのかな?
 再び走り出す。遠くに見える山々は真っ白だが、高速道近くの山は白くなっていない。木々は葉を落としてスッキリしている。そんな風景を眺めながら走り続ける。
 伊那ICまであと少しという所で再びトイレに行きたくなったので、小黒川PAに寄った。遠くに見える南アルプスが奇麗だ。
小黒川PAから眺める南アルプス
再び走り出し、県道97・県道19と進む。途中で現地のスーパー・ニシザワ双葉食彩館に寄る。
立ち寄ったニシザワ双葉食彩館
ここで高遠まんじゅうとむぎころがしを買い求める。
購入した高遠まんじゅうとむぎころがし
明日は恐らくスーパーの営業時間前に出発なので、今のうちに仕入れておくのである。

 直ぐに走り出して、ロッソコルサに到着。珍しい車が停まっていた。
ロッソコルサに停められたスカイラインGTXのGT-R仕様
スカイライン、通称「ハコスカ」だ。GTXをGT-R仕様にしたものだそう。友人から作業を頼まれて預かってるんだそうな。
 早速タイヤを交換して貰う。ノーマルタイヤから、
ジュリエッタのノーマルタイヤ
スタッドレスタイヤに。
ジュリエッタのスタッドレスタイヤ
これで一安心。

 交換後K社長と雑談していたら、今日の参加者が三々五々と集まって来た。談笑しているとあっという間に時間が経ってしまう。宿は17時チェックインにしてあったので、17時少し前にロッソコルサを出て宿に向かう。今回も美義屋である。
一晩お世話になった美義屋

美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿

前回と同じ部屋に案内された。清潔で気持ち良い。
美義屋の和室
美義屋の和室
美義屋の和室
すぐお風呂に入ってサッパリする。部屋に戻り、宿の無料WiFiを利用してパソコンでメールなどをチェックしていたら18時近くになったので、慌てて会場へと向かう。伊那北駅はひっそりしていた。
 会場は今回も昭和軒だ。
会場となった昭和軒
最近は県外からの来店者も多いそうで、なかなか予約が取れないらしい。
 18時、予定通り忘年会が始まる。ビールで乾杯し、出てくる料理をパクつく。
昭和軒の料理
昭和軒の料理
2杯目からはハイボールに切り替えた。
 楽しい時間はあっという間に過ぎて、20時半過ぎで一旦お開き、次は歩いて数分の所にあるお店に移動して二次会となる。
二次会に突入
ここでジャンケン大会が行われ、久し振りに勝ち上がって特製ジャケットを戴いてしまった。
ジャンケン大会で貰ったジャケット
ジャンケン大会で貰ったジャケット
# K社長&皆さん、有難う御座いました。m(_"_)m
その後も飲んでしゃべって、22時15分頃お開きとなる。拙者は翌朝帰宅するので遠慮したけれど、約半分の参加者が次なる3次会へと歩いて行った。
宿に戻った時刻
宿に戻り、メールをチェックする積もりだったが、眠くてそのまま寝てしまう事に...zzz

 翌日はトイレに行きたくなって目が覚め、7時過ぎに起床。パソコンでメールとニュースをチェック。8時にチェックアウトして宿を出る。直ぐ近くの駐車場へ行くと、遠景の山は白い。
駐車場からの眺め
車も霜で真っ白。
車に霜が降りて白い
陽が当たるところは溶けていたけれど、当たらないところは結晶が良く見える。
陽の当たらないリアは真っ白
窓ガラスをよく見ると、結晶が奇麗だ。
窓に着いた下野結晶が奇麗
車に乗り込んでメーターパネルを見たら、8時を過ぎたのに気温は-3度!
メーターパネルを見ると、気温は-3度
流石に信州は寒い。長めにアイドリングさせてから、ゆっくりと走り出す。

 国道153を南下する。朝早い為か交通量は非常に少なく、スイスイと快適に進む。見える山々は何処も白い。
見える山々は白い
殆ど信号の無い状態から徐々に信号が増えて来ると「あぁ、飯田市に近づいたな」と実感する。
 飯田市内も交通量はそんなに多くは無く、スルリと市街地を走り抜けた。国道153と国道256の交差点を過ぎてしばらく進むと電光表示板に「国道153 凍結のおそれ」という文字が見る度に表示されている。メーターパネルの気温表示は2度前後だから、確かに路面が凍っていてもおかしくない温度だ。対向車がそこそこの数来るので問題は無さそうだが、少し速度を落として慎重に進む。

 寒原峠も治部坂峠も雪は殆ど無い状態だったが、スキー場はスノーマシンのお陰らしくて結構な雪の量があった。
 走り続けていると体に良くないだろうと思い、トイレ休憩を兼ねて道の駅信州平谷にジュリエッタを停める。
道の駅信州平谷で休憩
日陰を見ると結構な雪の量があるので、この辺りはかなり降ったようだ。
日陰は雪が多い

 再び走り出す。国道153はウネクネしたカーブを抜けると豊田市稲武町の交差点に着き、国道257へと進んで恵那市方向へと進む。交通量の多い国道19を避ける為、国道363・県道33・県道66・県道69を走る。土岐市街地に入ると、流石に交通量が増えて来た。

 11時半近くになったので、近くにあるバロー土岐店に寄る。クリスマスセールとかで、くじ引きの会場には長蛇の列が出来ていた。
立ち寄ったバロー土岐店
ここで昼食用のパンを買う。
昼食用のパン
ちなみに、気になるお値段は105円。少々高めかなぁという感じ。

 JR中央線の線路をくぐって国道21に入る。大半の車は国道19へと吸い込まれて行くので、交通量はぐっと減る。
交通量の少ない国道21をのんびり走って可児市に近づくと、今度は交通量が激増、あちこちで渋滞気味。特に国道248との交差点の渋滞が酷い。昼食を食べ終わって出掛け始める頃だから仕方ないか。
 県道84・県道349を進んで国道41に入ると、こちらは案外交通量が少ない。犬山市善師野で尾張パークウェイ(県道461)に入る。スムーズに進んで県道183に入り、途中でカメラのキタムラとガソリンスタンドに寄り、14時少し前に無事自宅に到着。今回の走行距離は384.6km、燃費は13.0km/L。

 今回はタイヤ交換の都合もあって行きだけ高速道路を利用したけれど、新年会は行きも下道を使ってフィルムカメラで撮りながら走る、なんていうのも良さそうだなぁ。
 ロッソコルサの年内のイベントはこれで全て終了した。来年は新年会でスタート、今から楽しみだ。

nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ジュリエッタでミルクランドへ [フェラーリ]

 11月25日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、富士山麓へと出かけた。2か月連続でツーリングに参加できなかっただけだが、随分と久し振りの参加のような気がする。
 いつもならテスタロッサで参加するところだけれど、撮影会の記事でも書いたように動かせるような状態ではないので、ジュリエッタで参加することに。

 集合場所は中央道諏訪湖SA・集合時間は9時半。ある程度の時間的な余裕を見込んで自宅を6時半過ぎに出発する。走っているうちに夜が明けて来た。
走行中に夜明けを迎える
だいぶ交通量の増えた県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 土曜のまだ早い時間だというのに、交通量は結構多い。家族連れと思しき車が目立つ。遅いトラックなどを抜かしつつ覆面パトに注意しながら進む。2台居たけれど、無事やり過ごしてホッとする。
トイレに行きたくなって恵那峡SAへトイレに立ち寄ったら、周囲は霧に包まれていた。
霧に包まれた恵那峡SA
その後はどこにも寄らずに走り続け、諏訪湖SAには9時過ぎに到着する。既にAさんのBMWが来ていたが、他の参加者は未だのようだ。
参加車両のBMWとジュリエッタ
諏訪湖の対岸にある山々は既に山頂が白い。
諏訪湖から見る山は雪で白くなっている
視線を少し東に振ると、こちらは標高が低いためか山頂に雪は無い。
諏訪湖東の山は雪がまだ無い
集合時間近くになると、参加車両がどんどん集まって来て、予定時間には全員が揃う。
諏訪湖ISAに集まった参加車両
全員揃ったので、予定より少し早い9時45分にSAを出発する。

