So-net無料ブログ作成
検索選択

新しい手回し充電式LEDヘッドライト [電子回路]

 撮影会などで使っていたモンベルのH.C.ヘッドライトは、だいぶ前に内蔵バッテリーが駄目になって電気二重層コンデンサに替えてみたが、結局使い物にならなかった。
内蔵バッテリーが駄目になったモンベルのヘッドライト

モンベル(mont-bell) ライト H.C.ヘッドライト オレンジブリック 1124311

モンベル(mont-bell) ライト H.C.ヘッドライト オレンジブリック 1124311

  • 出版社/メーカー: モンベル(mont-bell)
  • メディア: スポーツ用品

その後はヘッドライトの予備に持って行った普通のLEDハンドライトを使っていたけれど、ハンドライトだと手に持っていないと前方を照らせないので片手しか使えない。「やっぱりヘッドライトが必要だ」と思い、ネットを漁って同じような製品を購入した。ヤザワの「手回し充電式ヘッドライト」である。
IMG_7920.JPG

作りはモンベルとほぼ同じ。
ヤザワ・手回し充電式ledヘッドライト
LEDは0.3WのSMDタイプが1個使われている。
LEDはSMDタイプ0.3Wが一つ
ヘッドバンドへの取り付け方もモンベルと同じだ。
ヘッドバンドの取り付け部
ただし、取り付け部の寸法が違うから互換性は無い。手回しの部分の形状もモンベルとほぼ同じだ。
手回しの部分もモンベルとほぼ同じ
仕様を見ると、かなり細かく書かれている。内蔵バッテリーはNi-MH電池を使っているようだ。
仕様は結構細かく掛かれている
仕様に書かれている数字を使って計算してみると、手回しの発電力は1分間で4mAh弱となるので、バッテリーをフル充電するには20分強かかることになる。フル充電の状態で、Highモード点灯時間は1時間弱、Lowモードならその2.5倍強となる。
 実際のアウトドアで使うには事前にかなりの充電が必要になりそうだが、消えたらその都度充電しても良いので、使い勝手に問題は無さそうだ。

 まだ屋外では使ったことが無いので何とも言えないが、暗い室内を照らして見ると、モンベルは満遍なく照らすのに比べて、このヘッドライトは中心部が明るく周囲は光量がだいぶ落ちる。これはHighモードでもLowモードでも変わらない。平地なら問題無いが、険しい山道を歩くような時だと照らす方向に注意が必要になるかも知れない。
 そのほかの使い勝手はモンベルと同じで、装着した時に感じる重さもほとんど変わらない。

 これで当分は安心して使えそうだ。
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る