So-net無料ブログ作成
検索選択

BOSE AW-1の部分修理(その2) [電子回路]

前回からの続き)

 修理依頼したAW-1を分解してみたら、なるほど信号ライン上の電解コンデンサーと音質を決めるICだけは全てオーディオ用に取り換えてある。「この程度なら、自分でも出来そうじゃん」と思い、とりあえず必要になりそうな部品を通販で取り寄せた。
通販で取り寄せた部品
いつもなら大須・アメ横へ買い出しに行くんだが、最近は欲しい部品の在庫が必ずしもあるとは限らないのと、有っても値段がやたらと高い物もあるので、「どうせ送料を払うのなら、今後必要な部品も一緒に」と考えた。だから、画像に写っている袋には、今回の作業には使わない物も結構含まれている。
 また、何故かWIMAのコンデンサは大須では見かけないし、今後自作回路などで使う事もあるだろうから、やはりまとめて取り寄せた。
取り寄せたWIMAのコンデンサ


 部品が集まったら、早速作業を始める。まず、部品点数の一番少ないトーンコントロールの基板を取り出し、ハンダを取り除いて金属カバーを外す。
トーンコントロール基板の金属カバーを外したところ
部品面は部品数が少なくてスッキリしているが、裏面はチップ部品だらけ。
裏面はチップ部品だらけだ
「63 7 29」という印刷は、恐らく「昭和63年7月29日製造」の意味だろう。
 オーディオ信号の通る経路にあるコンデンサを片っ端から交換するが、チップ部品を接続した状態でハンダ付けされていたりするので、かなり気を遣う。
チップ部品と配線がハンダ付けで接続されている箇所は気が抜けない
ICはハンダ付けする前に、念の為にピン全ての表裏をNeverDull(ネバーダル:金属磨き)で磨く。画像では左2本だけを磨いたところである。
ICのピン左2本だけを磨いたところ
右2本は表面が酸化して白くなっているのに対して、磨いた左2本は本来の銀色になっている。
 M5218ALをMUSE8820に交換するが、MUSEはDIPタイプなので、まず直接基板にハンダ付けする側のピンを真っすぐにして、
片側のピンを真っすぐに伸ばしたところ
基板に接続する配線をハンダ付けし、
もう片方のピンに配線をハンダ付けしたところ
基板に取り付けてハンダ付けする。
SIP前提の基板でDIPタイプに載せ替えたところ
作業後の基板はこんな感じ。
交換作業を終えた基板
黄色で囲んだ所が交換した部品である。要するに、一番トレースし易い電源ライン上にあるコンデンサ以外を全て交換したのだ。サイズ的に電解コンデンサが入らない場所にはWIMAを使っている。また、MUSEは手元に2個しか無くてもう一つは他で使う為、4558DDの代わりには手持ちの4580DDを使った。

 交換が済んだら金属カバーを元通り取り付けてハンダ付けする。交換した部品点数はそんなに多くない。
交換した部品数はそんなに多くない
外したコンデンサのESR(Equivalent Series Resistance:等価直列抵抗)を測定したら、結構値が高い。
外したコンデンサのESRは10オームほど
ちなみに自作ESR測定器は1kHzの正弦波で計測している。汎用品・新品時は大抵5Ω前後だから、だいぶ劣化しているようだ。コンデンサのメーカが出しているデータシートと比べたら、ESRが範囲内に収まっていたのはたった2個しか無かった。

 本体の分解からここまでの作業で約2時間。残り2枚の基板は倍以上の大きさなんだよなぁ・・・。(溜め息)

(続く)
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 2

ブルル

チップ部品との同時ハンダは辛いですね!
手早く作業しないと熱で部品を傷めてしまいます。
by ブルル (2017-01-18 12:24) 

Rifle

ブルルさん
そうなんですよ。
W数の少ない半田ごてなんて持ってないんで、ササッと済ませる以外に方法が無いのが辛いです。
by Rifle (2017-01-18 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る