 天気が良くて雲も少なく、車内にいる限りは寒さを感じない。交通量はかなり多く、大型バスや遅い車が多くて引っかかってしまって前方の参加車両と大きく離れた。甲府南ICを降りて国道358を少し南下した位置にあるセブンイレブン甲府中道店に一旦集まる。
セブンイレブン甲府中道店に集合したところ
ここで差し入れのドリンクが配られる。
差し入れのドリンク
# いつも有難う御座います。m(_"_)m
周囲を見回すと、収穫の終わった木に防虫袋の残骸がたくさん残っていた。
収穫を終えた木には防虫袋の残骸が多数残っている
軽く休憩したら再び走り出す。

 国道358は山岳路でカーブが多く、しかも登り続きなので、遅い車が先頭を塞いでしまうとノロノロ走行になってしまう。追い越せるポイントは殆ど無いので、遅い車についてノロノロ進む。
 精進湖が右手に見えてきたら国道139へと進んで南下する。相変わらず巡航速度は遅いままだ。時折富士山の雪景色が見える。
 途中、朝霧さわやかパーキングに車を停めて小休止する。
朝霧さわやかパーキングで小休止中
富士山が奇麗だ。
朝霧高原から見る富士山
本日の参加車両はいつもよりやや少な目だ。先頭を走っていたフェラーリ348スパイダー。Mさんがフロントリップを検品中(?)。
フェラーリ348スパイダー
フェラーリ308GTB。
フェラーリ308GTB
メルセデスCLS55。
メルセデスCLS55
メルセデスE260AMG仕様。
メルセデスE260AMG仕様
BMW318iツーリング。
BMW318iツーリング
ブラバスB9。
ブラバスB9
そして、拙者のアルファロメオ・ジュリエッタクワドリフォリオヴェルデ。
アルファロメオ・ジュリエッタクワドリフォリオヴェルデ
記念撮影などをしてから再び走り出し、正午少し前に富士ミルクランドに到着する。一番下の芝生の駐車場に停めさせて貰った。
ミルクランドの芝生の臨時駐車場に停める
実に美しいロケーションだ。ここは建物から少し離れているので、徒歩で移動する。
歩いてミルクランドの建物へ向かう
受付を済ませ、バーベキュー会場に入って待つ事しばし、食材が運ばれて来た。現地集合組も加わってバーベキュー開始だ。
食材が運ばれて来た
早速焼く。
バーベキュー開始
焼き上がったら戴く。焼きたては美味しい。
焼きたてを頂く
予めK社長が用意していた牛肉を持ち込んで焼く。これも美味い。
持ち込んだ牛肉を焼いているところ
ある程度食べたら、次は富士宮焼きそばだ。
富士宮焼きそばを調理中
モチモチした独特の食感が美味しさを際立てさせる。
出来上がった富士宮焼きそば
食材が尽きるまで、焼いて食べ手を繰り返す。
食材がある限りバーベキューは続く
雑談しながら楽しく過ごしていたら14時半を過ぎたので、片づけて出発する。天気の良い土曜だけあって、場内は人で溢れている。
ごった返す富士ミルクランド
相変わらず富士山は奇麗だ。
富士ミルクランドから見る富士山
次は双葉SAに集合する事を確認してから走り出す。

 県道71を北上して国道139に入り、精進湖が左に見えてきたら国道358へと入る。相変わらず先頭い遅い車が居るらしくて、ややスローなペースで進む。国道から見える山々の木は紅葉のピークを過ぎて葉はかなり無くなっていた。
 甲府南ICで中央道に入る。交通量はそんなに多くないので走り易いが、覆面パトが多いので気が抜けない。帰途を急ぐYさんを除く全員が双葉SAに集まった。
双葉SAに集まった参加車両
ここでしばし雑談する。何でも途中でKさんの乗るフェラーリが白いクラウンの覆面パトにサイレンを鳴らされながら煽られて「90km/hでしたけど、てっきり捕まったと思いました」と。実際には別の車を追いかけていたらしくて、そのまま前方へとすっ飛んでいったそう。ご無事で何よりでした。(笑)
双葉SAに集まった参加車両
頭上を見ると、飛行機雲が浮かんでいた。
双葉SAで見かけた飛行機雲
ここで解散となり、各自思い思いのスタイルで帰途に就く。

 拙者はAさんのBMWにくっついて走り、伊北ICからは単独走行となる。交通量はやや多めだが走り難いほどではない。途中で何度も餌を捕まえた覆面パトを見かけた。合掌(-A-)
 途中、小黒川PAに寄る。
小黒川PAに寄る
周囲の山は白くなり始めている。
周囲の山々は白くなり始めている
家族用の土産を買う。我が家定番の高遠まんじゅうと、売店で偶然見かけたリンゴだ。
購入した高遠まんじゅうとリンゴ
再び走り出す。

 暗くなってきて覆面パトとそうでない車の見分けが難しい。ほどほどの速度で注意しながら先へと進む。
 飯田IC手前の電光表示板に「小牧東-小牧JCT 渋滞6km 20分」という表示が出ているけれど、小牧東ICで降りてしまうので関係が無い。
 遅い車を抜かしながら適度に速度を上げ下げして大人しく走り、小牧東ICで降りて朝来た道をそのまま戻る。自宅近くのスタンドで給油し、19時過ぎに無事自宅に到着。本日の走行距離は613.2km、燃費は12.9km/L。ターボ車だけど排気量が1.7リットルだから燃費は結構伸びたようだ。

 今回が今年最後のツーリングとなった。次は来月の忘年会。今から楽しみだ。
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

わの会集いの会・松原湖高原(その4:テスタロッサ撤収) [フェラーリ]

前回からの続き)

 朝応急処置で水を足したものの、果たして動くかどうか、また今の状態で動かして良いのかどうか...?ロッソコルサに電話して状況を説明すると、K社長曰く「こちらまで走って来られるようであれば良いけど、そうでなければ積載車を手配します。まずエンジンを掛けてみて動けるかどうかを確認して下さい。」
 一旦電話を切ってエンジンを掛けてみることに。

 キーを挿して恐る恐るセルを回すと、セルの動きがいつもよりかなり鈍い。「こりゃダメか?」と思ったが、何とかエンジンが掛かった。しかし、アイドリングせずスロットルペダルを放すとストンと止まってしまう。再度始動してスロットルペダルで調整しながらアイドリングさせたら、後ろに立っていた豊田のUさんが「左マフラーから黒煙が出ている」と。
 直ぐにエンジンを止めて後ろに回ると不気味な湯気が上がり、クーラントがポタポタと滴っている。
テスタロッサのエンジン付近からクーラントが漏れている
落ちている位置からすると、クーラント配管の繋ぎ目とかではなさそうな感じである。「こりゃ相当マズいぞ!」

 再度ロッソコルサに電話して状況を話す。「そういう状態だと動かさない方が良いです。積載車に代車を乗せてそちらに向かうよう手配しますので、一寸時間はかかりますけど待ってて下さい。」
ホテルの駐車場で積載車を待つテスタロッサ
15時過ぎにロッソコルサから電話が入る。「今積載車に代車を乗せてそちらに向けて出発しました。2時間位でそちらに着きます。」うーん、2時間か...
ホテルの駐車場で積載車を待つテスタロッサ
「ここでボーっとしてちゃ時間が勿体無いから、周辺を撮影しよう。」
 15分ほど歩いて県道480に出た所で撮影する。
県道480で撮影する
ここは昨日帰りのバスが停まって撮影希望者を降ろした場所である。風が強いので、風が止んだ時を狙って撮影する。
風が止んだら撮影
風はなかなか止まず、撮影のタイミングがなかなか来ない。
風が止んだら撮影
暗くなってきてシャッター速度が遅くなると紅葉を撮影するのは難しいので、撮影モチーフを木の枝に変える。
白樺の木を撮影
17時少し前、遠くからディーゼルエンジンの音が聞こえて来る。「ん!積載車が来た!?」慌てて白樺林から出て路肩で手を振るが気が付いて貰えず、積載車はそのままホテル方向へと進んで行った。
 慌てて後を追うが、坂道だし機材満載なので走る速度が遅い。7分ほどで汗だくになってホテルに到着すると、既に代車は積載車から降ろされていた。
積載車から降ろされた代車
早速テスタロッサが積み込まれる。
積み込まれるテスタロッサ
積み込まれるテスタロッサ
積み込まれるテスタロッサ
積み込まれるテスタロッサ
テスタロッサを載せたら積載車は直ぐに走り去っていった。

