So-net無料ブログ作成

ローライB35の簡単な修理 [カメラ]

 「そういえば、最近動かしてないなぁ。せめて空シャッター切って動かしておこう」と、久し振りに防湿ケースからローライB35を取り出した。
ローライB35ブラック
カメラの動作はいつもの通り正常で一安心...「ん?何だか変だな。」裏蓋を固定している底面のラッチが軽い。裏蓋を外して中を見ると、ラッチの樹脂部品が折れている。
ケースを留めるラッチが折れている
ケースを留めるラッチが折れている
道理で軽い訳だ。今まで気が付かなかったのでいつ折れたのかは判らないが、良くもまぁ普通に使えていたもんだ。
 ここが折れていると裏蓋がカメラ本体に固定されていない状態となり、下手すりゃ裏蓋が落下して中のフィルムが感光してしまう。すぐさま修理に取り掛かる。

 まず、ラッチを固定しているEクリップを外す。ちなみに、このラッチは三脚台座の部品に載っているけれど、台座は裏蓋に直接ハトメ止めされているので取り外すことは出来ない。
ラッチを固定しているEクリップを外したところ
すると、折れた部分が外れる。
折れたラッチ部品を外したところ
折れた部分をボンドで接着する。
折れた部分はボンドで接着
接着して丸一日放置した。ボンドは完全に乾いたようだ。
接着して丸一日経ったところ
接着部分が完全に固まっているのを確認してから、Eクリップを元通り取り付ける。
ラッチにEクリップを取り付けているところ
これで修理は完了である。

 このB35はシリアル番号から1977年頃製造された物と判っている。既に40年経過しているから樹脂部品が劣化していてもおかしくない。
 今回は簡単に直せる部分だから良かったけれど、内部の部品も殆どが樹脂製だから、壊れるとかなり厄介な事になりそう。そういえば、ローライフレックスの修理をお願いしたオガワカメラサービスさんも「B35は内部も樹脂製の部品が多いので壊れやすいんです。ただ、他のローライと違って販売価格を考えると修理する価値はないですね」と仰っていた。これからも大切に使っていこう。
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 4

みうさぎ

修理する価値はないですね
のお言葉を突き返す勢いで
これから修理して行こう~流石ですねっ
直っちゃた~
by みうさぎ (2017-08-10 13:54) 

Rifle

みうさぎさん
修理費で同じカメラが買えるので、修理屋さんが修理は無駄と仰るのは無理も無い話だと思います。
今回は大した故障ではなく自分で直せてラッキーでした。
by Rifle (2017-08-10 14:31) 

Take-Zee

こんにちは!
おどろきです。

by Take-Zee (2017-08-10 16:21) 

Rifle

Take-Zeeさん
いやぁ、大した事ないですよ。(笑)
by Rifle (2017-08-10 19:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る