So-net無料ブログ作成
検索選択

電波時計は治療不可! [電子回路]

 数年前にカタログギフトで戴いた電波時計の調子がどうも思わしくない。
調子の良くない電波時計
新品の電池を入れても数か月で動かなくなるけれど、30Ωの負荷をかけた状態で電池の電圧を調べると1.4V近くもある。ちょっとした電圧降下で動かなくなってしまうらしい。
 「じゃぁ電圧を上げれば良いの?」と、電池を2個直列に使おうと考えたが、いきなり倍の電圧を回路に直接かけるのは幾ら何でもやり過ぎなので、ダイオードを挟んで0.6V落ちの2.4Vにする。
ダイオードを挟んで0.6V電圧を落とす
単三電池だと容量が少ないので、単一用の電池ボックスをグルー(ホットメルト)で取り付けた。
単一用電池ボックスをグルーで取り付けたところ
この状態で半年ほどは普通に動いていたので、特に気に留めることも無かった。

 ところが、先月半ばから突然針がグルグル回って12時で止まってしばらく動かず、10分近く経って変な時間を指すようになった。説明書を見ると、12時で停止するのは電波(JJY)を受信し始めた時で「12分以内に受信した電波に沿って正確な時刻を表示します」とある。
 しかし、実際には意味不明な時間を指してばかり。「電波が弱いのか?」と思い、2階の南窓際に1週間ほど置いてみたが、やっぱり動作は同じで、まともな時刻を指すことは殆ど無い。「仕方ないなぁ、中を見てみようか。」

 まずネジを外して前面のカバーを外す。
前のカバーを外したところ
針を3本共抜くと時計の部分がネジ止めされている。
時計部はネジで固定されている
ネジを外して引き剥がすと、時計の部分を取り出せた。
時計の部分を取り出したところ
隙間にマイナスドライバーを入れて抉ると蓋が取れて内部が見える状態に。
時計部の蓋を開けたところ
上にある黒い棒が電波を受信するバーアンテナだが、やたらとサイズが小さい。これでは窓から少し離れるだけで受信不可能になっても仕方がない。タイミングクロック用と思われるクリスタル発振子以外は全てチップ部品、ICらしき部分は黒い樹脂で覆われている。
電波時計の基板を取り出したところ
基板の左側に端子が複数出ているところを見ると、他にも色々と機能がありそうだ。
基板の端には機能に関する端子がある
基板の裏は電池ボックスがあり、その上に何やらダイオードらしきものが布テープで張り付けてある。
基板裏側にはダイオードらしきものが布テープで貼られている
基板側をよく見ると、LEDらしきものが中央にある。
基板中央にLEDらしきものが見える
どうやらLEDから出した光をダイオードで受けているようだ。恐らく、針と繋がるギアのどこかにロータリーエンコーダーが仕込まれていて、それをカウントする為だろう。
電池ボックス側にスイッチが複数ある。
電池ボックス側には複数のスイッチがある
裏蓋を外して見たら、コイルとギアがあるだけで、回路は何もない。
裏側はギアとコイルだけで回路は無い
チップ部品ばかりではどうにも手を出せないので、そのまま元に戻すことにする。序でに、アンテナ部に配線を付け足して、アンテナを外部に延長できるようにする。
外部アンテナ用の配線を付け足したところ
筐体に切れ込みを入れて配線の取り出し口を作る。
配線取り出し口に切れ込みを入れたところ
後は元通り組み立てるが、両面テープが何故か出っ張った部分に引っかかっているので、その部分を切り取っておく。
両面テープのはみ出した部分を切り取ったところ
この辺は流石チャイナ品質だなぁ。
蓋を取り付けようとしたら、ネジ穴が2か所折れていた。
ネジ穴が折れていた
6ヶ所でネジ止めするから2個欠けても大丈夫そうだったが、念の為にボンドで貼り付けて1日放置して硬化するのを待ってから組み立てた。
テスト的に実験用のクリップ線を繋いでアンテナにする。
電波時計に仮アンテナを配線したところ
この状態で2日使ってみたが、結果は以前と変わらず。
修理したが正常に動かなかった
相変わらず突然止まったと思ったら針がグルグル回り、しばらく静止したら変な時間を指して動き始める、という動作を何度も繰り返す有様。

 今回は残念ながら修理することはできなかった。新しいのに買い替えなきゃダメだな、こりゃ。
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 2

Take-Zee

こんにちは!
ここまでしっかり調べて納得ですね。
でも、ホントによくやります!!
by Take-Zee (2017-02-02 13:52) 

Rifle

Take-Zeeさん
自分が納得できないのは嫌で、ついつい原因を調べちゃうんですよねー。(笑)
by Rifle (2017-02-02 20:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る