 降ろした荷物を代車に積み替えたら、周囲はほぼ真っ暗。これだけ暗いと写真撮影どころではないので、大人しく帰途に就く。
 県道480を進んで国道141を南下していたら、清里高原の手前でテスタロッサを載せた積載車に追いついた。
テスタロッサを載せた積載車に追いついた
積載車はそのまま直進していったが、拙者は高速代節約の為に清里を抜けて県道11へ。
 18時半過ぎに小淵沢ICから中央道へと進む。

 月曜の夜だからか、交通量は案外少ない。時折遅いトラックなどを抜かしながら進む。代車は以前にも借りたワゴンRで、1.3Lだし16万キロ近く走ってある車両なので、無理せず巡航する。相変わらず覆面パトは多く、あちこちで餌を捕まえていた。合掌。(-A-)
 途中で休憩を兼ねて小黒川PAに寄る。
夜の小黒川PA
止まっている車の殆どがトラックだ。ここで家族用のお土産を買う。
小黒川PAで購入したお土産
リンゴの時期だからか、一袋の価格が地元のスーパーよりも大幅に安い。
 再び走り出し、トラックが多く走る中を適当に抜かしつつ淡々と進む。走っている間、色んな事が頭の中を駆け巡る。
 「オーバーヒートの前兆は全くなかったよなぁ...一寸前にクーラントリザーブタンクを見た時にはちゃんとクーラントは入っていたし...でも、マフラーから黒煙吹いたからヘッドのガスケットは抜けちゃってるだろうなぁ。そうなるとオイルラインにクーラントが入っちゃってるだろうし...乗り出して10年か...こりゃぁ厄介な事になったなぁ...。」
 21時少し前に小牧東ICで降り、前日来た道をそのまま戻って自宅には21時半過ぎに無事到着。
 帰宅してからホテルで貰った袋を開けたら、シャトレーゼのお菓子が入っていた。
ホテルで貰ったシャトレーゼのお菓子


 今回の撮影会は初めから終わりまでテスタロッサに振り回された感じだったが、何とか撮影会に参加できてホッとした。
 テスタロッサが気になるけれど、まずは調査するところからスタートとなりそう。症状からして相当の重症だと思われるので、今後どうなるかが分かるのはだいぶ先になりそうだ。

(完)
nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テスタロッサで富士ミルクランドへ [フェラーリ]

 9月30日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、富士山麓へと出かけた。
 当初は9月23日の予定だったが、天候が良く無さそうという事で急遽変更となった。いつも利用しているまかいの牧場は駐車スペースが砂利の所しか空きが無いという話だった為、近くにある富士ミルクランドへ事前予約無しのまま向かうこととなった。

 集合場所は中央道諏訪湖SA・集合時間は8時なので、自宅を5時半に出発する。走っているうちに東の空が紅くなってきた。
県道から見る朝焼け
意外と交通量の多い県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 土曜の早朝だけあって交通量はとても少ない。これが1時間後だと走り難いほどの車の量になるんだろうなぁ。遅い車を抜かしつつ「早朝だから覆面パトは居ないかな?」と思いながら進む。幸い覆面パトは見かけなかった。
駒ヶ岳SAへトイレに立ち寄っただけで走り続け、諏訪湖SAには7時半過ぎに到着する。
諏訪湖SAに到着
8時近くになって参加者が続々と到着する。
諏訪湖SAに集まった参加車両
IMG_2534.jpg
白いBMWは今回が初参加。
諏訪湖SAに集まった参加車両
諏訪湖SAに集まった参加車両
全員が集まったので、次は谷村PAに集合することを確認してから予定通り8時にSAを出発する。

 昨夜の天気予報では「全国的に晴れ」と言っていたけれど、雲の厚みは大したこと無さそうで、雨が降るほどではないが、進むに連れて青空はどこにも無くなった。長野方面から参加のFさんによると、長野道はあちこちで路面が濡れていたそうだ。
 初参加の車が居るので、巡航ペースはいつもより抑え目で進む。交通量は多くないが、トラックが多くて引っかかると前方の参加車両と大きく離れてしまう。大月JCTの前で参加車両がまとまり、谷村PAで停める。
谷村PAに停めた参加車両
ここは駐車スペースが広くない上にトラックや観光バスが数多く入って来るのでまとまって停める事が出来ず、二手に分かれて停めた。
谷村PAに停めた参加車両
谷村PAに停めた参加車両
ここで差し入れのドリンクが配られた。
差し入れのドリンク
# いつも有難う御座います。m(_"_)m
今回の参加車両は前回よりも多い。まずは、今回初参加のBMW320i。
参加車両:初参加のBMW320i
BRABUSのB9。
参加車両:BRABUS B9
拙者のテスタロッサ。
参加車両:テスタロッサ
フェラーリ348(6MT仕様)。
参加車両:フェラーリ348(6MT仕様)
もう一台、テスタロッサ。
参加車両:テスタロッサ
久し振りに参加のSL55AMG。
参加車両:SL55AMG
メルセデスE260AMG仕様。
参加車両:メルセデスE260AMG仕様
仕事の予定が変わって急に参加できるようになったというMさんと待ち合わせる事になり、ここでしばし談笑して待っていたら、10分ほどで到着。AMG CLS55。
参加車両AMG CLS55
富士スピードウェイでNICOLE Circuit Dayというイベントをやっているそうなので、とりあえずそちらに向かう事を全員で確認してから走り出す。

 覆面パトに注意しながら遅い車を抜かしつつ進み、須走ICで降りて富士スピードウェイ西ゲートに到着。
富士スピードウェイ西ゲートに到着
残念ながら、前売券が無いと入れず、当日券は無いというので「じゃぁ」と東ゲートへと向かう。
富士スピードウェイ東ゲートに到着
「せっかく来たんだから」と入って、カートコースへ。
富士スピードウェイのカートコース
希望者が乗ることになり、拙者も乗ることに。遊園地のカートに乗った事がある程度で、こういう本格的な物は初めてだ。走行前に注意事項や操作について説明を受けてから走り出す。
 最初の2週は何だか良く分からないような感じだったが、周回を重ねる毎に車体の挙動やパワーの使い方が分かって来て少し攻められるようになった。ちょうど面白くなってきた頃に7週目の最終ラップとなってしまい、そのままピットに戻った。順位は周回タイムで2位(48.246秒)、平均速度で3位(51.053秒)だった。初めてにしてはまぁまぁかな?(笑)

 乗る前は「はーぁ、カート、ねぇ...」とそんなに興味をそそられなかったけれど、いざ乗って見ると「滅茶苦茶面白れぇよ、コイツ!!!」
 絶対的な速度は60km/h程度だそうだが、サスペンションもギアチェンジもクラッチも無いという単純な構造なので、慣れて来るに連れて車体の挙動が手に取るように分かる。コーナーもスロットルを踏み込みながら回るのが面白くなってくると、もぅ辞められない!って感じ。(笑)
 カートのワークスに在籍していたK社長に依ると、走行時のコツは色々あるそうで、それを知ってるかどうかだけでも随分と大きな差が付いてしまうんだとか。乗った6人が走行後もはしゃいでるのを見て「これからカートもツーリングの中に入れるかぁ?」なんてK社長が話していた。
# うーん、こいつぁー楽しみだゾーぉ...
コースの脇で、SL55夫妻からの差し入れをパクつく。
差し入れのハンバーガー
差し入れのおつまみ類とドリンク
# ご馳走様でした。m(_"_)m
一頻り遊んだら、次は富士山スカイライン経由で目的地のミルクランドへと向かう。途中にある水ヶ塚パーキングで小休止する事になったが、皆さんルートが一寸怪しい感じ。一番早くナビに設定できた拙者が先導することに。
 ナビの道案内に従って県道151・国道246(裾野バイパス)・県道23と進み、無事水ヶ塚パーキングに到着。
水ヶ塚パーキングで停める
水ヶ塚パーキングで停める
残念ながら、富士山は雲の中だった。
水ヶ塚パーキングでは富士山は雲で見えなかった
ここで少し雑談して時間を調整してからミルクランドへと出発する。

 富士山スカイラインを降りるが、前方に遅いトラックが居て巡航速度が極端に低い。どうしてこんな山道を選んで通るんだろう???
 県道72・県道71と進み、正午過ぎに富士ミルクランドに到着。
富士ミルクランド
富士ミルクランド
富士ミルクランド
富士山が少し顔を出した。随分と人が多くて混んでいる。
混雑する富士ミルクランド
以前土曜日に通りかかった時にはこれほどの人出は無かったので「何でこんなに人が多いんだ?」と思ったら、FM生放送をしているかららしい。
IMG_2574.jpg
画像中央でマイクを握る女性は有名な歌手らしいが、洋楽専門の拙者はその女性は誰なのかは分からなかった。
 受付でバーベキューを申込み、場所を移動して待っていると食材が運ばれてきた。
富士ミルクランドのバーベキュー材料
牛肉は契約農家が飼育したとかで、かなり高級なお肉なんだそうな。早速焼いて頂く。
バーベキュー開始
焼き上がった牛肉
脂っぽさが無いのに肉は柔らかくてとても美味しい。一通り肉を食べたら、次は富士宮焼きそばだ。
富士宮焼きそばを作成中
流石本場だけあって、モチモチした麺が美味い。
焼き上がった富士宮焼きそば
園内はかなり広くて気持ちの良い所だ。
富士ミルクランド園内
芝生の方も駐車場として使えるという。
IMG_2579.jpg
皆で「次回はあの芝生の上で整列しようか」などと話す。
 雑談しながら楽しい時間を送っていたら15時近くになったので、そろそろ出発することに。双葉SAに集合することを確認してから走り出す。

 県道71をそのまま北上して国道139へと進み、精進湖を見ながら国道358へと入る。前方に大型トレーラーが走行している為、カーブ毎に30km/h以下の速度になってしまい、必要以上に時間がタップリとかかってしまった。
 甲府南ICで中央道に入る。交通量はそんなに多くないので走り易い。予定通り全員が双葉SAに集まった。
双葉SAに集まった参加車両
双葉SAに集まった参加車両
ここでも差し入れのコーヒーを頂いた。
差し入れの缶コーヒー
# 有難う御座いました。m(_"_)m
南の空には既に月が輝き始めている。
双葉SAで月を見上げる
本日のツーリングは終了、ここで五月雨解散となった。
 解散後も15分ほど雑談してから走り出す。

 朝来た道をそのまま戻るが、帰宅の時間だからか交通量が大幅に増えていて、一寸走り難い。皆同じ方向へ進む為、遅い車に引っかかっても、先行車も同じように遅い車に引っかかって、結局まとまって走っているような状態となった。
 岡谷JCTを過ぎると少し交通量が減り、伊北ICから拙者のテスタロッサ単独での走行となる。
 小黒川PAに寄って、家族向けのお土産を買い求める。
小黒川PAで購入した高遠まんじゅうとりんご乙女
我が家では定番の、高遠まんじゅうとりんご乙女だ。

 再び走り出すが、座光寺PAの数Km手前で黒いクラウンの覆面パトが1台餌にありついていた。合掌。(-A-)
 飯田IC手前の電光表示板に「中津川-恵那 事故渋滞2km」という表示が出ている。「うひゃぁ、こりゃ下手すりゃ下道に出なきゃダメかも?」と思いながら進む。
 覆面パトに噛み付かれないよう、注意しながら走っていたら、以前と同じように駒ヶ根ICを過ぎたら給油ランプが点いて「えっ、もう給油?」と少し驚いたが、その後も点いたり消えたり。路面の傾斜が強い所で給油ランプが点灯するようだ。

 恵那山トンネルを抜けて中津川IC手前の電光表示板を見ると「中津川-恵那 渋滞2km 15分」とある。「15分なら下道へ出るよりも早い」とそのまま中央道を進む。6kmほど進むと渋滞が始まったが、既に渋滞解消に向かっているらしくて速度は50km/hほどで流れている。恵那IC少し手前で80km/hほどに回復したが、交通量が非常に多くてそれ以上の速度では走ることができない。
 大人しくそのまま走って小牧東ICで降り、朝来た道をそのまま戻って自宅へと向かう。ICを降りてからも、平坦な道を走っていれば給油ランプは点かない。
 自宅近くのスタンドで給油し、20時過ぎに無事自宅に到着。本日の走行距離は699.4km、燃費は7.6km/L。

 ミルクランドもカートも今回初めてだったけれど、どちらもとても良かった。特にカートはマジで通ってしまいそうな位面白かった。また乗る日が楽しみだ。
nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テスタロッサで能生へ [フェラーリ]

 8月26日、テスタロッサを購入したお店「ロッソ・コルサ」のツーリングで、日本海側の能生へと出かけた。

 集合場所は例年と同じ長野道の梓川SA、集合時間は9時。昨年と同様6時半に出発、県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進んで小牧東ICから中央道に入る。
 土曜のまだ早い時間だが、家族連れと思しき車が非常に多い。一瞬「何で?」と思ったが、よくよく考えてみれば、今日は夏休み期間中の最後の土曜だ。来週から学校が始まるから、その前に出掛ける家族が多いんだろうなー。
 交通量が多い割には覆面パトは見かけず、遅い車を抜かしながら先へと進む。時折小雨がぱらつくが、降り続くことは無い。
 朝食を取らずに自宅を出たので、トイレ休憩も兼ねて阿智PAに入る。駐車場はほぼ全部埋まっていてテスタロッサを停められず、結局出口近くの通路脇に寄せて停めた。
休憩した中央道・阿智上りPA
朝食を食べて一休みしてから走り出す。

 相変わらず交通量が多くて、一寸走り難い。遅い車を適当に抜かしつつ先へと急ぐ。トラックなどの大型車は少ないが、適度に遅い乗用車が非常に多い。岡谷JCTで時刻は既に9時近く、少々焦る。
 JCTで長野道へと入るが、こちらも交通量がかなり多い。遅い車をごぼう抜きして先へと進み、梓川SAには9時5分に到着。5分遅れただけで済んで、少しホッとする。参加者はほぼ揃っていた。
梓川SAに集まった参加車両
梓川SAに集まった参加車両
「ありゃ?Hさんが居るのに348ネロが居ないぞ??」と思ったら、何とバッテリーを上げてしまってエンジンを掛けられず、イプシロンで参加なのだそう。
348ネロの代わりにイプシロンで参加
今日はメルセデスが多いなぁ。
参加車両:BRABUS B9
参加車両:メルセデスS400HYBRID
参加車両:メルセデスCLS55AMG
参加車両:メルセデスE260AMG
参加車両:BRABUS B9
フェラーリは拙者の1台だけだ。
参加車両:フェラーリ テスタロッサ
次は、Fさんと待ち合わせている松代PAに入ると全員で確認し、9時半に予定通り走り出す。SAで雑談しているうちに青空が少しずつ見えて来た。子供は早速他の車に乗せて貰うらしい。(笑)

 路面はほぼ乾いているし、交通量も朝ほどは多くないので走り易い。10時半に松代PAという話だからノロノロ進んでも十分間に合うけれど、何故か皆さんそこそこのペースで松代PAへ。予定よりも少し早い10時20分頃、Fさんが348で登場。
参加車両の348
これでフェラーリが2台となった。
松代PAに集まった参加車両
松代PAに集まった参加車両
これで全員が揃った。天気もすっかり晴れて暑くなってくる。次は新井PAに集合することを全員で確認してから走り出す。

 交通量はやや多めだが大したことは無く、順調に進んで新井PAで車を停める。
立ち寄った新井PA
日差しが強くて暑い。
立ち寄った新井PA
立ち寄った新井PA
次は能生ICを降りて直接目的地に向かう。ただ、全員がバラバラで停めると何かと不便なので、判り易いように先頭はフェラーリ2台で駐車場に入るとを決めて走り出す。

 上越JCTまでの間は路面の状態が悪く、車体がかなり上下する。JCTを金沢方向へと進み、多くのトンネルを超えて能生ICで北陸道を降りる。県道88・国道8進んで、目的地・道の駅マリンドリーム能生に入る。駐車場の整理員はただ突っ立ってるだけで何もせず、どこに空きがあるのかを尋ねても「さぁ?」という、やる気を全く感じさせない返事が返って来た。
# 何のための整理員だ?
相変わらず海の見える駐車場は満車で、敷地北端の駐車スペースに停める。
道の駅能生に停めた
一台ロードスターが入っているが、我々とは無関係の車である。
道の駅能生に停めた
歩いて鮮魚センターのある建物へと向かう。
道の駅へ歩いて向かう
まず、本館2階の食堂「味干汐路 番屋」で昼食。拙者は刺身定食を頼んだ。
味干汐路 番屋の刺身定食
そういえば、去年も同じのを頼んだっったっけ。違うのにすればよかったかなぁ?(笑)
 食べ終わったら、鮮魚センターへ牡蠣とカニを買い出しに行く。
IMG_1934.jpg
屋外は日差しが強くて暑いので、かにカニ館という名前の付いた休憩所で頂く。
今回食べたベニズワイガニと岩牡蠣
今年もお腹一杯食べて堪能した。
# いやぁ、喰った喰った...
 食べ終わったら、再び鮮魚センターへと向かい、お土産を物色する。
道の駅マリンドリーム能生・鮮魚センター
道の駅マリンドリーム能生・かにや横丁
岩牡蠣を買ったお店で縮緬雑魚を購入。
道の駅マリンドリーム能生で買った縮緬雑魚
程よい塩加減だし、乾燥し過ぎていないので柔らかくて美味い。
# そういえば、去年も買ったな...
本館に入って、更にお土産を買う。まずは日本酒の「越の誉」。やや辛口のスッキリした味だ。
道の駅マリンドリーム能生で買ったカップ酒・越の誉
そして「笹だんご」だ。
道の駅マリンドリーム能生で買った笹だんご
土産を買ったら駐車場に戻る。
駐車場に戻ったところ
駐車場に戻ったところ
駐車場に戻ったところ
駐車場に戻ったところ
14時半近くになったので、全員集合して記念写真を撮影してから帰途に就く。まずは新井PAで一旦集まることを確認してから走り出す。日差しが強くて相変わらず暑い。

 来た道を戻って能生ICから北陸道へと入り、上越JCTで上信越道へと進む。交通量は午前よりも少し減ったようだ。
 各自思い思いのペースで新井PAに到着。
帰りも新井PA
に寄った
帰りも新井PA
に寄った
少し休憩した後、次は松代PAに集まることを全員で確認してから走り出す。
 交通量はさほど多くなく、順調に進んで松代PAに到着。
最後に集まった松代PA
最後に集まった松代PA
本日のツーリングは終了、ここで五月雨解散となった。
 解散後も30分ほど雑談してから走り出す。子供は色々な人の車に乗せて貰い、会社経営や車の話をして貰って大いに勉強になったようだ。

 朝来た道をそのまま戻るが、夕方の時間帯だからか交通量がかなり増えている。渋滞するほどではないものの、一寸走り難い。途中、覆面パトが1台餌にありついていたのを見かけた。合掌。(-A-)
 岡谷JCTから中央道に入っても混雑具合はほぼ変わらない。だんだん暗くなってきたが、覆面パトが結構走っている。途中、小黒川PAに寄って一寸休憩。休憩場所に大きな枠がある。
小黒川PAにある撮影用フレーム
撮影位置にカメラのマークが埋め込まれているので、そこで撮影してみる。
撮影用フレームで撮影した画像
写り込むのはこういう感じになることを想定しているらしい。
フレーム脇にある案内看板
何だか随分と違うよーな気がする。(笑)
 そんなことをしていたら、どんどん暗くなって夕焼けになった。
小黒川PAで見る夕焼け
小黒川PAで見る夕焼け
せっかくなので、高遠まんじゅうを買ってから出発する。
小黒川PAで買った高遠まんじゅう
覆面パトの餌食にならないように淡々と進む。駒ヶ根ICを過ぎた辺りで給油ランプが一瞬点いて「えっ、もうガソリンが無い?」と驚いたが、その後も点いたり消えたりを繰り返す。中央道は起伏が激しいので点灯し易いらしい。
 そのままノンストップで小牧東ICまで走って中央道を降り、朝来た道をそのまま戻って自宅へと向かう。ICを降りてからは、給油ランプは一度も点かず仕舞いだった。
 自宅近くのスタンドで給油し、20時半過ぎに無事自宅に到着。本日の走行距離は747.8km、燃費は7.6km/L。

 8月下旬は台風の接近が多く、天候の悪い日が多いが、今回は朝少し雨が降っただけで晴れたので良かった。けど、暑かった。(汗)
 昨年、「次はカニを買って帰ろう」なんて思っていたが、匂いが強烈で車内に残ってしまうと厄介なため、買うのは見送った。その代わり、来年は家族で参加しようと今から企んでいる。
# 鬼に笑われちゃうかな?(笑)
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テスタロッサで東急リゾートタウン浜名湖へ [フェラーリ]

 昨日22日(土)、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の「梅雨明け熱さ耐久ツーリング」に出掛けた。目的地は三ヶ日だから、集合場所の駒ヶ根SAには行かずに直接現地に向かうことに。
 現地到着時間を事前に確認するのを忘れていたが「現地に11時頃着けば良いだろう」と、自宅を9時半に出発した。

 県道175・県道157・国道155などを通り、小牧ICから東名道に入る。
 学校が夏休みに入って最初の土曜だからか、子連れと思しき車がとても多い。名古屋ICで一時的に交通量が増えたものの、豊田JCTを抜けると車の量が減って走り易くなる。最近の覆面パトはヘルメットや帽子を被っていないので見分け難いので、餌食にならないよう車の流れに沿ってのんびりと進む。
 トイレ休憩で新城PAに入る。
トイレ休憩した新城PA
「休みだから駐車スペースが無いかも」と思ったのだが、車の数は思ったよりも少なかった。
新城PAは意外にも駐車車両数は少なかった
仕事の都合などで参加できなかった方が多く、参加車両はいつもよりも少ない。
新城PAは意外にも駐車車両数は少なかった

 三ヶ日ICで降り、県道85を進んで東急リゾートタウン浜名湖に停める。信州組は既に到着していた。
東急リゾートタウン浜名湖に集まった参加車両
東急リゾートタウン浜名湖に集まった参加車両
ここの景色を見ると「あぁ、リゾート地に来たなぁ」といつも思う。
東急リゾートタウン浜名湖からの眺め
晴れたのは良いけれど、室外はとにかく暑い。
東急リゾートタウン浜名湖内部の風景
雑談を交わしていたら、そのうちに静岡組も到着。参加人数が多いのでワンボックスだ。
東急リゾートタウン浜名湖に集まった参加車両
全員揃ったので、バーベキュー開始だ。
バーベキューの材料
暑い中で炭火を使って焼くと、汗が全身から噴き出る。しかも、殆ど風が吹かないから、余計に暑い。焼き上がったら、早速頂く。
焼き上がったバーベキュー
材料が無くなるまで焼き続ける。途中から焼きそばも並行して作る。
炭火でバーベキューを続ける

出来上がった焼きそば
画像を撮り忘れたけど(汗)、富士宮焼きそばも戴いた。

 一通りバーベキューが終わったら、次はスイカ。そういえば、今年は初スイカだ。寿命が75日延びるかな?(笑)
スイカを頂く
このスイカは小ぶりだが甘さは抜群、皮ギリギリまで真っ赤で捨てる部分がとても少ない。その名前は「松本ハイランド」。名前は聞いたことがあるけれど、食べるのは初めて。自宅周辺のスーパーで売られているスイカとは全くの別物と思えるほどに甘い。これには少し驚いた。

 今日はNちゃんの誕生日。スイカの後は、バースデーケーキ。
Nちゃんへバースデーケーキのプレゼント
敷地内にあるホテルで作られたこのケーキは、甘さ控えめなのに、とても美味しかった。

 15時を過ぎた頃にお開きとなり、片づけて各自車に乗り込む。静岡組に見送られながら走り出し、三ヶ日ICから東名道に入る。
 信州組とは三ヶ日JCTで別れ...アレレッ???JCTで信州方向へ進んだのはYさんのEクラス1台だけ。後の3台はそのまま豊田JCT方向へと走って行く。どーなってんの?(笑)
 そのまま進んで、3台は豊田JCTから信州方向へ。これで、信州へ戻れますねぇ。メデタシメデタシ。(笑)安心して朝来た道をそのまま戻る。
 交通量はかなり多く、遅いトラックや観光バスなどが追い越し車線を延々と蓋しているので、時間が掛かる割には前に進まない。豊田ICを過ぎた辺りから更に交通量が増えたが、名古屋ICを過ぎると交通量が減る。
 小牧ICで降りて朝来た道を戻り、自宅近くのスタンドで給油して17時に無事帰宅。本日の走行は220㎞、燃費は8.0㎞/L。

 とても暑い日だったが、前日はもっと暑かったそうだから、まだ良かったのかも知れない。まさに「熱さ耐久」って感じだった。(笑)
 テスタロッサはエアコンをずーっとかけっ放しだったけれど、燃費は殆ど変わらなかった。大半が高速道で速度がほぼ一定だったので、伸びた燃費とエアコンの負荷が釣り合っていたのかも知れない。(?)

 次回は8月下旬に行われる予定。今から楽しみだ。

テスタロッサで富士宮へ [フェラーリ]

 6月10日、テスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」のツーリングに出掛けた。今年は何故か日程が合わなくて参加できず、今回が今年初の参加となる。安心して出掛けられるように、前日に洗車や空気圧の調整を済ませ、エンジンも掛けてみて調子を確認しておいた。

 朝6時過ぎに自宅を出発したけれど、半年振りに運転するのでクラッチの感覚を忘れてしまっていた。エンストするほどではなかったものの、走り出して5分ほどは何だかとてもぎこちない走りに。(汗)
 集合は8時半に中央道・諏訪湖SAなので、いつものように県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道16と進んで小牧東ICから中央道に入る。朝早い為かトラックは多いものの、交通量は大したこと無い。時折遅い車を抜かしつつ先へと進む。
 途中でトイレに行きたくなって駒ヶ根SAに寄った以外は走り続ける。覆面パトは見なけなかった。時間がまだ早いからか?
 伊北ICを過ぎた所から岡谷JCTまでが対面通行となっていた。大規模工事の為らしい。「こりゃぁ帰りは混みそうだな」と思いながら走り抜け、諏訪湖SAに8時半少し前に到着。

 しかし、参加者らしき車が見当たらない。「え?集合場所間違えた??」と思ったが、携帯メールを確認すると、ここが指定されている。トラックヤードの方に赤いZ06が停まっていたので、そのそばにテスタロッサを停めた。「このZ06って多分Sさんのだよなー。」でも、Sさんの姿は無い。諏訪湖を見渡すと気持ちが良い。
朝の諏訪湖
朝の諏訪湖
朝の諏訪湖
 SAの建物に入って無料サービスの水をがぶ飲みしてからテスタロッサに戻ると、SさんがZ06のそばに居たので挨拶する。Sさんは、指定された8時15分に来たらHさんから電話が入って「バッテリーが上がっちゃってて、今エンジンが掛かったからそちらに向かう」という連絡が入ったそう。ちょいと時間が掛かりそうだな。

 しばらく待っていたら、Hさんの458とK社長のB9が到着。
ツーリング参加車両は4台
Hさんが走行中、SAのすぐ手前にある花岡トンネルを出た所で、少し前を走っていた小型車がスピンして道の中央で停まってしまい、危うく事故になるところだったとか。
 今回は皆さんの都合が合わず、参加するのは4台だけ。いつもより随分と少ない。ちなみに、前回も参加者が少なかったそうだ。HさんとSさんは目的地でもある有限会社高恵製作所Xcely(エクセリー)で取り付けや整備作業があるので先に現地へと向かい、K社長と拙者は静岡方面の参加者と富士スカイラインのパーキングで待ち合わせすることになった。
 次は双葉SAで集まることを確認してから走り出す。

 9時を過ぎた為か交通量は大幅に増えていて、遅いトラックを抜くのに手間がかかり、前方を走っていた参加車と大きく離されてしまう。それでも途中で何とか追いついて、無事双葉SAに入った。
双葉SAに集まった参加車両
ここでK社長が差し入れてくれたコーヒーを頂く。
K社長が奢ってくれたコーヒー
# K社長、ご馳走様でした。m(_"_)m
先へと急ぐHさん・Sさんは甲府南ICで降りるが、K社長と拙者は大月JCT経由で須走ICへと向かう。
 ここでHさんがK社長のB9のカーナビに目的地の富士スカイラインのパーキングを設定し、それぞれ走り出した。

 K社長に先導して貰い、大月JCTで東富士五湖道路へと進んで須走ICで降り、国道138へと入る。富士平原GCを横目に見ながら右折して進み、県道23にぶつかったら右折...アレレっ、何で左折しちゃうの???
 「おっかしぃなー、県道23を進めば道なりで行ける筈なんだけど...どっかに寄るのかなぁ?」と思いながら付いて行くと、県道155に入ってどんどん海岸側へと進むではないか。
 「幾ら何でもおかしいよなぁ」と思ったら、K社長が途中でB9をコンビニに停めた。K社長曰く「どんどん海岸沿いに向かってるからおかしい」と。地図を見ると、どうやらナビは南富士エバーグリーンラインを走らせるルートへと案内しているらしいと判った。ナビの設定が「有料道路優先」にでもなっていたんだろうか???
 改めて地図で確認してから来た道を戻り、県道23で左折して西方向へと進む。しばらく走ると標識が県道152となり、富士山スカイラインに入ったことが判る。そのまま進んで、第二の集合場所の水ヶ塚パーキングに到着。でも、参加メンバーは誰も居ない。
水ヶ塚パーキングには誰も居ない
この時期には珍しく富士山が顔を出していた。
水ヶ塚パーキングから見る富士山
ここはハイキングコースの起点にもなっているらしい。
水ヶ塚パーキングの案内看板
ここで集まる筈だった参加者は直接現地に向かうという連絡があり、再び2台で走り出す。

 富士山スカイラインは五合目パーキングへと向かう分岐から県道180と名前が変わる。途中で県道72へと右折、更に県道71へと進み、そのまま県道75になって人穴公民館を過ぎたら路地を左折、12時少し前に無事Xcelyに到着する。既にバーベキューの準備は整っていて、早速開始となった。まず、アセチレンバーナーで炭火を起こす。
アセチレンバーナーで炭火起こし
炭火が安定したら、早速K社長が鶏肉に取り掛かる。
K社長が鶏肉を焼いているところ
出来上がったら、早速頂く。
焼き上がった鶏肉
次は牛肉を焼き、
牛肉を投入
頂く。
焼き上がった牛肉
次はマトン肉を、
マトン肉を投入
頂く。
焼き上がったマトン
更に焼き続けて、
BBQ進行中
BBQ進行中
BBQ進行中
頂く。
ひたすら食べる
ひたすら食べる
ひたすら食べる
一通り食べ終わったところで、改めて今日の参加車両を眺める。
本日の参加車両
本日の参加車両
このコルベット・スティングレーを間近で見るのは初めてだ。
間近で見るスティングレー
古いアメ車だけあって、メーター類もデッカイ。
スティングレーのメーターパネル
マフラーを作りたいとかで、ジャッキアップして下回りを確認し始めた。
古いスティングレーをジャッキアップ中
フレームをエキゾーストパイプが貫通していて、しかもそのエキゾーストパイプは途中で溶接されている。
スティングレーのエキゾーストパイプはフレームを貫通している
かなり手の込んだ作りになっている。フロントもリアもかなり手が入っているようだ。
スティングレーのフロント回りを下から見上げたところ
あちこちの車を鑑賞しているうちに、富士宮焼きそばが出来上がっていたので頂く。
出来上がった富士宮焼きそばを頂く
モチモチしてて美味しい。
 アフターはAMGのNさんからの差し入れのプリンと
AMG乗りNさんからの差し入れのプリン
スティングレーのWさん(でしたっけ??)からの差し入れの小川軒レーズンウィッチだ。
スティングレー乗りWさん?からの差し入れの小川軒レーズンウィッチ
どちらも美味しく頂いた。
# お二方、有難う御座いました。m(_"_)m
食べ終わってからもずーっとおしゃべりしていて、気が付いたら既に18時を回っているではないか。慌てて片づけるが、持ってきた新品のコショウも塩も殆ど無くなっていた。
持ってきた未開封の塩コショウはほぼ空っぽに
よく使ったねぇ。
# こりゃぁ血圧上がるかも...
大雑把に片づけ終わったら、双葉SAに集まることを確認する。
 静岡方面の方々は「新東名の方が早いんじゃない?」とおっしゃるけれど、東名も新東名も夕方は混雑することが多いので、敢えて中央道を使って帰ることに。皆さんに挨拶して出発する。

 国道139を北上する。夕方だからか、交通量は結構多くて流れはかなり遅い。夕闇迫る精進湖を見ながら国道358を走るが、車列の先頭が大型トラックで非常に遅く、金魚の糞の如く長い車列に引きずられながら進む。
 甲府南ICで中央道へ入るが交通量が多く、かなり走り辛い。遅いトラックが延々と追越車線を走ったりするので、時間が掛かる割には距離を稼げず、19時過ぎにようやく双葉SAに着いた。
本日の参加車両
カメラだと明るく写るけど、実際にはもっと暗い。
双葉SAに着いたら、既にかなり暗い
本日はここでお開きとなった。「お疲れ様でしたー!」北西だけが雲が切れて夕焼けが見えていた。
雲間から見えた夕焼け
「何だか怪しい空だなぁ」と思いながら出発する。

 帰り道も皆さん進む方向は同じなのでそのままの車列で進むが、SさんのZ06は様子見中で高回転まで回せないので、徐々に離れていった。
 朝来る時に引っかかっていた伊北ICと岡谷JCTの間の工事は、やはり渋滞を引き起こしていた。電光表示板に「岡谷JCT-伊北 渋滞10km」と表示されている。「こりゃぁ下道に降りないと駄目か?でも、そろそろ交通量も減って来る時間だけどなー」などと考えながら走っていたら、ポツリポツリ。そのうちに「ザーッ」という雨に。オープンの状態で走っていたHさんの348が八ヶ岳PAへ入っていくのが見えた。ルーフを閉めるんだろうね。
 その後も雨は降り続く。進むに連れて電光表示板に出る渋滞距離が短くなって行き、諏訪湖SAを過ぎる頃には、渋滞は「6km」になっていた。高速バス川岸バス停の少し手前から渋滞になった。
渋滞中に撮影した中央道・川岸バス停
ノロノロ進んでは停まって、の繰り返しでクラッチを踏む左足が攣りそうになり、嫌になる。
中央道上で渋滞にはまる
10分ほどで今度は右足も攣りそうになってしまい、一寸慌てた。(汗)
 40分近くかかって渋滞を抜けると、ようやくスムーズに流れるようになった。K社長のB9とは伊北ICで別れ、単独走行となる。

 「時間が遅いから駄目だろうけど、念の為に」と小黒川PAに寄ったが、20時半近くで既に閉まっていた。
小黒川PAの売店は閉まっていた
「やっぱり駄目だったか。」
# 高遠まんじゅうとりんご乙女を買い損ねた...
車から降りることなく、そのまま走り出す。帰宅してから調べたら、売店の営業時間は7時から20時までだった。
 松川ICを過ぎた辺りで給油ランプが点いたり消えたりしたので、阿智PAに入って少しだけ給油することに。ところが、スタンドでは大型トラックが給油中で使えず、しばらく待たされた。
阿智PAで給油スタンドが空くのを待っているところ
10分近く待ってようやく給油。自宅まであと少しなので10リットルだけ入れて、再び走り出す。
 相変わらず雨が降り続くので、車の流れもかなり遅い。適当に抜かしつつ先へと進むと、土岐JCTを過ぎた辺りで雨は止み、路面も乾いて行った。
 小牧東ICで中央道を降り、朝来た道を戻って自宅近くのスタンドで給油、22時半少し前に無事自宅に到着した。今回の走行距離は690.5km、燃費は7.1km/L。渋滞や流れの遅い区間が多かった為、燃費はあまり伸びなかったな。

 帰宅してから調べてみたら、帰り道は確かに新東名を利用する方が距離は短い。
経由総距離(km)高速道(km)一般道(km)
中央道30826444
新東名道26119962
東名道27519976
しかし、一般道の距離が長いので、時間的には大きな差にはならない。恐らく30分程度しか違わないだろうから、渋滞を考えると殆ど差が無いと思う。

 翌朝、静止状態でバッテリーの電圧を測ったら12.8Vあった。
翌日測ったらバッテリー電圧は12.8V
状態はかなり良いようだ。

 久し振りのテスタロッサで初めはかなりぎこちなかったが、帰ってくる頃にはいつもの調子に戻っていた。時々乗らないと感覚を忘れちゃうね。(笑)

バルブキャップを交換 [フェラーリ]

 週末のツーリングに向けて、テスタロッサを洗車した後に空気圧をチェックしていたら、バルブキャップをねじ込んだ拍子に頭の部分が割れてしまった。
割れてしまったバルブキャップ
よく見ると、樹脂製のようだ。
割れたバルブキャップは樹脂製
外観は金属っぽいが、どうやら外側にメッキをかけてあったらしい。
樹脂の外側にメッキしてあったらしい
残りの3個は見た目では何も問題無さそう。
割れなかったキャップは見た目上問題は無い
でも、念の為に全て交換することに。
取り外したバルブキャップ
外したキャップには何やら文字が並んでいる。
バルブに文字が書かれていた
商標の表示だ。わざわざこんな所に書かなくても...と思うが、そうは行かない事情があるんだろうなぁ。

 樹脂製の汎用バルブならホームセンターでも安く売ってるから直ぐ手に入るけれど、「どうせなら跳ね馬が付いてる方が良いよなー。」
 ネット上を漁ってみたが、通販では明日の出発に間に合わない。「ウーン、どうしたモンかいのぉ」と思いながらあちこち見ていたら、アペルト(愛知県瀬戸市)のサイトに掲載されていたので、電話して確認したら「一個だけありますよ。」翌朝、早速TLR200で出掛けた。
 国道155を使って小牧市や春日井市を抜け、1時間15分ほどでお店に到着。出張に出る直前ということで、10分ほど立ち話して商品を受け取り、そのまま自宅に戻った。
買って来たタイヤバルブキャップ
10年ほど前に仕入れた最後の一つだそうで、ブリスターパックの樹脂が黄ばんでいたけれど、中身は勿論ピカピカの新品。早速タイヤにねじ込んで作業完了である。
新しいキャップをタイヤにねじ込んだところ
さぁ、これで安心してツーリングに参加できるゾ。(笑)

ロッソコルサ新年会 [フェラーリ]

 18日(土)にテスタロッサを購入したお店「ロッソコルサ」の新年会が行われた。会場はいつものJR伊那北駅隣の昭和軒。スタートは例年18時だが、今回は何故か18時半となっている。
 急ぐ必要は無いので、普通に昼を食べてから14時頃に自宅を出発した。

 自宅近くのスタンドで給油してから県道183・県道461(尾張パークウェイ)・県道49と進み、小牧東ICから中央道に入る。昼過ぎという時間帯の為か、交通量は少ない。多治見ICを抜けてしばらく走ると、融雪剤で路面が白い。帰宅したら洗車しなきゃなぁ。
 トイレに行きたくなり、神坂PAに入る。
立ち寄った神坂PA
前日に雨が降ったせいか雪は無く、遠景の山々が多少白いという程度だ。
神坂PAから見る山も雪が少ない
これほど雪が少ない年も珍しい。
 制限速度前後で走った為か覆面パトなどは一切見かけなかった。伊那ICで降り、宿に向かう前にニシザワ双葉食彩館に寄る。
立ち寄ったニシザワ双葉食彩館
ここは朝9時半から営業で、明日朝出発する時間帯では営業していない為、事前に家族用のお土産を買う。
事前に買ったむぎころがしと高頭まん頭
むぎころがしも高頭まん頭も、こちらに来た時には必ず買う。りんご乙女も含めて、我が家の「定番」である。(笑)
 ニシザワを出て宿へ。今日の宿も、毎度おなじみの「美義屋」である。
毎回お世話になる美義屋
美義屋旅館

美義屋旅館

  • 場所: 長野県伊那市山寺1876
  • 特色: 飲食街、商店に隣接した便利な宿

今回も1か月前に予約したけれど、その時点で既に空きは1部屋しかなかった。泊まったのは前回と同じ部屋だ。
伊那・美義屋の和室
伊那・美義屋の和室

無料で無線LANが使えるので、早速メールやオークションなどをチェック。その後は風呂へ入ってサッパリする。
 少し早めに宿を出て会場の「昭和軒」に向かう前に、僅かに残っているフィルム消化の為、マミヤ6とローライフレックス3.5EX-MVSを抱えて伊那北駅周辺をウロウロ。デジカメのオートで撮影すると昼間のように明るく写るけれど、実際にはかなり暗い。
伊那北駅近くの踏切
夕方の伊那北駅
暗くて手持ちでは撮影できないので、三脚を使うが、ここで思わぬ事態が発生!マミヤ6を外してローライフレックスを三脚に取り付けたら踏切が鳴り出したので三脚ごと動かそうとしたら、ローライフレックスが「ガンッ...コロンッ」と地面を転がって行くではないか。「うわぁぁあぁ!」
 慌てて拾うと、レンズフードから着地したらしくてレンズは無傷だったが、レンズフードもボディ底面も歪んでしまった。「でも、何で落下したんだろう???」とよく見ると、底面にある筈の三脚ネジ穴が無くなっている。「えっ!?ネジ穴が無い??」暗くてよく分からないので、近くにあったお店の看板の明かりの下に行って見ると、ネジ穴に取り付けてあった細ネジ用スペーサーが無くなっていて、太ネジ穴だけになっている。恐らく、使う前からスペーサーが既に割れていて弱体化していたのだろう。
 久し振りに使うローライフレックス3.5を傷付けてしまったのは残念だが、レンズが無傷だったのは不幸中の幸いであった。(滝汗)底面やフードの歪みは、ペンチなどで修正すれば元に戻せそう。
 フィルムを消化したので、カメラ一式はクルマのトランクに入れ、歩いて1分の昭和軒へ。
会場の昭和軒
店に入ろうとしたら、ちょうどAさんも到着。期せずして合流となった。
 開始時間が近づくにつれて参加者が続々と到着、ほぼ時間通りに新年会が始まった。今回はもつ鍋!だ。
昭和軒のもつ鍋
なんでも2月から始めた新メニューなんだそう。
呑んでしゃべって食べる。
昭和軒で宴会
昭和軒で宴会
昭和軒で宴会
最後はうどんでシメる。
昭和軒でうどんのシメ
20時で一旦お開きとなり、二次会へと雪崩れ込む。
近くの店で二次会
ここでジャンケン大会が急きょ行われ、初回でいきなり勝ってしまい、特製ツナギを戴いた。
ジャンケン大会で貰った特製ツナギ・前面
ジャンケン大会で貰った特製ツナギ・背面
楽しい時間はあっという間に過ぎ、10半少し前でお開きとなった。
 他の面々は三次会へと流れていったが、拙者は店を出たら真っすぐ宿に帰り、かなり眠かったので歯を磨いて直ぐに寝た。

 翌日19日は朝6時45分頃に目を覚ます。今回も飲む量を大幅に抑えたので、すんなり起きられた。メールをチェックしてから荷物をまとめ、お茶を飲んで7時半過ぎに部屋を出る。1階に降りたところで宿のご主人としばし談笑、8時に宿を出て駐車場へ行くと、フロントガラスにうっすらと雪が残っていた。
フロントガラスにうっすらと雪が残っていた
夜中に少し雪が降ったらしい。陽が当たっていて風は無いからあまり寒さは感じないけれど、日陰の水溜まりはカチコチに凍っている。
日陰はカチコチに凍っている
8時過ぎだというのに、気温はまだ氷点下だ。
8時を過ぎても気温は氷点下
路面は乾いているので走るのには支障がない。国道153に出てのんびりと進む。日曜の朝早い時間のためか、交通量は殆ど無い。
 トイレ休憩で道の駅・田切の里に車を停める。
道の駅・田切の里
遠景の山々には雪があるものの、周辺の地面には雪が無い。
道の駅・田切の里から見る山々は白い
10分ほど休憩してから再び走り出す。

 相変わらず交通量は少なく、のんびりと進む。時折路地から入って来る軽トラがやたらと遅くて閉口するが、国道153は片側一車線の区間ははみ出し追い越し禁止なので、抜きたくても抜けない。運転の覚束無い高齢者ドライバーが急増しているのだから、追い越し禁止は早急な見直しが急務だ。
 飯田市内に入ると流石に交通量は増えるものの、それでも大した量ではない。混雑とは無縁のまま市内を通り抜け、国道256との交差点を通り過ぎると、徐々に気温が下がって行く。寒原峠から治部坂峠を越えるまでの区間は流石に寒くてマイナス1.5度前後だったが、路面は乾いているので走行に困ることは無かった。どのスキー場もスノーマシンで雪を拵えたようで、周辺とは明らかに雪の量が違う。日曜だからか、スキー客が多く出入りしていた。

 休憩の為に道の駅・信州平谷に立ち寄る。
道の駅・信州平谷
この周辺も雪があるのは日陰になる場所だけだ。
日陰に雪が残る
遮るものが無いので風はそこそこ強いが、気温そのものはプラスだ。
 10分ほど休んでから再び走り出す。

 稲武の交差点で国道153から国道257へと進むが、こちらは少し交通量が多くて前後に数台車が連なる。岩村の街に入るとさらに交通量は増えるものの、田舎で車の絶対量が少ないので渋滞することも無ければ流れが悪くなることも無い。
 国道363・県道33と走っていたら、またトイレに行きたくなったので道の駅・おばあちゃん市・山岡に寄る。
立ち寄った道の駅・おばあちゃん市・山岡
この道の駅は駐車場スペースが少ないので、停められずにウロウロしている車が多い。実は道の反対側(山側)にも駐車場があるんだが、道の駅から直接見えない位置にあるせいか、皆さん気が付かないようだ。
 売店を見て回るが、道の駅の常で価格が高めなので何も買わず、10分ほどで走り出す。

 県道33・県道69と進むが、八剣神社手前から県道69は土岐駅方向が通行止め。「えーっ、どうして?」帰宅してから調べたら「第55回 土岐市一周駅伝競走大会」で道が封鎖されていたのだった。
 仕方ないので、県道より一つ東の細い路地を進んで封鎖区間を過ぎてから県道69に戻る。正午を過ぎたので、たまたま見えて来たバロー土岐店に入る。
昼食の為に寄ったバロー土岐店
売り場の見切り品コーナーにランチパックがあったので2つ買って昼食にする。合計211円で済んだ。ちなみに、お茶は自宅から持参した。
ランチパック2つの昼食
売り場には拙者と同じような男性客が数名見切り品コーナーを漁っていた。誰でも考える事は同じらしい。(苦笑)
 2つ食べたけれど、昨晩たらふく食べてるから、一寸カロリーオーバーだったかなぁ。(汗)10分弱て食べ終わり、再び走り出す。

 国道21へ入ると交通量がだいぶ増える。登坂車線で遅い車を抜きながら走っているうちに交通量はあっという間に少なくなってゆく。県道84・県道349を走って国道41に入ると、流石にこちらは車の量が非常に多い。県道461(尾張パークウェイ)へと進み、昨日来た道を戻る。
 自宅近くのスタンドで給油し、15時少し前に無事自宅に到着。今回の走行距離は387km。燃費は14.3km/Lで、前乗っていたA170と殆ど変わらない。

 新年会は大抵雪との闘いになるのだけれど、今年の伊那は雪の量が極端に少なく、一寸不思議な感じだった。
 昨年のクリスマスに納車となったアルファロメオ・ジュリエッタは既に2700km以上走っているので、もう200kmほど走ったらオイル交換の時期となる。ターボエンジンはオイルには厳しい条件なので早めに交換する方が良く、また近いうちにロッソコルサに向かうことになりそうだ。
前の10件 | - フェラーリ ブログトップ
メッセージを送る